リスクの軽減とは
リスク軽減コンサルティング・サービスの詳細はこちら
青い空を背景に垂直の岩壁を登る男

2023年12月5日

寄稿者:Teaganne Finn、Amanda Downie

リスクの軽減とは

リスクの軽減は、リスク管理プロセスにおける重要なステップです。これは、企業や組織が頻繁に直面する、プロジェクト目標に対する脅威を軽減できる方法を計画し、構築する戦略を指します。

リスクの軽減は、リスク・レベルを最小限に抑え、許容可能なレベルまで引き下げるために使用される技術と戦略の成果です。脅威や災害の影響をなくすための措置を講じることで、組織は打撃を排除および制限するための優位な立場に立つことができます。

リスク軽減の目的は、脅威を排除することではありません。むしろ、避けられない災害に備えた計画を立て、その災害が事業継続性に与える影響を軽減することに重点を置いています。潜在的なリスクには、サイバー攻撃、竜巻やハリケーンなどの自然災害、財務上の不確実性、法的責任、経営管理上の戦略的な誤りや事故など、さまざまな種類があります。

2023年「データ侵害のコストに関する調査」レポートを読む
関連コンテンツ

IBMニュースレターの購読

リスク軽減が重要な理由

一般的なリスク・インスタンスも、状況によっては組織にとって有害となりえます。組織が問題に対処する準備ができていない場合、小さな問題が致命的なものに変わり、ビジネスに多大な経済的負担を課す可能性があります。最悪の場合、ビジネスを閉鎖することにもなりかねません。

このような事態を防ぐ最善の方法は、リスク軽減計画を立てることです。これにより、有事の際に組織が被る損害を軽減するための緊急時対応計画が整備されます。不可避の災害もあるということに焦点を当てるリスク軽減は、脅威が避けられない場合に最もよく使用されます。リスク軽減計画の目的は、最悪の事態に備えることと、予期した災害が時には複数発生する可能性があるという事実を受け入れることです。この事実を認識したら、リスク軽減計画を確実に整備し、どのような災害の発生にも備えることがリーダーの責任です。

リスク軽減プロセス

最も広いレベルでリスクを軽減するには、組織がリスクを評価し、それらのリスクを軽減するための包括的な計画を作成できるようにする人材、プロセス、テクノロジーを揃える必要があります。リスクの評価に最適なビジネス戦略は、プロジェクト管理チームです。

リスク軽減プロセスは1種類ですべてに対応できるようなものではなく、組織によっても異なります。ただし、綿密なリスク軽減計画を立てる場合、標準的だと言える手順がいくつかあります。具体的には、再発するリスクの識別、リスクの優先順位付け、策定した計画の実行と監視などです。

リスクの特定

リスク軽減の最初のステップはリスクの特定です。これは、どのようなリスクが存在するかを理解し、組織、運営、従業員に対する脅威を評価するプロセスです。サイバーセキュリティーの脅威(データリスクやデータ侵害など)、財務リスク、自然災害のほか、組織や事業運営を混乱させかねないその他の潜在的に有害な出来事など、さまざまなビジネス・リスクを考慮することが重要です。

リスク・アセスメントの実施

リスクを特定して一覧にまとめたら、リスク軽減チームが次にやるべきことはそれぞれを評価し、リスクを定量化することです。リスク・レベルはこの段階で設定されます。その際、多くの場合、リスクの影響を軽減するために実施されている対策、プロセス、管理方法の確認が行われます。

リスクに対する優先順位付け

リスク評価を通して各リスクの重大性を比較し、その顕著さやもたらす結果に基づいてランク付けします。組織は、組織とその労働力に最も破壊的な影響を与えるリスクを判別する必要があるため、これは重要なステップです。また、このステップでは、組織は分野別に許容できるリスク・レベルを定めます。これによってビジネスの基準点が作成されるため、事業継続性の確保に必要なリソースをより適切に準備できます。

リスクの追跡

リスクは変化する可能性があり、いくつかの異なる要因に応じてリスクレベルも変化します。こうしたリスクの流動性を考慮すると、リスク軽減計画において、監視フェーズは重要なステップとなります。リスクを監視することで、組織は重大度がいつ上昇し、いつ低下するかを判断し、それに応じて行動することができます。しっかりとしたリスク追跡メトリクスを持つことは、組織にとって重要です。追跡をすることで、組織がさまざまな規制やコンプライアンス要件を遵守し続けることにもつながります。

リスク軽減計画の実施

リスク・アセスメント、リスクの優先順位付けと評価が完了したら、計画を実行に移します。このステップでは、組織全体であらゆる必要な措置を講じなければなりません。従業員は、リスク軽減計画のあらゆる側面について説明を受け、訓練を受ける必要があります。テストと分析を高頻度で定期的に行い、計画が最新であり、規制に準拠していることを確認してください。

このステップとさらに先のステップでは、調整が必要になる場合があります。新しい発見があったり、優先順位が変更されたりした場合は、変更を加えることが重要です。リスク管理戦略を継続的に評価することで脆弱性が明らかになり、意思決定プロセスが強化されます。

リスク軽減戦略

リスク軽減プロセスと同様、組織がリスク軽減計画の策定に使用する戦略(またはアプローチ)は組織によって異なります。しかし、リスクへの対処に関しては、共通するテクニックがあります。

リスクの回避

リスク回避戦略とは、リスクの発生を回避する措置を講じることにより、リスクを軽減する手法です。このアプローチをとると、他のリソースや戦略に支障をきたす場合があります。例として、投資を行わないことや製品ラインの開始を避けることは、損失リスクを回避する対応になります。

