テスト管理とは
IBM Engineering Test Managementの詳細はこちら デモに関するお問い合わせ
電卓、棒グラフ、2つの木のアイコンのイラスト

公開日:2023年12月29日
寄稿者:Alice Gomstyn, Alexandra Jonker

テスト管理とは

テスト管理とは、製品の品質保証に用いられるテストアクティビティを計画、監視、文書化することです。テスト管理は、ソフトウェアテストと密接に関連しています。ソフトウェア開発が複雑化するにつれ、テストへの取り組みも複雑化し、テスト管理は開発プロセスの重要な一部となっています。

今日のテスト管理には、テストの成功に不可欠なワークフローを整理および合理化できるテスト管理ソリューションの使用が一般的です。このようなソリューションは、より適切なテスト計画を進め、テスト環境の構築支援、テストの自動化の提供、トレーサビリティを取れるようにし、チームメンバー間のコミュニケーションとコラボレーションを向上させることができます。テスト管理は、プロジェクト管理とは異なるものです。後者はソフトウェア開発ライフサイクル (SDLC)全体を構造化するために使用できますが、前者はSDLCのソフトウェアテスト・プロセスに主な焦点を当てています。

効果的なテスト管理により、継続的なテストを行うことができ、製品品質を向上させる機会がリアルタイムで分かります。また、製品は開発中のため修正も可能なため、高品質な製品の提供を後押しします。これは、製品開発プロセスの最後に行われ、改善や欠陥管理の機会が少ない従来のテストとは対照的なものです。

テスト管理が重要な理由

テストの目的は、エンドユーザーの期待を妨げるような製品の問題を特定し、解決することです。しかし、ソフトウェアアプリケーションのテストは著しい進歩を遂げたにもかかわらず、長年にわたりコストのかかる品質問題が発生し続けています。1960年代、ソフトウェアテストは主に、個々のコード行のテスト、つまりユニットテストに限定されていました。しかし、数十年という時間を経て、テスト・プロセスは、異なるソフトウェア・コンポーネントが一緒に動作するか確認する統合テストから、コードや機能の更新がソフトウェア全体の機能を損なうかどうかをチェックする回帰テストまで、複数の種類のテスト戦略とテスト目的を含むものに拡張しました。

さまざまなテスト戦略を開発すると、組織はより多くの問題を発見できるようになりますが、利用可能なテストとテスト指標の多様性により、優先順位付けという独自の課題が生じます。組織は、最も緊急に対処すべき問題を特定し、迅速に対処するために必要なテストの種類とテストケースに優先順位を付ける必要があります。この課題は、テスト対象の製品がより複雑になることで、さらに深刻化しています。製品ごとの機能が増えると、さらに多くのテストが必要になります。

テスト計画における優先順位付けと最適化の欠如は、非効率的かつ非効果的なテストサイクルにつながり、アジャイルやDevOpsのような開発手法の実行を妨げ、コストのかかる不具合を見逃す可能性があります。幸い、テスト管理およびテスト管理ツールは、これらの課題の軽減に役立ち、開発チームは高品質なソフトウェアの提供を加速化し、スケーラビリティの要求を満たすことができます。

テスト管理のフェーズとは

テストマネジメントのフレームワークは企業によって異なる場合がありますが、一般的なテストマネジメントプロセスは「計画」および「テスト実行」の2つのフェーズに分けられ、どちらもテストマネジャーが監督を行います。

計画フェーズでは、テストマネージャーがリスク分析を行い、テストのライフサイクル中に問題になる可能性があることを判断します。テストの評価では、テストに必要なリソースと資金を検討します。テスト計画では、テストの戦略と目的を綿密に計画します。テストの組織化では、テストチームを構造化し、テスターや他のチームメンバーに責任を割り当てる必要があります。

テスト実行フェーズでは、テストマネジャーはテストアクティビティーの進捗を監督・監視します。問題管理を実施してテスト中に発生した問題を特定し、チームメンバーにそれらに対処するよう指示します。関係者によるレビューのために、テストプロセスとテストデータを要約および分析したテストレポートを作成します。

テスト管理ツールの機能

これまで企業は、テスト管理を行うために Excel のような表計算ツールを使用してきました。このようなツールは習得が容易ですが、最新のテスト管理システムには、テスト管理プロセスをより適切に整理および合理化できる機能が備わっています。

