ARAUCO 詳細はこちら

リアルタイムのデータで持続可能な成長の種をまき、グリーンパフォーマンスを向上

ARAUCOは、木材、集成材、エネルギーなど、世界有数の再生可能エネルギー生産企業です。競争力を高め、環境パフォーマンスを強化するために、ARAUCOはIBM® Rapid Move for SAP S/4HANA®を使用して、高度な分析ケイパビリティーを獲得するのに必要な時間を短縮しました。これは、効率の向上、無駄の削減、コストの削減に貢献しました。

ビジネス上の課題

競争の激しい環境の中で事業を展開するARAUCOにとって、効率性は極めて重要です。より迅速で、より適切な情報に基づいた意思決定を可能にするために、同社はSAP S/4HANAのリアルタイム分析にターゲットを絞りました。

変換概要と経緯

SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行を加速するために、ARAUCOはIBM Services™のIBM Rapid Move for SAP S/4HANAを選択しました。

結果 甚大な影響
SAP S/4HANAへの移行時間を短縮し、価値実現までの時間を短縮
提供
ほぼリアルタイムのデータを意思決定者に提供し、効率の向上に貢献
サポート
IoT対応の予知保全から始まるイノベーション
ビジネス上の課題の詳細
気候危機への取り組み

世界の森林は、気候変動との闘いにおいて不可欠な資産です。ARAUCOのCIOであるLeandro San Miguel氏が説明するように、森林はARAUCOのビジネス・モデルのまさに中心でもあります。

「森林の持続可能な管理を通じて、再生可能な資源に基づく経済を構築することが私たちの目標であり、私たちのビジネス・プロセスはこの願いを反映しています。たとえば、木材を製材する際に出る廃棄物をファイバーボードなどの複合材料や、製造工場の動力源となる低炭素燃料である木質ペレットに変換しています。」

競争スペース

ARAUCOは、効率的な運営が商業的成功に不可欠な業界で事業を展開しています。

「メンテナンスのために製造現場を停止しなければならないことにより納期を逃すたびに、収益への影響を感じています」とLeandro San Miguel氏は言います。「同時に、森林火災は脅威です。私たちは植林地が予想通りのペースで成熟していることを確認しなければならず、何千ヘクタールという広大な土地に植林していることを考えると、これは困難な作業です。そして、お客様からの注文と林業の長いタイムスケールとのバランスもとる必要があります。」

課題に立ち向かう

近年、ARAUCOはこうした課題に対処するため、テクノロジーを導入しています。ARAUCOは現在、カメラを搭載したドローンを使って森林を監視し、樹木が生育していることを確認しています。

「私たちは、テクノロジーが製造プロセスの強化にも役立つことに気づきました」とLeandro San Miguel氏はは説明します。「産業用IoTデバイスが利用可能になり、私たちの古い機器をスマートファクトリーに変えることができるようになりました。目標は、産業用IoTデータを使用して、機器が故障するリスクを予測し、ダウンタイムを最小化するために、先を見越してメンテナンスを実施することでした。」

ARAUCOは、旧来のSAP ERPプラットフォームからメモリー内のSAP S/4HANAビジネススイートに移行することで、メンテナンスプロセスにほぼリアルタイムのデータを組み込むことが可能になると考え、目標達成を支援してくれるパートナーを探しました。

概要と経緯の詳細
エキスパート・パートナー、クラス最高のプラットフォーム

複数のソリューション・インテグレーターを徹底的に検討した結果、ARAUCOは新しいSAP S/4HANAソリューションを実装するためのパートナーとして、IBM Servicesを選択しました。

「トランスフォーメーションの道のりを進めるためにIBM Servicesを選んだ主な理由の1つは、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行に対するユニークで迅速なアプローチでした」とLeandro San Miguel氏は振り返ります。「IBMがSAP S/4HANA向けIBM Rapid Moveアプローチを発表したとき、私たちはすぐにその価値を認識しました。」

