ホーム ケーススタディ Dan Com Dan.com
ブロックチェーンはドメイン名市場を変革します
コンピューターの前でデータについて話し合う若い従業員

Dan.comは、ドメイン名市場にさらなる効率性とプロセスの自動化をもたらすため、IBMおよびIBMビジネスパートナーのUnchainと提携し、IBM®ブロックチェーン技術を使用して、ドメイン名をあるレジストラおよびレジストラントから別のレジストラントに移転するなど、以前は手作業だったプロセスを自動化しました。

ビジネス上の課題

Dan.com は、ドメイン名市場の透明性を高め、所有リースなどの柔軟なドメイン購入オプションを利用して、企業や個人がドメインを簡単に検索、購入、移管できるようにしたいと考えていました。

変換

Dan.com は、 IBM® Blockchain テクノロジーを使用して、新しいユーザーへの名前の転送などのドメイン名プロセスを自動化し、ドメイン名のレンタルやリースなどの新しいサービスを作成しました。

結果 処理能力が900%向上
ブロックチェーン自動化により、月あたり 300 ~ 3,000 件のトランザクション
新しいサービスにも対応
ユーザー向けに、ユーザーが希望するドメイン名レジストラーを通じてドメイン名を直接レンタルできるようにするなど、
600,000トランザクションをサポート
30 分ごと
ビジネス上の課題の詳細
細分化され時代遅れの業界

適切なドメインやブランドを見つけるのは難しい場合があります。 Dan.com の最高経営責任者、Reza Sardeha 氏は、「辞書の単語を含むドメイン名、またはブランド化可能で発音可能なドメイン名はすべて、すでに使用されています」と述べています。ドメイン名を検索して購入するための既存のプロセスは 1990 年代に確立されたもので、今日の市場では機能しなくなりました。「古い市場は、イノベーションによって成長するのではなく、競合他社の統合によって成長する少数の企業によって運営されているため、非効率的です」とサルデハ氏は言います。一方、多くの新規企業はオンラインでの存在感を確立したいと考えていますが、適切なドメイン名を見つけるのに苦労しています。

主な問題の 1 つは、約 3 億 3,000 万のドメイン名が登録されているにもかかわらず、そのうちの約 44 パーセントに当たる 1 億 4,500 万が使用されていないことです。しかし、再販業者、ブローカー、マーケットプレイスを通じて入手できるのは、1 億 4,500 万件の未使用の名前のうち、約 2,500 万件だけです。ドメインを維持するのは比較的安価であるため、多くの組織はドメインを削除せずに、未使用のドメインをそのままにし続けています。さらに、未使用ドメインの在庫は二次市場に関与していないレジストラにも分散しているため、数百万もの高品質の未使用ドメインを見つけて取得することがさらに困難になります。Dan.com は、ドメイン市場にさらなる透明性と柔軟性をもたらし、リースなどの新しい概念を所有できるようにしたいと考えていました。

私たちは、ドメインの取引に使用されるインフラストラクチャをアップグレードし、ドメインの所有権の変更を容易にすることができると信じています。 Reza Sardeha Chief Executive Officer Dan.com
概要と経緯の詳細
ブロックチェーンによるスケーラブルなプロセス自動化

Dan.com は、ユーザーが利用可能なドメイン名を見つけやすくするために、未使用のドメイン プールを作成することから始めました。「私たちは、未使用のドメイン プール API を介して、考えられるすべてのソースからの在庫と供給をまとめます。そのため、分散可能な未使用および利用可能なドメイン名の共有在庫を持つことができます」と Sardeha 氏は言います。

しかし、Dan.com は依然として、あるユーザーおよびレジストラから別のユーザーおよびレジストラにドメイン名を移管する際に伴う問題を解決する必要がありました。プライマリー市場では、ドメインを管理するレジストラが何千もあり、それぞれが独自のプロセスとロックインを持っているため、これらのトランザクションは複雑で、高価で、時間がかかります。Dan.com は、目標を達成するために、ブロックチェーン テクノロジーを使用する必要があることに気づきました。「例えば、スマート・コントラクトの機能やパブリック・台帳によって、これまで手作業だった法的な契約書の作成から実際のドメイン移転、配送までのプロセスを自動化し、拡張することができます」とサルデハ氏は言う。

