「データ侵害のコストに関する調査」レポートが重要である理由

ハイライト

主な調査結果

データ侵害の平均コストが過去最高を記録

上昇しているデータを示すグラフの線画

データ侵害の平均コストは2021年の424万米ドルから2.6%増加し、2022年には435万米ドルになりました。2020年度版のレポートで386万米ドルだった平均コストは12.7%増加しています。

データ侵害の件数が2件以上の会社の割合83%

進化する脅威の検知と阻止

調査対象会社の83%で2件以上のデータ侵害が発生し、これが初めてのデータ侵害だったのは17%のみでした。

侵害された資格情報、フィッシング、クラウドの誤った構成が攻撃ベクトルの上位を占める

2 つのxマークを持つ円グラフの線画

データ侵害の原因の19%は、資格情報の盗難、または漏えいでした。フィッシングはデータ侵害の原因の16%であり、クラウドの誤った構成が原因のデータ侵害は15%でした。

最大のコスト削減効果を有するセキュリティーAI

反対方向の矢印がある2つの重複した円の線画

セキュリティー対策の人工知能(AI)が完全に導入されれば、最大のコスト削減が実現できます。AIを導入していない組織と比べ、AIを導入している組織ではデータ侵害の平均コストが最大で305万米ドル少なくなっています。

ゼロトラスト・アプローチを導入し、コスト削減を実現した組織が増加

位置ポインターの線画

ゼロトラストを導入した組織の割合が、 2021年の35%から、2022年には41%に増加しました。ゼロトラストを導入していない組織は、ゼロトラストを導入した組織と比較して、データ侵害にかかるコストが平均で100万米ドル多くなっています。

XDRテクノロジーにより、対応時間を1カ月短縮

人物を中心に据えた盾の線画

XDRを実装している組織は、XDRを実装していない組織と比較して、データ侵害を特定し、阻止するまでの時間を平均で約1カ月短縮しています。

次のステップ