洞察

必要なときに必要なヘルスケアにアクセス

スウェーデンの大手ヘルスケア・プロバイダーであるRegion Skåneは、同社のヘルスケア・サービスにより世界レベルのクオリティー・オブ・ライフをスウェーデン国民に提供することを目的としています。 従業員数が34,000人を超えるRegion Skåneはスウェーデン最大の雇用主の1つであり、ヘルスケアだけでなく公共交通機関、社会インフラ、社会政策、さらには環境問題や気象関連の問題も担っています。

こちらのデジタル・トランスフォーメーションのお客様事例では、Region Skåneがより優れた患者体験を提供するための構想をどのようにして実現したのかを説明します。 Region Skåneはまず、旧式で断片化された従来のITシステム、老朽化したインフラストラクチャー、人材関係の問題に対応する必要がありました。Region Skåneはデジタル・トランスフォーメーション・ジャーニーの案内人として、IBM Servicesと提携しました。

アイデア

コンピューター支援施設管理

建物と資産の管理テクノロジーとモノのインターネット(IoT)プラットフォームを活用することにより、IBMとRegion Skåneはコンピューター支援施設管理(CAFM)を構築しました。 このソリューションにより、看護師や従業員は資産状況や建物の状態に関する情報にほぼリアルタイムでアクセスできるようになるばかりでなく、フリートの状況を把握し、Regionが管理する建物のデジタル・ツインを実現し、世界のどこにいても従業員が携帯電話やタブレットから重要なプロセスを実行することができるようになりました。

CAFMは、Region Skåneによるリソースの割り振り、従業員の全体的な生産性、患者の満足度の向上に役立っています。

効果

病院と患者の体験のデジタル化

CAFMを導入した環境では、新規患者を受け入れるためのベッドが空くとすぐに看護師に通知が自動送信されるため手動の連絡プロセスがなくなり、患者ケアのライフサイクルを迅速化できます。 清掃スタッフは予約アラートで優先的に清掃する箇所の指示を受け、予防保全を担当する保全スタッフはカレンダー通りの定期メンテナンスではなく、実際の資産の状態に基づいた作業指示に従ってメンテナンスを遂行します。

メリット

  • 資産と病院の機器へのリアルタイム・アクセス
  • 救急治療室の順番待ち状況をリアルタイムで監視
  • 手動での作業の自動化による生産性の向上

これは建物のライフサイクル全体を対象とした包括的なソリューションです。 プロジェクトの開始から構築までを把握して各段階を監視することで、私たちはいつどこでどのようなサービスが利用できるようになったのかがわかるのです。

Helena Skjeld氏, サービス担当ディレクター, Region Skåne社

お客様事例

ADNOC

IBMとADNOC社は、掘削場所の判別に役立つ世界初の岩盤分析装置を構築しました。

L'Oréal社

IBMとL'Oreal社は、モノのインターネットを取り入れてインダストリー4.0への変革を推進しています。

Rabobank

IBMとRabobankは自動化プロセスの加速とデジタル・バンキング体験の向上を実現するために提携しています。

お気軽にご相談ください

IBMは、変革に踏み出す後押しをする機能、サービス、製品の幅広いポートフォリオを用意しています。次の2つの方法をご利用ください。