データ保護

シマンテック株式会社と協業し、お客様のデータ・セキュリティーを強化

日本アイ・ビー・エム株式会社(以下 日本 IBM )は、シマンテック株式会社(以下 シマンテック)と協業し、お客様のデータ・セキュリティーを強化するサービスを開始いたします。

Symantec Data Loss Prevention、IBM Data Risk Manager、IBM Security Guardium および IBM Security Guardium Analyzer による統合的な保護ソリューションを構築、IBM Data and Application Security Services で、お客様のビジネス価値の源泉であるデータを、先進的なテクノロジーを活用して保護します。データ保護のソフトウェアとサービスを組み合わせ、企業の機密データや重要データの所在を明らかにする「ディスカバリー」、効果的なデータ・セキュリティー「戦略策定」、データ保護ソリューションの「導入」、そしてライフサイクルでのデータの「管理・監視」を継続的に支えます。

  • Symantec Data Loss Preventionは、複数の検出技術を組み合わせて、エンドポイント、ネットワーク、ストレージ、およびクラウド上にあるさまざまな形式の機密データを検出します。個人情報保護法、GDPR、PCIDSS、SOXなどに対応したテンプレートを標準で備えており、導入後すぐに重要データを可視化し漏洩を阻止できます。
  • IBM Data Risk Manager は、データ関連のビジネス・リスクを発見、分析、および可視化できる統合ダッシュボードをそなえ、エグゼクティブや関連チームが積極的にデータに関する管理やコンプライアンスの強化を行うためのサポートを行います。

  • IBM Security Guardium は、データのセキュリティー強化と保護のための包括的なプラットフォームで、リスクを最小化すると同時に脅威から機密データを保護し、変化へのシームレスな適応を実現します。また、高コストで高リスクになりかねない手動でのアプローチやサイロ型アプローチを排除できます。
  • IBM Security Guardium Analyzer は、お客様が GDPR に基づいた個人データのセキュリティーやコンプライアンスのリスクを効率的に評価するのに役立つ、クラウド・サービス・オファリングです。次世代の分類手法を使用し、脆弱性スキャンを実行して、リスクのあるデータが含まれるデータベースを優先順位付けします。

日本 IBM は、シマンテックの国内では数少ないグローバル・パートナー: Secure One for GSI as a Tier 1 Partner として、Symantec Data Loss Prevention をはじめとするシマンテック・ソリューションの再販を行います。

シマンテック株式会社 https://www.symantec.com/ja/jp

金森顔写真

ブログ・ライターご紹介
金森 正興
テクニカル・スペシャリスト。IBM セキュリティー事業本部にてセキュリティー・サービスのオファリング開発を担当。IBM Global Security のテクノロジー、デリバリー能力や仕組みを日本のお客様へお届けしています。日々、お客様のビジネス革新における「安心・安全」にどうやったら貢献できるかを思案中。

More データ保護 stories
2019-10-16

Open Cybersecurity Alliance (OCA): 相互運用性を高めるオープン・ソース・イニシアチブ

サイバー・セキュリティー業界ではベンダーと製品の数が急増しています。ESGによると、企業は平均で最大10社のプ […]

さらに読む

2019-10-04

IBM セキュリティーによる調査結果: ランサムウェア攻撃を受けた自治体がハッカーに金銭を支払うことに納税者は反対

大多数が自治体のリソース保護のために今より高い税金を納める意思はなく、63%が身代金に税金を使うよりも、それよ […]

さらに読む

2019-10-03

国家の支援を受けた攻撃者から一般的なサイバー犯罪者に至るまで、増大する破壊的マルウェア攻撃

この数年間、破壊的な攻撃が大きな脅威となり、世界中の企業でデータを消去したり、数百万台のエンタープライズ・デバ […]

さらに読む