セキュリティー・インテリジェンス

日本 IBM セキュリティー事業本部が久松警察署から表彰されました!

記事をシェアする:

ちょうど約 1 年前の 2017 年 8 月 23 日、警視庁管轄・久松警察署(東京都中央区日本橋久松町)の主催で「サイバーセキュリティー防犯研修会」が開催され、日本 IBM セキュリティー事業本部が講演を行いました。
約 150 名の参加者を前に、当ブログ・サイトのライターとしても活躍中の二瓶 哲哉氏が「ビジネスを脅かす、セキュリティー事件とその対策」というタイトルで約 40 分のスピーチを実施、依頼元の日本 IBM 法務・知的財産部門からは「参加された各企業に対して、ご近所の IBM の存在感を”さすがっ!”という形で示せたのではないかと思います」とのコメントがありました。

先日警察署内で行われた表彰式に二瓶氏が出席、感謝状をしっかりと受け取ってこられました。日本 IBM が椎名社長であった時代、「社会とともに」を標語としていたことを思い出しました。その哲学は脈々と受け継がれているのだなあ、とあらためて感じましたよ。

二瓶さん、おめでとうございました!

感謝状を贈られた皆さんと記念撮影

感謝状を贈られた皆さんと記念撮影

日本 IBM を代表して。満面の笑みです

執筆者高野の写真

ブログ・ライターご紹介
高野 和子
IBM セキュリティー・マーケティングとして 3 年 4 ヶ月、日々”お客様やオーディエンスの気持ちになって”を合言葉にチームを鼓舞中。その昔、自ら中堅企業領域で IBM セキュリティー製品やサービスを提案していた時代と比べて、その品揃えの驚異的な充実度やお客様の意識の変化にびっくりしつつも、刻々と変化し続けるセキュリティー分野に興味が尽きることはないな~と実感。

More セキュリティー・インテリジェンス stories
2020-07-31

イランの脅威グループの活動が新しい調査で明らかに

IBM X-Force Incident Response Intelligence Services (IR […]

さらに読む

2020-07-17

ハッキングされた Twitter アカウントによる詐欺メッセージ(途中経過)

2020年7月15日(米国時間)、主に認証済みアカウントである著名人の Twitter アカウントがハッキング […]

さらに読む

2020-06-17

データが語る COVID-19 のパンデミックによるセキュリティー脅威の急増

このパンデミックは人類ならではの特性をよくあらわしています。それは、優しさ、思いやり、共有、分かち合うことが含 […]

さらに読む