Dan.com は IBM および Unchain と協力してブロックチェーン ソリューションを作成しました。「私たちは非常に簡単にブロックチェーンをIBMのサービス上で実行することができました。独自のサーバーをセットアップしなければならなかった場合に、どのような手間がかかるかは考えたくもありません」とサルデハ氏は言います。Dan.com は、IBM Blockchain テクノロジーを使用して、仲介ブローカーの介入なしにドメインの所有権を変更するプロセスを自動化しました。「この自動化により、ドメイン トランザクションの完了に数週間かかる必要がなくなり、ドメインのリースやレンタルなど、より複雑なトランザクション タイプをスケーラブルな方法で提供できるため、新たな機会が得られます」と Sardeha 氏は言います。このソリューションは、ドメイン名のリースまたはレンタル期間の終了や、ドメインの販売者への返却などの状況にも自動的に対応できます。

Dan.com は、ブロックチェーン ソリューションのパブリック ドメインのトランザクション検証台帳を使用して、時代遅れの WHOIS データベースを置き換えています。ユーザーは、Dan.com パブリック ブロックチェーン エクスプローラーにアクセスして、ドメインが契約に基づいているかどうかを確認し、ドメインに所有者の数を確認できます。台帳は、誰がどのドメインを所有し、誰がドメイン上で公開されたコンテンツに対して法的責任を負うべきかを追跡する、反論の余地のない公証人の役割を果たすからである。

成果の詳細
イノベーションの触媒

これまで、平均的なドメイン移管スペシャリストは、エスクロー エージェントあたり月に 300 件のドメイン トランザクションまたはエスクロー トランザクションを処理できました。Dan.com ブロックチェーン ソリューションを使用すると、エスクロー エージェントあたり月あたり 3,000 件を超えるトランザクションを処理できます。IBM Blockchain ソリューションは合計で 30 分ごとに 600,000 件のトランザクションを処理できるため、拡張性の点で将来性があります。

Dan.com は、シンプルな API を使用してコア テクノロジーへのアクセスを公開することを計画しています。したがって、レジストラやその他のドメイン マーケットプレイスが協力して未使用ドメインの最大のプールを作成し、ドメイン マーケット全体の効率を高め、エンド ユーザーにより多くの価値を提供できるようになります。「私たちは、開発者や企業がドメイン名を探しに行くすべての店舗にバックエンドのテクノロジーを導入しています。「つまり、Dan.comだけですべてを独占しているわけではなく、市場全体に広げて最大のインパクトをもたらすようにしているのです」。

Dan.com は、ソリューションの活性化に貢献した IBM のサポートを評価しています。「IBMがなければ、私たちはブロックチェーン・ネットワークを立ち上げることはできなかったでしょう。「IBMがインフラ全体を整えてくれたこと、そしてオープンソースのブロックチェーン技術であるHyperledgerを支援してくれたことに感謝しています」。

Dan.comのロゴ
Dan.com

2014年に設立されたDan.com(リンクはibm.comの外にあります)は、ドメイン取引におけるオープンで透明な慣行を鼓舞し、未使用のドメインを誰もが利用できるようにすることを使命としています。 本社はオランダのアムステルダムにあります。

Unchainについて

Unchain(リンクはibm.comの外にあります)はオランダのアムステルダムを拠点とするIBMビジネスパートナーです。2016 年に設立されたこのビジネスは、複数の業界向けにエンタープライズ ブロックチェーン プロジェクトを開発しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、次のWebサイトにアクセスしてください。

お客様事例はこちら
法務

 

© Copyright IBM Corporation 2019. 日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町 19-21

2019年5月米国で作成。

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBM の商標の最新リストは、Web 上の「著作権および商標情報」 https://www.ibm.com/jp-ja/legal/termsでご覧いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。