透過的なIDによる信頼性の向上でデジタル化を促進

お客様の利便性への期待に応えながらデジタル化を促進することは、あらゆる企業のデジタル戦略において最も重視されます。オンボーディングから日々の生産性の高い使用に至る顧客エンゲージメントのライフサイクル全体が、1つのオムニチャネル・プロセスになりました。サービスを完全にデジタル化して提供することには大きなメリットがありますが、企業はIDベースの脅威の影響を受けやすくなる可能性があります。負担になるユーザー体験なしに、新しい顧客と既存の顧客の正当性に問題がないかを判別することが重要になります。

IBM Trusteer®を活用すれば、お客様のオムニチャネル・ジャーニー全体にIDによる信頼性を円滑に構築できます。TrusteerはAIと機械学習によって裏付けられたクラウド・ベースのインテリジェンスを備え、悪意のあるユーザーから保護しながら、新規および既存のお客様を迎え入れる総合的なプラットフォームを提供します。 

企業は次の機能を活用して、信頼性の高い円滑なデジタル関係を迅速かつ透過的に構築できます。

  • 使いやすい適応型認証による継続的なデジタルID保証
  • リアルタイム評価を提供する拡張性と俊敏性に優れたクラウド・プラットフォーム
  • 高度なAI機能と機械学習機能で階層化されたインテリジェンス・サービス

不正に対する保護戦略に応じるパスワードなしの認証

パスワード不要の安全な世界を想像してみてください。それは実現可能であるだけでなく、既に存在しています。それでは、お客様にもこの体験を提供するにはどのようにすればいいのでしょうか?

不正からの保護のためのリソース

新たなアカウント不正利用を透過的に検出

新たなデジタルIDのリスクを円滑に評価することでデジタル変革を強化します。

信頼できるデジタルID環境の構築

お客様を真に理解することで、そのお客様との堅固な関係を構築し、さらにはセキュリティーの強化も実現できる可能性について説明します。

デジタルIDの信頼性についての対話式の体験

Trusteer Pinpointプラットフォームでは、どのように評価を重層的に実施してユーザー認証を円滑化するかについて説明します。