今日におけるテスト管理ツールの主要なメリットの1つは、APIテスト、機能ユーザーインターフェイス(UI)テスト、パフォーマンステスト、サービス仮想化を含む、自動化です (リアルタイムでは、必要なテストコンポーネントのシミュレーションを行えない可能性があります)。最近の調査によると、オートメーションフレームワークによってソフトウェアのデプロイメント時間が75%短縮され、テストカバレッジ(ソフトウェアがどれだけ徹底的にテストされているかを示す指標)が35%改善されました。 オートメーションは、テスターが効率を高めるためにさまざまな種類のテスト実行でテストデータを再利用するのにも役立ちます。

その他、試験管理システムの機能として以下のようなものがあります。

  • 手動テストプロセスのサポート
  • プロジェクトの品質目標と終了基準を明確に示すテスト計画の作成
  • テストリソースの追跡と、それらがテスト計画の実行に利用できるかどうかの確認
  • さまざまな製品バリアントに関連付けられたテストケース、テストスイート、およびテスト実行を追跡するための構成およびテストケースの管理
  • 規制要件の管理とコンプライアンス監査の準備
  • リッチテキスト、インラインイメージ、支援されたデータ入力と検証を使用してテストを加速し、正確なテストの定義と実行を実現
  • Open Services for Lifecycle Collaboration(OSLC)などの標準業界インターフェースを介した、外部自動化ツールやJiraなどのサードパーティー・テストツールとの統合
  • イベントフィード、統合チャット、自動トレーサビリティによる地理的に分散するチーム間のコミュニケーション
  • テスト結果やその他の情報を共有するためのダッシュボードと高度なレポート機能を提供して、利害関係者のニーズに対応し、提供の準備状況を評価します。
  • チュートリアルによるテスト管理機能の使用を最適化
関連ソリューション
IBM エンジニアリング・テスト管理

要件から欠陥に至るまでのエンドツーエンドのテスト計画とテスト資産管理を提供する、協調的な品質管理ソリューションです。

IBM Engineering Test Managementの詳細はこちら

IBM InfoSphere Optimテスト・データ管理

非運用環境データを作成および管理するプロセスを最適化および自動化します。

InfoSphere Optim Test Data Managementの詳細はこちら

IBM DevOps テスト

アプリケーションのライフサイクル全体のテストおよび仮想化ソリューションを使用して、アプリケーションの品質を確保します。

IBM DevOps Testの詳細はこちら

IBM DevOps Test Workbench

テストスクリプトを簡単に作成して実行できます。

IBM DevOps Test Workbenchの詳細はこちら
参考情報 リスクの最小化:テスト管理の改善による品質の向上

大手企業は、製品の品質を一貫して向上させるために、統合された継続的なテストプロセスを採用しています。

Danske Bankは銀行業務における競争上の差別化を推進

開発サイクルを短縮し、ITとビジネスの距離を縮めるため、Danske BankはIBM Engineering Workflow Managementソフトウェアを使用して管理されるアジャイル開発プロセスを採用しました。

ソフトウェアテストとは

今日のソフトウェア・テストは、継続的に行うことが最も効果的です。設計中にテストが開始され、ソフトウェアが構築される際や、本番環境にデプロイするときにも行われます。

要求管理とは何か。

明確かつ簡潔でエラーのない要件は、エンジニアリングチームがエラーを早期に検出し、プロジェクトのコストとリスクを軽減するのに役立ちます。

バグ・トラッキングとは

バグ・トラッキングとは、ソフトウェアのテスト中にバグとエラーを記録し、監視するプロセスのことで、障害トラッキングまたは問題トラッキングとも呼ばれます。

DevOpsとは何ですか?

DevOpsは、ソフトウェア開発チームとIT運用チームの作業を組み合わせて自動化することで、高品質のソフトウェアの提供を迅速化します。

詳細情報はこちら

IBM Engineering Test Managementが、テスト計画、ワークフロー制御、追跡、メトリクスレポートを使用して、システムとソフトウェア配信の効率と品質をどのように向上させるかを見てみましょう。

IBM Engineering Test Managementの詳細はこちら デモの予約