消費者金融ソリューションのインテリジェントな自動化
反復的なタスクを自動化して、創造的な作業の時間を確保する
アトランタのスカイライン。ジョージア州、アトランタ、ミッドタウン地区

Credigy Solutions Inc.は20年にわたり、多くの企業にとって安定的かつ創造的な金融サービスのパートナーであることを証明してきました。Credigyは、シニア債や劣後債の発行、バランス・シート上の資産の取得、ハイブリッド構造の利用、シンジケーションへの参加など、柔軟なビジネスを行っています。

Credigyは、世界クラスのプロセスを実行して、さまざまな資産クラスの非常に複雑な取引をサポートしています。同社の地理的分散戦略には、市場特有の変動要因を最大限に理解し、市場のノウハウを活用するために、現地の専門家と提携することが含まれます。

同社は325件以上の取引に170億米ドル以上を投資しており、個々の取引額は5,000万米ドルから20億米ドル以上に及びます。全体として、Credityのスペシャルティ・ファイナンスに対する先駆的なアプローチは、複数年にわたり2桁の複利年間成長率をもたらしました。

「私たちは、消費者金融という広い世界の中で、新しく、しばしば複雑な市場を理解することを専門としています」とCredigyのITおよびデータ戦略担当シニア・ディレクターであるCasey Adams氏は述べています。「私たちは、Credigyならではの包括的かつ創造的なソリューションを提供することで、パートナーが複雑な市場をうまく進み、成長を加速できるよう支援します。」

Credigyの成長と継続的な成功の鍵は、ジョージア州アトランタの本社で育まれた創造性の文化です。アナリスト、統計学者、その他の金融専門家は、機会を探り、革新的なソリューションを開発することが奨励されています。「当社には、仮説に挑戦するスマートな人材が大勢います」とAdams氏は言います。「どうすれば改善できるか尋ねることを恐れる人は誰もいません。」

より迅速な意思決定

 

情報収集と関連する意思決定を迅速化するためにRPAロボットを導入した結果、さまざまなポートフォリオ購入のための融資に関連する財務書類の100%をタイムリーに調査できるようになりました

オートメーション

 

 

反復的なタスクを自動化することで、Credigyは年平均成長率15%以上で事業を拡大し続けることができました

優れたキャパシティー

 

 

初年度に、Credityは反復的なタスクを自動化するために25台のRPAロボットを導入しました

これは、インテリジェントな自動化、つまり人間とロボットの間の戦略的パートナーシップに関する大規模かつ大局的なチャンスです。Credigyの従業員に時間を還元し、より付加価値の高いタスクに集中できるようにしています。 Casey Adams ITおよびデータ戦略担当シニア・ディレクター Credigy Solutions, Inc.

Credigyの成長をサポートする方法を模索する中、Adams氏は、急速に発展しつつあるテクノロジーであるロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)に注目しました。このソフトウェアを使用すると、退屈な反復的なタスクを自動化し、従業員がより価値の高い仕事に集中できる時間を確保できます。「当社では、『自動化可能な』プロセスがたくさんあることに気付きました」とAdams氏は言います。「私たちは早い段階でその可能性を理解していました。」

2018年に、Adamsと彼のチームはIBM® Robotic Process Automationプラットフォームを導入しました。「そのソリューションがいかに成熟しているかに驚かされました」とAdams氏は言います。「ユーザー・インターフェースが素晴らしかったです。また、他のシステムと同じプラットフォーム上で稼働していたため、RPAコンサルタントを現地に招き、自動化の機会を検討し始めました。」

自動化の機会を見つける

ビジネス・プロセスを自動化する機会を探す際に、Credigyは特定のビジネス・プロセスを自動化することで、別のビジネス・プロセスにどのようにつなげることができるかを理解しようと努めました。「自動化はインテリジェントな方法で導入され、『連携可能』です。徐々に成長し、完全に自動化されたエンドツーエンドのプロセスになるでしょう」と Adams氏は言います。

「このRPAの取り組みにおいて、私たちの戦略的目標は、どのビジネス・プロセスに自動化のメリットがあるかを見極めることでした」と、Credigyのシニア・ビジネス・システム・アナリストであるRebecca Sims氏は述べています。「私たちは、RPAを使用して戦略的優位性を達成する上で、自動化が最も役立つ場面を判断しながら、自動化を拡張していくことができるように、まず短期間で成果を上げることから始めました。」

Credigyは、RPAコンサルタントと協力しながら、自動化によるメリットが最も大きいビジネス・プロセスに優先順位を付けました。「コンサルタントの目的は、開発者にベスト・プラクティスを教え、長期的な成功に向けて準備させることでした」とSims氏は言います。「彼らはコード・レビューを行って、自動化するための最善の方法を示してくれました。」

