watsonx.governanceでAIモデルを統制
一般提供開始:単一の統合プラットフォーム上で生成AIモデルと機械学習(ML)モデルを管理します。
無料評価版を試す デモの予約
モデル・ガバナンス・ダッシュボードの製品画面
AIモデルのガバナンス:選択の活用

生成AIは、生産性を向上させ、莫大な経済効果を生み出す可能性を秘めています。しかし、そのモデルにはこれまでにない複雑さとリスクが伴います。生成AIモデルを使用するか、従来型のMLモデルを使用するかに関係なく、すべてのモデルにはガバナンスが必要です。

AIガバナンスのためのIBM® watsonx.governanceのツールキットは、モデルの選択肢と柔軟性を提供します。このツールキットを使用して、 IBM watsonx.ai上に構築された生成AIモデルと、Amazon Bedrock、Microsoft Azure、Open AIなどのサード・パーティー製プラットフォームに構築された生成AIモデルを管理します。watsonx.governanceを使用すると、サード・パーティー製ツールで構築されたMLモデルも管理できます。どちらのモデルも、クラウドまたはオンプレミスのいずれかの導入環境を選択できます。

IBM、IDC MarketScape: Worldwide AI Governance Platforms 2023のリーダーに選出
AIモデルに関連するリスクを見る
EUのAI法への備え:AIの新たな規制がビジネスに与える影響
メリット 単一のプラットフォームでガバナンスに対応

単一の統合プラットフォームでエンタープライズ対応のマルチモデル・ツールセットを利用し、生成AIモデルとMLモデルの両方の管理を自動化します。

価値実現までの時間を短縮

AIライフサイクル全体にわたってツールとプロセスを自動化し、人的ミスを削減して、責任ある安全な方法でAIの開発を推進します。

責任ある倫理的なAIの推進

正確性、公平性、説明可能性を高める透明性の高いモデル・プロセスを提供し、モデルの健全性と機能を明確に文書化します。

仕組みを見る

企業の生成AIを効果的に管理するためには、モデル、ユーザー、データ・セット、規制に伴って新たに増大するリスクを監視し、軽減することが不可欠です。watsonx.governanceは、これを実現するために3つの主要な機能を備えています。

生成AIのデータ・シートを読む
追跡と透明性 watsonx.governanceは、ファクトシートを使用してモデルの情報を自動的に記録し、監視します。IBMでは、モデルに関するすべての関連情報のリポジトリーが含まれたファクトシートを、モデルの「栄養成分表示」と呼んでいます。ファクトシートは、モデルのライフサイクル全体にわたる、パフォーマンスとリスク管理の包括的な可視化を促進し、開発活動とパフォーマンス・メトリックの記録として機能します。ユーザーはファクトシートをダウンロードしたり、関係者に添付ファイルとして送信したり、監査をサポートすることができます。

モデルの評価と文書化 評価の指標は、テキストの要約、テキストの分類、翻訳、コンテンツ生成、検索拡張生成(RAG)、Q&Aなど、さまざまなユースケースに対応しています。AIライフサイクル全体を通じてプロンプトのパフォーマンスをチェックできるため、高精度のパフォーマンスを確保し、潜在的に有害または不適切なコンテンツの生成を防ぐことができます。ファクトシートを使用して、これらの評価の指標を文書化します。

モデルの監視 パフォーマンス・メトリックを監視し、ドリフト、品質、安全性に関する問題を回避します。事前に設定されたしきい値に基づいて、生成AIモデルの入出力を監視し、有害な言葉、ヘイト・スピーチ、罵倒や冒とく的な言葉が検出された場合にアラートを発します。watsonx.governanceはデータのサイズ、遅延、スループットの変化を監視します。
watsonx.governanceを使用して、サード・パーティー製ツールに組み込まれたMLモデルを管理できます。
次のステップ

生成AIとMLの両方のモデルで、責任あるAIの拡張を実現します。

無料評価版を試す デモの予約
その他の参考情報 IBMビジネス・パートナー コミュニティー 資料 AIコンサルティング 生成AIの学習シリーズ 製品の最新情報を見る AI関連の最新情報の購読
脚注

IBMの計画、方向性、意図は、IBMの裁量により、予告なく変更または撤回される場合があります。詳しくは 料金体系 をご覧ください。ソフトウェアの料金体系で特に明記がない限り、すべての機能、性能、潜在的な更新は、SaaSのみを対象とします。IBMは、SaaSとソフトウェアの機能や性能が同じであることを表明するものではありません。