watsonx 料金体系
watsonxは、AIの効果をビジネス全体に拡大するために設計された、企業向けAIとデータのプラットフォームです。
無料評価版を試す ライブ・デモの予約
watsonxソフトウェア製品のスクリーン・ショット
watsonxの料金体系

モデルの学習、調整、検証、展開を行う次世代スタジオと、オープンなデータレイクハウス・アーキテクチャーに基づくAIワークロードの拡張に適したデータ・ストアをご活用ください。

組織のAIアクティビティーを指揮、管理、監視するためのガバナンス戦略を策定します。

watsonxサブスクリプションのさまざまな料金体系オプションをご確認の上、ハイブリッドクラウド・プラットフォーム上に構築された実稼働グレードのAIアプリケーションの構築を開始してください。

無料評価版を試す
料金体系オプション(SaaS)
無料評価版 無料 はじめに

 

無料評価版で信頼できるデータを使用して、AIの効果を拡張および加速します。

Essentials 個人、POC

 

watsonxは、AIライフサイクル全体で、基盤モデルを活用した新しい生成AI機能と従来の機械学習を統合します。

Standard エンタープライズ、実稼働用

 

オープン、ハイブリッド、管理されたデータ・ストア上に構築された強力なプラットフォームです。

watsonx.ai

1,000トークン当たりのモデル推論**2

キャパシティー・ユニット時間に基づくMLツールとMLランタイム1

モデル別料金体系はこちら

 

  

ML機能(20CUH/月)1

推論 (50000 トークン制限/月)2

プロンプト・ラボ

オープンソース・モデル

IBMが開発したwatsonxの各モデル

合成データ生成

 

月額0米ドル:段階料金

機械学習

推論

プロンプト・ラボ

オープンソース・モデル

IBMが開発したwatsonxの各モデル

合成データ生成

 

月額1,050米ドルから:段階料金

機械学習

推論

プロンプト・ラボ

オープンソース・モデル

IBMが開発したwatsonxの各モデル

合成データ生成

今後の提供予定3:

プロンプト・チューニング

モデル・ホスティング

個人所有モデルの業務使用

watsonx.data

サポート・サービス:1時間当たり3米ドル

キャッシュ最適化ノード(16vCPU、3.8TB NVMe):1時間当たり2.8米ドル

コンピュート最適化ノード(72vCPU、1.8TB NVMe):1時間当たり6.5米ドル

詳細はこちら

   

  

  

1,500米ドル分の無料クレジット、30日間有効

HiveメタストアとIcebergカタログ

インフラストラクチャー管理とクエリー編集

Presto、Spark、Db2 Warehouse、Netezzaの統合

 

HiveメタストアとIcebergカタログ

インフラストラクチャー管理とクエリー編集

Presto、Spark、Db2 Warehouse、Netezzaの統合

 

watsonx.governance

リソース単位1当たり

  • 評価2

  • 大域的な説明4

  • 500個の局所的な説明5

以下に対する評価2を実行:

  • 生成AIまたはMLの品質

  • LLMまたはMLのドリフト

  • LLMまたはMLモデルの正常性

  • MLの公平性

    詳細はこちら

     

予測モデルと基盤モデルの評価、監視、ライフサイクル追跡、ファクトの自動文書化を行います。

  • 最大200個のリソース単位1

  • 最大1000個のレコード/評価2

  • 最大3行/ユースケース

  • 最大3個のユースケース

  • 1個の大域的な説明当たり最大500個の局所的な説明4

  • 最大1個のインベントリー

無料

予測モデルと基盤モデルの評価、監視、ライフサイクル追跡、ファクトの自動文書化を行います。

  • 最大5万個のレコード/評価2

  • 大域的な説明当たり最大500個の局所的な説明4

  • 最大500個のインベントリー

0.60米ドル/リソース単位

今後の提供予定3:

ソフトウェアの料金体系

watsonx.aiは、ソフトウェアとして提供しています。watsonx.aiソフトウェアの料金体系は、仮想プロセッサー・コア(VPC)の数に基づいています。ソフトウェアの機能には、SaaS(Essentials版)が含まれます。

watsonx.dataは、ソフトウェアとして提供しています。watsonx.dataソフトウェアの料金体系は、仮想プロセッサー・コア(VPC)の数に基づいています。ソフトウェアの機能には、SaaS(Standard版)に加えて、Apache Spark搭載IBM Analytics Engine、IBM Storage Fusion、IBM Storage Ceph、IBM Cloud Pak for Dataプラットフォーム・ソフトウェア、Red Hat OpenShift、その他がバンドルされています。

watsonx.governanceソフトウェアの一般出荷可能日は、2024年第一四半期の予定です。watsonx.governanceソフトウェアの料金体系は、仮想プロセッサー・コア(VPC)の数に基づいています。ソフトウェアの機能には、SaaS(Essentials版)が含まれます。

詳細情報はこちら

ビジネス向けの生成AIと機械学習を運用化し、拡張を推進します。

無料評価版を試す ライブ・デモの予約
その他の参考情報 IBMビジネスパートナーになる 資料 コミュニティー サポート
脚注

1キャパシティー・ユニット時間の料金体系は、請求月内に使用される環境とツールによって異なります。

2基礎モデル推論の場合、料金は1,000トークン(出入力トークンの両方を含む)に相当するリソース・ユニット(RU)単位に基づいて計算されます。

3その計画、方向、および意図に関するIBMのステートメントは、IBMの独自の裁量により、通知なしに変更または撤回される場合があります。将来の潜在的製品に関する情報は、一般的な製品の方向性を概説することを目的としており、購入の決定はこれに依存するべきではありません。将来の潜在的製品に関する情報は、資料、コードまたは機能の提供を確約、保証または法的に義務付けるものではありません。将来の潜在的製品に関する情報は、いかなる契約にも組み込まれるものではありません。IBMの裁量に基づき、IBM製品の将来の特長または機能の開発、リリースおよびその時期を決定します。

4大域的な説明では、使用モデルの挙動に最大の影響を与える機能を特定します。

5局所的な説明では、予測モデルのMLの個々のトランザクションを説明します。

 Software 料金体系で特に指定されていない限り、すべての主要な機能、ケイパビリティー、および潜在的な更新は、SaaS のみを参照します。IBMは、SaaSとソフトウェアの主要な機能およびケイパビリティーが同じであることを表明するものではありません。

SaaSレベルは、各プラットフォーム・コンポーネントに個別に適用されます。