「コンサルタントは、自動化のための最も実行可能なプロセスを発見するのを助けてくれました」とAdams氏は言います。「例えば、月に一度、たった5分でできることなら、そのプロセスに開発の労力をかける意味はありません。」

Credigyでは、毎年、EメールやSFTPサイトで受信した何千ものデータ・ファイルを処理しています。分析および評価のために大量のデータが送られてくるため、最初の焦点の1つは、データやファイルの移動方法を管理することでした。これは面倒で時間のかかる作業です。ファイルを移動するために、従業員は手作業でファイルを特定し、開いて、情報を検証しました。次に、統一されたラベル付け規則に従ってドキュメントの名前を変更しました。そして最後に、正しいリポジトリーに移動して、ドキュメントを保存しました。

「従業員がデータ・ソースを監視する代わりに、ロボットに定期的にデータ・ソースをチェックさせ、定義された命名規則に従ってファイルに名前を付け、システムがピックアップして社内システムで処理できる場所にファイルを配置します」とSims氏は言います。「これにより、アカウントの状況を正確に把握し、情報に基づいた意思決定を行えるようになります。」

自動化のもう1つの機会は、Credigyがベンダーの請求書を処理する方法と関連がありました。「定期的に請求書を提出するベンダーを分析し、請求書処理システムにプロセスを自動化することにしました」とSimsは言います。「財務チームは、Eメールに添付された請求書をRPAロボットに転送することができ、請求書は自動的に作成されます。」

現在、Credityは22のベンダー請求書を自動的に処理しています。最終目標は、自動化フレームワークが完全に開発された時点で、請求書処理を完全に自動化することです。

デュー・デリジェンス(金融資産の売買に関連して関係する書類を調査すること)も、自動化に適した労働集約的なタスクでした。多くの場合、書類はサード・パーティーのサイトからダウンロードされ、一度に数千のアカウントの記録が含まれていました。Credigyは、アカウント・ベースの書類をスキャンし、報告書の作成と意思決定のためにデータをMicrosoft Excelファイルにスクレイピングするための自動化されたプロセスを導入しました。

「例えば、1万件の消費者ローン・ポートフォリオを購入する可能性がある場合、デュー・デリジェンスの一環として、ローン関連書類の原本が存在し、適用される要件に適合していることを確認するためにローン・ファイルを調査します」とAdamsは言います。

「以前は人間がその作業を行っていましたが、多くの場合、時間がかかり、納期も短いものでした。しかし現在では、RPAを活用することで、取引によってはデュー・デリジェンスの調査を100%自動化しています。これは私たちにとって大きな成果です。デリジェンス・プロセスをより迅速に完了できるため、どの問題に対処する必要があるのか、そしてその取引が当社と潜在的な取引相手にとって本当にうまくいくのかどうかを判断できるようになります。これにより、うまくいかない取引に費やす時間が最小限に抑えられ、当社とビジネス・パートナーが関係者全員にとって意味のある機会に集中できるようになります。」

CredigyはRPAへの投資から長期的な価値を最大限に引き出すために、継続的なRPAセンター・オブ・エクセレンスのフレームワークを開発しています。「一部の企業はRPAソフトウェアの運用を開始し、1年後には20~30台のロボットを導入している可能性があります」とAdams氏は言います。「しかし、『このロボットは何をするのですか』と聞かれても、誰もルールを知りません。私たちは、プロセスを適切に文書化し、メタデータを利用できるようにして、各プロセスが将来的により大きなプロセスにどのように適合するかを検討できるようにします。」

これにより、人々は戦略について創造的に考える時間が増えるだけでなく、プロセスを加速させ、データを調査し、迅速な意思決定を行えるようになります。全社的に、全員がRPAテクノロジーを支持しています。 Rebecca Sims シニア・ビジネス・システム・アナリスト Credigy Solutions, Inc.
プロセスと効率の改善

導入後1年で、Credigyは25以上のビジネス・プロセスをRPAで自動化しました。「当初は容易に達成できる目標に焦点を当てましたが、私たちが行ってきたプロセスは役に立ちました」とSims氏は言います。「しかし、ビジネス全体に目を向け、取引のライフサイクルを研究することで、RPAがどこに最も大きな影響を与えられるかを見極めています。」

