ARYZTA社
顧客が持続可能な方法で生産された食品について情報に基づいた選択をできるよう支援します
さまざまな種類の焼きたてパンを詰めたワイヤーバスケット

消費者の習慣は変化しており、人々は購入する食品の成分にこれまで以上に注意を払うようになっています。スーパーマーケットやレストランに詳細な原材料調達情報を提供するために、ARYZTA社はFreudenberg IT社(FIT)および IBM と協力して、プライベート・クラウドのIBM® Power Systems™ に SAP HANA®を導入し、迅速なデータ分析を実現しました。

ビジネス上の課題

消費者は食品の成分に関する詳細な情報を求めています。顧客の情報に基づく選択をスーパーマーケットが支援できるよう、ARYZTA社のような生産者はどのようにこの情報を取得して共有できるでしょうか?

変換概要と経緯

膨大な量の商品データを効果的に管理するために、ARYZTA社は、Freudenberg IT社(FIT)がプライベート・クラウドでホストしているIBM Power Systems上のSAP Business Warehouseにアップグレードしました。

結果 75%
エグゼクティブ向けのドリルダウン・レポートの高速化(40秒から10秒へ)
95%
商品原価計算用のETLプロセスの改善
>30%
アプライアンス・モデルではなくIBM Power Systemsを選択することによるTCO(総保有コスト)の削減
ビジネス上の課題の詳細
データへの需要の高まり

健康と栄養に対する意識が高まるにつれ、消費者は自分が食べる食品に使用されている成分にさらに注意を払うようになっています。例えば、人々は原材料が倫理的かつ持続可能な方法で調達されたかどうかを確認するようになっています。また、特定の原材料を避けたいと考えている人もいます。

その結果、ARYZTA社のような食品メーカーは、広範囲のサプライチェーンから、レストランや小売店に納品するケーキ、ペストリー、マフィンに至るまで、自社の製品に関する情報を追跡、分析、共有する必要に迫られています。

現在起こっている変化はそれだけではありません。電子商取引により、小売業者は顧客の行動を新しい方法で追跡および分析できるようになり、また、モノのインターネット(IoT)テクノロジーにより、生産プロセスに関して今までになかったような洞察が得られるようになっています。

これらの変化には、デジタル化への移行、ARYZTA社が収集、分析、管理する必要があるデータの量と種類の増加といった、いくつかの重要な傾向が要約されています。ARYZTA社がデータ主導の未来に向けて準備を進める中で、同社は既存のデータ・ウェアハウスがこの分野のこうしたイノベーションの速度に追いつくのに苦労していることに気づきました。

ARYZTA社のIT部門副社長であるAnoop Mohan氏は次のように説明しています。「食品製造業がさらにデータ指向になるにつれて、私たちはさまざまな情報源から素早く効率的に洞察を得る能力を維持しなければなりません。老朽化したITインフラストラクチャー上で稼働している既存のデータ・ウェアハウスでは、問い合わせに十分迅速に回答できないことがわかりました。ハードウェアは古く、耐用年数が終わりに近づいており、増大するワークロードにまったく対応できませんでした。

「ほぼ毎日、機能停止が起こるようになり、レポートを適切なタイミングで出力することが難しくなっていました。状況に対処するために、私たちはシステムからデータを移動していました。しかし、それは追加の手動作業負荷となる上、特に今後数年間でデータ量が爆発的に増加するとみられる中で、適切な長期的ソリューションではありませんでした。」

このプロジェクトに加えた変更は、日常業務をサポートするITインフラストラクチャーに焦点を当てていますが、在庫レベルから製品の有効期限に至るまで、当社のビジネス・プロセスにも大きな影響を与えています。 Anoop Mohan Division Vice President of IT ARYZTA
概要と経緯の詳細
斬新なアプローチを採用

SAPソリューションを長年使用してきた企業として、ARYZTA社は、SAP® Business Warehouse powered by SAP HANAの最新バージョンへのアップグレードを熱望していました。しかし、利用可能なSAP HANAアプライアンスは、同社のニーズに対して大きすぎることがわかりました。つまり、ARYZTA社の総所有コスト(TCO)が増加し、必要のない容量に対して支払いが発生することになります。

