導入部

ロー・コードとは

最小限の手作業によるコーディングで新しいビジネス・アプリケーションを視覚的に作成し、開発者がより価値の高い作業を迅速に行う、これがロー・コードです。

ロー・コードのプラットフォームとは

IBM Automation Platformには、可能な限り事前に構築された機能とコードが用意されているため、開発者以外のユーザーであってもITサポートをほとんど受けずに基本的な自動化アプリケーションを構築できます。

  • 使用できる機能は狭い範囲に限定されているわけではありません。開発者は、ロー・コードで作成した任意のアプリケーションにカスタム・コードや機能を簡単に追加できます。  
  • 組み込みのガバナンスを使用できます。ビジネス・ユーザーは、アプリケーションを作成できますが、それらのアプリケーションは、セキュリティーの改善と正常な機能のために、IT部門の承認なしにデプロイすることはできません。  
  • パフォーマンス問題の監視とセンチメントの測定を簡単に行える機能を追加し、運用フィードバックに基づいて迅速に反復できます。

新着情報

ビジネスの生産性の向上

IBM Automation® Workstream Servicesは、数分間でシンプルな自動化を構成します。コーディングは不要です。今日のリモート環境でのワークストリームの管理に役立てるために、90日間無料で使用できます。

利点

アプリケーション開発を加速

自動化資産とサービスのカタログにより、複数のプロジェクトにわたって資産の再利用が促進され、アプリケーション開発がスピードアップされます。

シンプルなだけではないアプリケーションを実現

ビジネス・ユーザーは、開発者による追加機能によって簡単に機能拡張できるアプリケーションを構築できます。

より多くのものを自動化するアプリケーションを構築

アプリケーション構築のための一元化されたロケーションを使用して、1つのアプリケーションに複数の自動化機能を組み合わせることができます。

プラットフォーム

すべてのタイプの作業を大規模に自動化するための、プラットフォームの機能のフル・セットを活用します。