同氏は次のように続けます。「IBMは、トランスフォーメーション・ソフトウェア企業であるSNPグループと協力して、影響評価、アクセラレーター、自動データ変換ツールを含む方法論を構築しました。その結果、SAP S/4HANAへの移行の一環であるUnicode変換などの重要なタスクが、従来の手作業によるアプローチに比べて劇的に合理化されました。」

ARAUCOは、オンプレミスのシステムから脱却し、IBM Application Management Services for SAP Solutionsを使用して新しいSAPソリューションをクラウド上に展開することを決定しました。

「当社のSAPソリューションは、24時間利用できることが必須です」とLeandro San Miguel氏は説明します。「IBM Cloud Managed Services for SAP Solutionsを利用することで、堅牢なサービス・レベル・アグリーメントがもたらす安心感を得られるだけでなく、新しいSAPソリューションをサポートする基礎となる技術スタックを管理する必要性からも解放され、コア・コンピテンシーに集中することができます。」

成功への道を順調に進む

IBM Rapid Move for SAP S/4HANAに記載されているアプローチに従うことで、ARAUCOはIBM Cloudのメモリー内のSAP S/4HANAスイートへの移行を、迅速かつ低リスクで達成することができました。

「IBMサービスとのエンゲージメントは、IBM HANAインパクト評価から始まりました」とLeandro San Miguel氏は言います。「このプロセスは、プロジェクトを開始する前に潜在的な技術的障害を特定し、それを克服するための効果的な戦略を策定するのに役立ちました。このアプローチにより、SAP S/4HANAへのシームレスな移行を実現するIBMチームの能力を信頼することができました。」

現在、IBM ServicesはARAUCOと協力し、同社が既存のオンプレミスSAP ERP環境をクラウドに移行できるよう、ユニコード変換をワンステップで可能にするなどのキー・コンポーネントのアップグレードを支援しています。IBM CloudでSAP S/4HANAのテスト環境、品質保証環境、本番環境を立ち上げた後、IBMはデータを新しいプラットフォームに移行します。

「米国の東海岸と西海岸にある2つのIBMデータセンター間でデータをミラーリングすることで、1つのサイトで障害が発生した場合でも、SAPプラットフォームがオンライン状態を維持できるようにしています」と、Leandro San Miguel氏は付け加えます。「IBM Application Management for SAP Solutionsのおかげで、私たちは世界6カ国の事業所に対して、信頼できる24時間365日のSAPサービスを提供することができます。」

IBM Rapid Move for SAP S/4HANAを使用することで、クラウド・トランスフォーメーションのスケジュールを大幅に短縮できると予測しています。 Leandro San Miguel CIO ARAUCO
成果の詳細
戦いをリード

SAP S/4HANAにより、ARAUCOは業務に関するほぼリアルタイムの洞察に基づいて意思決定を行うことで、データの真の価値を引き出す態勢を整えています。

「テクノロジーは気候危機と戦う強力な方法です」とレアンドロ・サン・ミゲルは言います。「IBM Rapid Move for SAP S/4HANA を使用すると、従来の方法論と比較してクラウド・トランスフォーメーションのスケジュールを大幅に短縮できると推定しています。」

同氏は次のように続けます。「SAP S/4HANAを稼働させると、効率を向上させ、収益のパフォーマンスを向上させる機能を獲得できるようになります。当社の工場に製造業用モノのインターネット[IoT]デバイスを導入することで、予知保全を使用して資産の可用性を最大化し、コストのかかる遅延のリスクを軽減できるようになります。」

持続可能な未来へのロードマップ

IBMとの緊密な協力のもと、ARAUCOはデジタル・トランスフォーメーション・プログラムを推進しています。同社は、南米の既存の製造施設全体に産業用モノのインターネット(IoT)デバイスを導入することに加えて、次世代スマート・ファクトリーの構築を含む200以上のテクノロジー・イニシアチブに投資しています。