ARYZTA社は、IBMビジネスパートナーであり、世界的なマネージドITサービス・プロバイダーであるFreudenberg IT社(FIT)に依頼しました。FITは、SUSE Linux Enterprise Server for SAPアプリケーション(ibm.com外部へのリンク)オペレーティングシステムをプライベートクラウドで実行しているIBM Power Systemsに、SAP Business Warehouse powered by SAP HANAアプリケーションを導入することを推奨しました。FITは、現在のデータウェアハウスのサイズを12TBと判断し、追加のライセンスコストをかけずに16TBに拡張できるソリューションを設計しました。FIT社は、SAP HANAアプリケーションのマネージド・サービスを含む、ARISTA社にサービスとして提供されたインフラストラクチャーのあらゆる側面を担当しています。

FIT社のインフラストラクチャー環境は、IBM Power System E880、IBM Power System E850C、および IBM Power System S824Lサーバーで構成されます。サーバーはIBM PowerVM®テクノロジーを使用して仮想化されているため、ARYZTA社は1つのサーバー内で複数の仮想マシンを実行できます。仮想マシンは、プロセッサ、メモリ、ネットワーク、およびストレージリソースを提供するように構成されており、SAP HANAライセンスを最適化しながら、最もコスト効率の高い方法で最大のシステム応答を実現します。このソリューションは、サービスを中断することなく仮想マシンをあるシステムから別のシステムに移動できるLive Partition Mobilityも提供します。そのため、FIT社はインフラストラクチャーのメンテナンス期間中でもARISTA社に継続的な稼働時間を提供できます。

ARYZTA社は、分析機能をさらに強化するために、IBM Power SystemsでホストされるSAP Business Planning and Consolidationの導入を検討しています。SAP HANAデータベース設計により、InfoCubeデータを事前に構成する必要がなく、標準およびアドホック・クエリに対する非常に高速な応答が可能になり、技術的な作業負荷が大幅に削減され、レポート機能が高速化されます。

Anoop Mohan氏は次のようにコメントしています。「FITと6年以上協力してきたので、彼らは当社のビジネスを詳細に理解しており、当社の分析ニーズに合わせたデータ・ウェアハウスの構築を支援する専門知識と経験の両方を持っていると確信していました。FITによるサービス・ソリューションとしてのマネージド・インフラストラクチャーを選択することで、総所有コストを低く抑えながら、スケーラビリティの向上とレポートの高速化というメリットも得られることがわかりました。

「FITチームのプロフェッショナリズムと専門知識のおかげで、SAP Business Warehouse powered by SAP HANAへ驚くほどスムーズにアップグレードできました。プロジェクト全体は予定どおりに実行され、私がこれまで個人的に責任を負った中で最もスムーズな実装の1つでした。FITはプロジェクトに専任のコンサルタントをアサインし、深い技術知識をもたらしてくれました。FITは私たちにとって非常に信頼できるパートナーであることが改めて証明されました。さらに、運用開始後のサポートは素晴らしく、問題が発生したときでもすぐに解決策を見つけることができるよう、FITが支援してくれています。

「IBM Power Systems上のSAP HANAのプライベートクラウド・ソリューションに移行することで、私たちはさらに多くの機会への扉を開きます。他のSAPソリューションを単一のSAP HANAインスタンスに統合することで、コア・アプリケーションを強化および拡張できます。SAP HANAはIBM Power Systemsプラットフォーム上でホストされているため、固定サイズの新しいアプライアンスへと大幅な変更をすることなく、SAPソリューションの容量を拡張できます」

IBM Power Systems上のSAP HANAを使用することで、原価計算のための抽出、変換、ロードのプロセスを、15分以内に完了できるようになりました。以前は5時間かかっていたので、95%改善したことになります。 Anoop Mohan Division Vice President of IT ARYZTA
成果の詳細
将来の成功のための材料

FIT社によってホストされるIBM Power Systemsサーバー上の新しいSAP Business Warehouse powered by SAP HANAは、ARYZTA社の原材料追跡を大幅に加速し、IT管理コストを削減し、ライセンス料を削減しました。チームはプラットフォーム内外でデータを移動させる必要がなくなり、追加の容量が必要になった場合、FITチームは必要に応じて追加のリソースを仮想マシンに割り当てることができます。