Credigyは、デュー・デリジェンスと請求書処理のための自動化プロセスの導入に加えて、RPAを使用して次のような取り組みを行っています。

  • 法的文書のキーワード・スキャンを処理します。そうすると、キーワードが強調表示された文書が返されます。
  • Eメール、メディアのダウンロード、またはその他のタイプの自動化によってアカウント・ベースの文書を処理し、社内システムに文書を自動的にロードします。ユーザーはアカウントごとにそのシステムに簡単にアクセスできます。
  • 不審なEメールを転送してURLスキャンを実行し、悪意のあるURLの場合はユーザーに警告します。
  • カスタマー・サービスを依頼するEメールに対して自動初期応答を作成します。
  • さまざまなサイトから更新を自動的にダウンロードし、調査のためにデータを特定のテーブルにロードすることで、コンプライアンスをサポートします。
  • パスワード強度テストを含むIT監査を自動化します。ユーザーのパスワードがロボットによって実行された強度テストに合格しなかった場合、パスワード規則に準拠したパスワードの更新を要求するEメールが送信されます。

Credigyが特定のタスクで従業員ではなくRPAを利用した場合のコスト削減効果を算出できるようにするため、IBMは各RPAスクリプトに「カウンター」を追加しています。「基本的に、この値は、自動化前にこのタスクを手動で行ったか、アウトソーシングしたかに関わらず、Credigyに戻ってくる時間を判断するのに役立ちます」とSims氏は言います。「この指標をレポートで使用し、Credigyに戻された時間を毎月追跡できます。」

コスト削減のもう1つのチャンスは、エラーの削減です。「エラーは仕事の手間を増やします」とAdams氏は言います。「そのようなエラーを起こさないロボットを手に入れたことは大きな報いです。」

また、Adams氏は、従業員とロボットのパートナーシップについて、定量的でない、または「ソフトな」メトリクスを測定することも重要だと考えています。「ロボットを導入して、暗記作業や反復作業を置き換えることで、従業員はより楽しくやりがいのある仕事に専念できるようになります。それはCredigyの価値を高めます」とAdams氏は言います。

「当初から、私たちの戦略とメッセージの中心は常に、Creditgyに最大の総合価値をもたらす人間とロボットのパートナーシップでした」とSims氏は言います。「このため、全員がRPAテクノロジーを支持しています。」

CredigyのITチームは、インテリジェントな自動化がRPAの長期的な目標であると考えています。Adams氏は次のように言います。「私たちにタスクが届くと、まず『どうすればこれを自動化できるだろうか』と尋ねます。私たちは、どのような自動化を導入するにしても自信を持ち、ロボット・プロセスとビジネスの大規模な統合につながる小さな一歩を踏み出しています。」

Credigyは、プロセス・マイニング・アプローチを実行して、主要なビジネス・プロセスを定義し、文書化する予定です。Sims氏は次のように語っています。「従業員と協力して作業することは、探索的なプロジェクトになります。これを掘り下げて、効率の向上と自動化の必要性が最も高い分野を突き止めます。」

Credityは今後2年以内に、数百台のRPAロボットを導入する計画です。「チームが経験を積み、全員が自動化ファーストの考え方を持つようになれば、チャンスはどんどん広がり、開花していくでしょう」とAdams氏は言います。「私たちは、エンドツーエンドでつながるRPAオートメーションを構築し、プロセスの100%自動化へと成長させていきます。」

Credigy solutions, Inc.のロゴ
Credigy Solutions, Inc.について

ジョージア州アトランタに本社を置くCredigy(ibm.com外部へのリンク)は、多様な資産の買収や融資に対応する柔軟な資本構造を持つ世界的なスペシャリティ・ファイナンス企業です。同社は、複数の資産クラスおよび地域にわたる消費者関連資産に投資しています。カナダ国立銀行が全額出資するCredigyは、57億米ドルを超える資産を管理し、2001年以来、170億米ドルを超える投資を行っています。

このお客様事例で紹介されているクライアントは、2021年1月1日にIBMとして事業を開始したWDG Soluções Em Sistemas E Automação De Proces LTDAと最初に契約を結びました。このお客様事例で紹介されているWDG製品であるWDG StudioとWDG RPAは、現在それぞれIBM RPA StudioおよびIBM RPA Solutionとして知られています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ Lojacorr Network

チャットボットとプロセス自動化への信頼の構築

お客様事例はこちら
Cobmax Sales Center

ロボティック・プロセス・オートメーションで成長の阻害要因を排除

お客様事例はこちら
GAMの医薬品および香水の販売代理店

ロボティック・プロセス・オートメーションによる作業効率の向上

お客様事例はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2021.日本アイ・ビー・エム株式会社 〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町 19-21

2021年4月

IBM、IBM LOGO、およびibm.comは、世界の多くの国で法的に登録された、International Business Machines Corporationの商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの商標の最新リストは、Web上の「著作権および商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。