「当社のビジネス・モデルは、気候変動と世界人口の増加という課題に対する持続可能な答えです」とLeandro San Miguel氏は言います。「健全な森林プランテーションを維持することで、私たちは炭素を回収し、事業を展開している国々の大気の清浄化に貢献しています。また、リアルタイムのデータを使用してビジネスを管理することで、無駄がなくコスト効率の高い方法で運営できるようになり、マージンを強化し、ビジネスの成長への投資に資金を解放できます。」

同氏は、「SAP S/4HANAとIBM Servicesによって、私たちは新たなグローバル市場に事業を拡大し、世界中のより多くの人々に自然エネルギーの恩恵をもたらすことができるのです」と結論づけています。

SAP S/4HANAとIBM Servicesによって、私たちは新たなグローバル市場に事業を拡大し、世界中のより多くの人々に自然エネルギーの恩恵をもたらすことができるのです。 Leandro San Miguel CIO ARAUCO
ARAUCOロゴ
ARAUCO

1979年に設立され、チリのサンティアゴに本社を置くARAUCO(ibm.com外部へのリンク)は、木材パルプ、人工木材、林業の会社です。同社は北米、南米、ヨーロッパ、南アフリカに47の製造拠点を持ち、年間57億米ドルの売上をあげています。

次のステップ

IBM SAP Allianceの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、ibm.com/sapをご覧ください。

IBM Servicesの詳細については、IBM担当者またはIBMビジネス・パートナーにお問い合わせいただくか、ibm.com/services/sap/s4hanaをご覧ください。

お客様の事例をもっと見るまたはIBM Servicesの詳細はこちら

ドイツのハイデルベルクに本社を置くSNPグループは、企業のビジネス・モデルの変換と新たなテクノロジーの導入を支援しています。世界中で1,350人以上の従業員を擁するSNPグループのソフトウェアとサービスは、企業のグローバルなビジネス・アプリケーションのモダナイズと強化を容易にし、データ駆動型の意思決定を可能にします。SNPグループのソリューションの詳細については、snpgroup.com(ibm.com外部へのリンク)をご覧ください。

PDFファイルを表示(3.37 MB)
法務

© Copyright IBM Corporation 2020. 1 New Orchard Road, Armonk, New York 10504-1722 United States.

米国で製作、2020年4月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Servicesは、世界の多くの国々で法的に登録されているInternational Business Machines Corp.の商標です。その他の製品名およびサービス名は、IBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の現在のリストは、Webページ「著作権および登録商標情報」www.ibm.com/jp-ja/legal/copytrade.shtmlでご確認いただけます。

IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとクライアント事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。

引用または説明されているすべての事例は、一部のクライアントがIBM製品を使用し、達成した結果の例として提示されています。実際の環境でのコストや結果の特性は、クライアントごとの構成や条件によって異なります。ご不明な点などございましたら、IBMにお問い合わせください。

IBM製品およびプログラムを使って他社製品またはプログラムの動作を評価したり、検証する場合は、お客様の責任で行ってください。

お客様は、自己の責任で関連法規および規則を順守しなければならないものとします。IBMは法律上の助言を提供することはなく、また、IBMのサービスまたは製品が、いかなる法規もしくは規則をお客様が順守していることの裏付けを、表明ならびに保証するものでもありません。

© 2020 SAP SE. All rights reserved. SAP、R/3、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本資料に記載されているその他の SAP製品およびサービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々におけるSAP SEの商標または登録商標です。これらの資料は、SAP SEまたはSAPの関連会社により情報提供のみを目的として提供されるものであり、いかなる種類の表明または保証を行うものではありません。SAP SEまたは関連会社は、この資料に関連する誤りや省略に対して責任を負いません。本資料または関連するプレゼンテーション、およびSAP SEまたはその関連会社の戦略、将来的に実現する可能性のある開発、製品、および/またはプラットフォームの方向性および機能性は、すべて変更される可能性があります。SAP SEまたはその関連会社は、いつでも予告なしに理由を問わず変更することができます。