IBM Power Systems上でSAP HANAを実行するということは、ARYZTA社が新しいSAPアプリケーションを追加できる一方で、FIT社がインフラストラクチャーの構成に対処して企業がビジネス目標を確実に達成し続けることができることを意味します。

Anoop Mohan氏はさらに次のように続けます。「SAP Business Warehouse powered by SAP HANAは、非常に信頼性の高いプラットフォームです。分析システムを毎日再起動したり、異なるシステム間でデータを移動したりすることはなくなりました。その結果、重要なレポートの多くが迅速化され、洞察を得るまでの時間が短縮されました。そのため、お客様からのお問い合わせに対しても迅速な対応が可能です。

「例えば、IBM Power Systems上のSAP HANAを使用することで、原価計算のための抽出、変換、ロードのプロセスを、15分以内に完了できるようになりました。以前は5時間かかっていたので、95%改善したことになります!同様に、当社の幹部がすべての製造活動についてトップレベルのメトリックを掘り下げられるようにするコンポーネントは、現在75%高速に実行されており、このダッシュボードを毎日利用するスタッフにとっては大きなメリットとなっています」

ARYZTA社は、FIT社によるサービスとしてのインフラストラクチャーのアプローチを選択することで、24時間体制のサポートも利用しながら、総所有コストを最大30%削減できたと推定しています。アプライアンスではなくIBM Power Systemsを選択したことで、エネルギー消費も50%以上削減されました。

このプロジェクトに加えた変更は、日常業務をサポートするITインフラストラクチャーに焦点を当てていますが、在庫レベルから製品の有効期限に至るまで、当社のビジネス・プロセスにも大きな影響を与えています。IBM Power Systems上のSAP Business Warehouse powered by SAP HANAを使用することで、原材料の配送から生鮮食品の栽培に至るまで、当社の中核となるビジネス・プロセスについてより深い洞察が得られるようになりました」

Anoop Mohan氏は次のように結論づけています。「最も重要なことは、SAPとIBMのテクノロジーが、消費者が現在期待している詳細な製品情報を提供するための重要な要素であるということです。ARYZTA社は、IBM Power Systems上のFIT社によってホストされるSAP HANAを使用して、消費者の行動についての理解を深めています。プライベートクラウド・アプローチによって簡素化されたインフラストラクチャーは、明日のデジタルの需要を満たすのに役立ちます」

ARYZTAロゴ
ARYZTA社について

ARYZTA AG社(ibm.com外部へのリンク)は、冷凍および業務用ベーカリー製品で主導的な地位にある国際的な食品企業です。スイスのチューリッヒに拠点を置くARISTA社は、南北アメリカ、アジア、オーストラレーシア、ヨーロッパで事業を展開しています。2017年の売上高は38億ユーロ、従業員数は2万人を超えました。同社は、小売店やコンビニエンスストア、クイックサービスレストラン(QSR)、その他のフードサービスのカテゴリーを通じて販売しています。

Freudenberg IT社

Freudenberg IT社(FIT)(ibm.com外部へのリンク)は、Freudenbergグループのブランドで、SAPの専門知識に精通したマネージドITサービスの世界的リーダーであり、幅広い分野で数百社のクライアントにサービスを提供しています。ドイツのワインハイムの町で設立された同社は、ヨーロッパ、アメリカ、アジアにまたがる世界的な存在感を獲得するまでに成長しました。FIT社の使命は、複雑さを使いやすさに変えること、つまり「簡略化されたITソリューション」に明確に焦点を当てることで、地域レベルと世界レベルで連携しています。

詳細情報はこちら

IBM Power Systems for SAP HANAの詳細については、IBM担当員またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、Webサイトibm.com/power/sap-hanaをご覧ください。

 

 

他の事例を見る 詳細はこちら
法務

© Copyright IBM Corporation 2018. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.米国で製作、2018年9月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、Power Systems、およびPowerVMは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/trademark)でご確認いただけます。

IBMビジネス・パートナーは独自の価格を設定しており、価格は異なる場合があります。

IBMが事業を展開しているすべての国で、すべての製品が利用できるわけではありません。

記載されている性能データとクライアント事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

実際に利用可能なストレージ容量は、非圧縮データと圧縮データの両方について報告される場合がありますが、変動するため、記載されている容量よりも少なくなる場合があります。

© 2018 SAP SE.All rights reserved.SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他のSAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。