IBMとCisco DNA Spacesは、AI主導の占有に関する洞察のために協働しています

IBM TRIRIGA Building Insights

すべての建物、施設、およびスペースにおける占有状況の把握

IBM TRIRIGA Building Insightsは、IoTとAIを利用して、データの接続と安全な保管を実現しています。このデータを使用して、建物の異常を把握、分析、視覚化します。感知度の優れたWebアプリケーションを通じて建物のシステム、センサー、外部製品を接続するクラウド・ベースのオファリングです。1回のクリックで、今後の占有の予測など、AIを利用した洞察を全社規模で取得できます。

おすすめする理由

単一のソース

IBM TRIRIGA統合型職場管理システム(IWMS)との統合により、企業にとって信頼できる唯一の情報源を実現します。

使いやすいダッシュボード

施設管理チームとスペース管理者のニーズに基づいて構築された、使いやすいダッシュボードです。

使用率レベルの表示

TRIRIGAで管理されている、十分に活用されていない施設や過密になっている施設を明確に可視化します。

チャージバックの設定

組織にスペースを割り当てて、チャージバックの割り振りを確立します。

洞察の獲得

Watson AIからの洞察により、データの品質を向上させます。

占有要件に対応

入居者が必要とする適切なサービスとスペースを提供します。

技術的詳細

ソフトウェア要件

Microsoft Windows 7、8 Classic、10とApple OS X10.10、10.11のオペレーティング・システムに対応しています。

ハードウェア要件

ハードウェア要件はありません。

技術仕様

以下のブラウザーをサポートしています:Google Chrome、Mozilla Firefox ESR、Firefox Current、Apple Safari 8および9、Microsoft Internet Explorer 11。