z/OS Connect Enterprise Editionの機能

メインフレームをつなぐRESTful API

RESTful APIを使用してアプリケーションとデータを公開するか、または外部APIを呼び出す機能を使用して既存のメインフレーム・アプリケーションを拡張します。

ポイント・アンド・クリックによるAPIのマッピング、コード変更は不要

既存のプログラムを変更することなく、メインフレーム資産を公開できます。直感的なビジュアル・エディターを使用すると、APIの作成がポイント・アンド・クリックと同じくらい簡単にできるようになります。

包括的なサブシステムのサポート

z/OS Connect Enterprise Editionは、IBM CICS®およびIBM IMS™のアプリケーション、IBM Db2®データ、MQキュー、WOLA対応z/OSアプリケーションをサポートします。追加のサブシステムは、IBM Data Virtualization Manager、IBM HATS、IBM File Manager、Hoganなどサード・パーティー提供のものを含む拡張機能によって、サポートできます。

API管理ソリューションとの容易な統合

API Connectにアクセスする

OpenAPIの記述はAPI向けに自動的に作成されるため、IBM API ConnectなどのAPI管理ソリューションに容易にインポートできます。

z/OS上の主要なビジネス資産の価値を活用

お客様導入事例

Wüstenrot社

Wüstenrot社は、顧客の期待に応えるために、Container Pricing for IBM® Z®を活用し、IBM z/OS® Connect Enterprise Editionを実装しました。