BYODプラットフォームの概要

BYODにより、従業員は個人のスマートフォン、タブレット、ノートPC、ウェアラブルを使用して、どこからでも企業データにアクセスできます。 セキュリティーを維持するために、組織は企業の機密データに対する制限とユーザーの生産性との間でバランスをとる必要があります。 BYODソリューションを導入すると、IT、企業のペルソナ、またはコンテナによって、誰がどのデータにBYODでアクセスできるかを管理できます。 かつてないほどリモートワーカーが増えているため、適切なテクノロジーと綿密に練られたBYODポリシーを持つことが不可欠になっています。

メリット

モバイルの生産性の向上

従業員が自分のデバイスを使用できると、自宅にいるか、会議中か、外出先にいるかに関係なく、最善を尽くせるようになります。 ユーザーは、個人デバイスから仕事のデータにアクセスできれば、仕事を日常に組み込むことができ、ある程度の快適さを得られます。

コスト削減

BYODプログラムは、ハードウェアのコストをユーザーにシフトすることによって、企業の予算を節約するという追加のメリットもあります。 企業によるスマートフォンやタブレットの大量購入の必要も、従業員がお気に入りのデバイスを職場から持ち出せないということもなくなります。

従業員の信頼

BYODポリシーへの最大限の遵守を促進するために、従業員は、企業がエンド・ユーザーの使用許諾契約によって個人の使用とプライバシーを保護していること、そして、組織がセキュリティー・プログラムを実施する手段を有することを知っておく必要があります。

BYODソフトウェア・ソリューション

BYOD機能を備えた包括的な統合エンドポイント管理(UEM)ソリューションは、個人のデバイス上のアプリケーションとデータを保護するだけではなく、また、AI、分析、モバイル脅威防御を提供して、従業員が危険なデバイスや侵害されたデバイスをお客様の環境に持ち込まないようにすることもできます。

BYODソリューション

モバイル・デバイス管理(MDM)

スマートフォン、タブレット、ノートPC、デスクトップから、高耐久性のモノのインターネット(IoT)エンドポイントまで、iOS、Android、macOS、Windows、Chrome OSの各種デバイスを管理します。 MDMは、デバイスに関するきめ細かなポリシーとリモートでのサポートを提供して、あらゆるケースの使用におけるデバイスの導入に役立ちます。

エンタープライズ・モビリティー管理(EMM)

EMMは、スマートフォン、タブレット、ノートPC、デスクトップ、IoTのエンドポイントなど、あらゆるタイプのデバイスの管理を実現する、MDMの拡張です。 EMMは、安全なコンテナと条件付きアクセスにより、データ漏洩の防止に役立ちます。

統合エンドポイント管理(UEM)

UEMソリューションは、EMMとMDMがさらに進化したもので、あらゆるタイプのデバイスに対し単一のソリューションを提供します。 モバイル脅威防御(MTD)、AIの洞察、すぐに使用可能なシングル・サインオン、および条件付きアクセスが追加されており、従業員の生産性を損なわずに堅牢なリスク管理を実現します。

モバイル・セキュリティー

適切かつ事前予防的な保護なしでは、デバイスとそのユーザーは特に従来型のサイバー攻撃に対して脆弱です。 こうしたエンドポイントとそれを使用する従業員が、世界で最も競争の激しい組織のイノベーションと生産性を促進しているのです。 現代のビジネスの成功のために、モバイル・セキュリティーがどのようにデバイス、アプリ、コンテンツ、データ、ネットワークを保護できるのかについてご覧ください。

IBM Mobility Success Services

キュレートされたモビリティー・サービスは、お客様がUEMライフサイクル全体を通じてMaaS360への投資を最大限に活用するのを支援します。 IBM Mobility Success Services Security Expert Labsの取り組みは、中小企業のお客様向けのものから大規模な企業プロジェクトまで広範にわたります。

Credico社が、タブレット・ポリシーへの100 %準拠を達成

大陸全体に広がる多種多様なそれぞれ独自の営業所の何千ものタブレットを、組織はどうすれば管理できるでしょうか? それは簡単なことではありません。 しかし、まさにそれを実現したのがCredico社です。

Credico社は、MaaS360を使用することで、コンプライアンスの徹底とレポート機能、さらにはセルフサービス・ポータル機能をも改善し、完全なポリシー・コンプライアンス、セキュリティー・リスクの迅速な特定と修復、劇的なコスト削減を実現しました。

参考情報

BYODへのパスワードなしのアプローチ

パスワードなしの認証が、どのようにユーザー・エクスペリエンスを向上させつつセキュリティーを向上させるかをご覧ください。

リモートワーカーの生産性と安全を確保する

BYODを使用して従業員の生産性を向上させつつ、リモートワーカーを適切に保護する方法を学びます。

UEMのお客様事例: BYOD

UEMのお客様事例として、管理されていないデバイス、および個人所有デバイスの業務使用について詳しく説明します。また、IBMがUEMベンダーの中で非常に高くランク付けされている理由についても詳しく説明します。

次のステップ