CISO

量子コンピューティング時代のサイバー・セキュリティー

記事をシェアする:

「量子コンピューティング」は、現在のコンピューターで数億年もかかるような処理を、数分で実行できるとも言われています。この新たな技術のベースとなる量子は、物質の最小単位で2つの特性を持っています。1つは同時に2つの状態をとることができる「量子の重ね合わせ」、もう1つは離れた場所でも相関関係を保つことができる「量子のもつれ」です。量子コンピューティングは、これらの性質を高度な並列処理に利用することで、従来のコンピューターと比べて幾何級数的に高速な処理が可能となる見込みとなっています。
(参考情報:量子コンピューティングによる飛躍の時 / 量子コンピューティングによるインパクトと可能性)

一方、量子コンピューティングにより、新たなセキュリティー・リスクを顕在化させてしまうという副作用も懸念されています。たとえば、現在の主要なセキュリティー方式のひとつである公開鍵暗号化方式は、大きな数の素因数分解をベースにしており、その解読処理に既存のコンピューティングでは数千年を要するが、量子コンピューティングでは数時間から数日しかかからないと言われています。つまり、量子コンピューティングによって、既存の暗号化ソリューションが無効化されてしまう懸念があるということです。まるで「諸刃の剣」のようです。

量子コンピューティングは実用化に向けた技術開発が進められています。世界市場規模は2024年までに100億米ドルを超えると予測されています。量子コンピューティングをビジネスに活かす取り組みは、業界の垣根を越えて広がりつつあります。そのユースケースをいち早くビジネスモデルに取り込んだ企業だけが、圧倒的競争力を得るとも言われています。

企業にとって量子コンピューティングへの対応というのは、まさに待ったなしの現実課題として迫りつつあります。たとえば、その一つの課題として、量子サイバー・セキュリティーがあります。量子サイバー・セキュリティー対応が遅れた場合、近い将来、未曽有のセキュリティー・リスクを招くことにもなりかねません。

(参考情報:量子コンピューティング時代に遅れを取るな-先進事例と経営者の視点 / クオンタム・ビジネス-Q2B 2018 report:Winner Takes Allに向けた戦いは始まっている)

量子コンピューティング時代を迎える今こそ、サイバー・セキュリティー対策について、経営上の観点から見直しを始めてはいかがでしょうか?
具体的なステップについては、こちらのレポートをご覧ください。

【関連情報】
IBM Securityの概要はこちらから

【お問い合わせ】
メールでのお問い合わせはこちらから

【著者情報】


IBM Security JapanIBM Security Japan


More CISO stories
2022-06-15

インシデント・レスポンス研修 (旧称 CSIRT研修)

IBMインシデント・レスポンス研修 (旧称:CSIRT研修)を、2022年10月3日(月曜日)~6日(木曜日)の4日間にて開催! 締切は9月16日(金曜日)です。 サイバー脅威に備えてセキュリティー・インシデント対応力の […]

さらに読む

2022-03-17

ゼロトラスト・セキュリティーの実現に向けたSASE導入ポイント

  1. はじめに Tokyo2020に向けて一部の企業がリモートワークを推進してきましたが、2020年初頭からCOVID-19の流行によりテレワークのニーズが急速に高まったのは記憶に新しいと思います。 またそ […]

さらに読む

2022-03-02

IBM Security X-Forceリサーチ・アドバイザリー:ウクライナに対する新しい破壊的なマルウェアサイバー攻撃

本ブログはIBM Security X-Forceのアン・ジョブマン、クレア・ザボエワ、リチャード・エマーソンによって書かれました。 2022 年 2 月 23 日に、オープンソースのインテリジェンス・ソースは、ウクライ […]

さらに読む