リスクの減少

このアプローチは、組織がリスク軽減分析の結果、リスクが発生する可能性またはその影響を小さくするための措置を講じることを決定した場合にとられます。リスクがなくなるわけではありません。むしろ、リスクを受け入れ、損失を抑制し、損失の拡大を防ぐためにできる限りの手段をとることに重点を置いています。例えば、医療保険業界では、予防的ケアに適用される健康保険がこれに該当します。

リスクの移転

リスク移転は主に、リスクを第三者に移転することです。物的損害や傷害といった特定のリスクに適用される保険への加入がその一例です。これにより、リスクが組織から他の誰か、多くの場合は保険会社に移転されます。

リスクの受容

この戦略では、報酬がリスクを上回る可能性を認識している場合にとられます。恒久的な戦略とする必要はありませんが、ある期間においては、戦略として他のリスクや脅威を優先したほうがよい場合も存在します。すべてのリスクを排除することは事実上不可能であるため、残存リスクまたは「残余」と呼ばれます。

リスク軽減のベスト・プラクティス

リスク軽減計画を作成するには、多くの変動要素と組織全体の調整が必要です。リスク軽減計画に取り組み、実行する際のベスト・プラクティスを紹介します。

利害関係者への情報伝達を怠らない

組織全体へのリスク伝達は、リスク軽減計画における重要な局面です。組織にとってのみならず、関係するすべての従業員にとって、組織全体でのオープンなコミュニケーションは欠かせません。組織に大きな影響を与える重要なリスクは、すべての部門にわたって明確に伝達され、監視される必要があります。

強固なリスク文化を打ち立てる

リスク文化は経営幹部レベルから始まります。リスク文化とは、集団的な価値観や信念のことであり、個人が集まった集団に共有されます。組織が完全にコンプライアンスを遵守するには、リスク文化がビジネス・リーダーや経営側から発信され、明確に伝達される必要があります。コンプライアンスの重要性は、トップが確固とした信念を持つとともに、組織全体に浸透していなければなりません。

リスク・ツールを確立する

リスクを監視するための強力な統制とメトリクスを確実に導入します。リスク・アセスメント・フレームワーク(RAF)などの管理ツールがあれば、モニタリングを継続しやすくなります。RAFは、リスクの高低を監視する働きをして、関係する専門・非専門の利害関係者にレポートを提供します。

定期的にリスク・アセスメントを実施する

組織のリスク・プロファイルを最新の状態に保つことは非常に重要です。組織のリーダーは、情報に基づいた意思決定と強力な行動計画によってリスクを制御するために、最新のデータとレポートを必要としています。

関連ソリューション
脅威の検知および対応ソリューション

IBM Security QRadar Suiteは、AIとオートメーションを使用したアラート調査と対応ワークフローを通じてセキュリティー・アナリストを支える一体化されたアナリスト体験が特長の、最新セキュリティー技術を集めたソリューションです。

IBM Security QRadarスイートの詳細はこちら

IBMのサイバー脅威管理サービス

インテリジェントな統合型のサイバー脅威管理ソリューションは、厳格な防衛策を講じ、高度な脅威を検出し、迅速かつ正確な対応を実現し、混乱からの回復を支援します。

IBMのサイバー脅威管理サービスの詳細はこちら

リスク管理コンサルティング

リスク・アセスメントを実施し、規制に準拠し、コンプライアンスを達成するプログラムを強化しながら、成功するリスク管理戦略を開発および実装します。

リスク管理コンサルティング・サービスはこちら

リスク軽減リソース 脅威管理とは何か、どのように使用するのか

サイバー攻撃を防ぎ、サイバー脅威を検知し、セキュリティー・インシデントに対応するために、サイバーセキュリティーの専門家が脅威管理をどのように使用しているかをご覧ください。

サイバー・リスク管理とは?

サイバー攻撃およびその他のデジタル脅威や物理的な脅威から情報システムを保護するために、企業はどのようにサイバーセキュリティー・リスク管理を行うべきかをご覧ください。

ガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)とは

組織がGRCを使用してガバナンス、リスク管理ならびに業界および官公庁・自治体の規制へのコンプライアンスを管理する方法をご覧ください。

堅牢なハイブリッドクラウド向けリスク戦略を構築する鍵

ハイブリッド・マルチクラウド環境全体にわたって複雑な業務を管理するための戦略についてお読みください。

2023年データ侵害のコスト

2023年「データ侵害のコストに関する調査」で、組織がデータ侵害を回避するのに役立つ財務上の影響とセキュリティー対策について詳しくご覧ください。

IBM Security X-Force Threat Intelligenceインデックス2023

脅威アクターによる攻撃の仕組みを理解するのに役立つ実用的なインサイトを読んで、脅威の状況をグローバルに把握してサイバー攻撃のリスクを理解しましょう。

詳細情報はこちら

リスク管理へのアプローチをエンドツーエンドで変革。IBMは、自社の統合テクノロジーと、規制に関する深い専門知識、そしてIBM傘下のPromontory社のマネージド・サービスを組み合わせたサービスを提供しています。スケーラブルな運用とインテリジェントなワークフローを使用して、クライアントが優先順位を達成し、リスクを管理し、金融犯罪や詐欺と闘い、監督上の要件を満たしながら変化する要求に対応できるよう支援します。

リスク軽減コンサルティング・サービスの詳細はこちら IBM QRadar Suiteのデモの予約