Zの保護についてZユーザーよりも詳しい人は誰か?

Zの保護についてZユーザーよりも詳しい人は誰か? 今すぐZセキュリティー・コミュニティーに参加する (英語)

IBM Z Multi-Factor Authentication - Updated for V2.0の製品の詳細をご確認ください。

IBM Z Multi-Factor Authenticationの概要

メインフレームは、ビジネスの中核をデジタル変革のあらゆる面に結び付け、プラットフォームのはるか外側にいるユーザーにサービスを提供するため、すべての役割および特権のユーザーに対応する認証戦略が必要になります。

ログオン・セキュリティーの強化

いずれか1つの要素が特定されたとしても、複数の認証要素の要求によりアカウントを保護し、重要なアプリケーションやデータへのリスクを軽減します。

規制準拠の簡素化

PCI-DSS、NIST、GDPR、PSD2、およびカリフォルニア州のCCPAやブラジルのLGPDなどの新たな義務を含む、規制要件および業界要件に対応し、ユーザー認証と監査サポートの強化を図ります。

管理の一元化と簡素化

RACFにおける要素の情報を一元化し、制御を簡略化、要素の実装を迅速化して、管理の効率性を高めます。

IBM Z Multi-Factor Authenticationの機能

  • z/VMオペレーティング・システムへの拡張(2.1の新機能)
  • 資格情報が生成されたシスプレックス・クラスターの境界の内外で、セキュアな資格情報の生成をサポート(2.1の新機能)
  • 監査とプロビジョニングでRACFの拡張
  • RACFデータベース・サポートの一元化
  • RADIUSのサポート: RSA、Gemalto、および汎用
  • IBM ISAM統合
  • IBM CIV統合
  • Yubicoのネイティブ・サポート
  • IBM TouchTokenおよび汎用TOTP
  • 証明書ベースの認証、PIV、CACカードのサポート
  • 複合認証
  • フォールト・トレランスおよびアプリケーションの除外