IBM Z Multi-Factor Authentication
拡張されたメインフレームのユーザー認証とトークン認証により、企業全体のログオンセキュリティを強化
IBM Z® のセキュリティー・ワークショップはこちら
暗い背景にドットのグリッドパターン
多要素認証がビジネスにもたらすメリット

IBM Z® Multi-Factor Authentication (IBM Z MFA) は、多要素認証を通じて z/OSz/VM®Linux® on Z へのユーザー・ログインを保護するソフトウェアです。

メインフレーム・システムとは、世界最大の企業や組織のほとんどにとって信頼できるデジタル・エクスペリエンスの基盤です。ただし、クリティカル・ユーザー、データ、およびアプリケーションを保護するパスワードは、実装と制御の両方でユーザーの教育プログラムとコンプライアンスに依存しているため、ハッカーが開発、(市場)開拓、宣伝、利用するための比較的単純な攻撃ポイントです。犯罪者は、ソーシャル・エンジニアリングやフィッシングなどのさまざまな方法を使用して、従業員、パートナー、一般ユーザーを悪用し、最も安全なプラットフォームにさえハッキングしています。

IBM Z MFA は、包括的でユーザー中心のストラテジーのための拡張された認証機能とオプションを備えたミッションクリティカルまたは極めて重要なシステムの保証レベルを高めます。これにより、パスワードの侵害やシステム・ハッキングのリスクを軽減するのに役立ちます。当社のデザイナーは、IBM Z MFA ユーザーでもあります。新しいバージョンごとに、実際のメインフレーム・セキュリティー・シナリオに関する知識と専門知識が組み込まれています。

X-Force Threat Intelligence Index 2024を入手する

2023年、組織内でIDを悪用したサイバー攻撃が71%急増しました。IDを最大限に保護する方法については、新着レポートをご覧ください。

メリット ログイン・セキュリティーの強化

アカウントを保護し、クリティカル・アプリケーションとデータのリスクを軽減するために、複数の認証要素が必要です。要因の 1 つが発見された場合でも、保護されたままにします。

規制遵守を緩和する

PCI-DSS、NIST、GDPR、PSD2に加え、カリフォルニア州のCCPAやブラジルのLGPDなど、新たな規制や業界の要件に対応します。

管理の一元化と簡素化

要因情報を RACF に一元化して、制御を単純化し、要因デプロイメントを加速し、管理効率を向上させます。

主要な機能

最新 IBM Z Multi-Factor Authentication の機能 (バージョン 2.2)

  • 交換可能な認証モジュール
  • 選択した MFA 要素の複数のインスタンスの構成
  • 「Console Modify」コマンドの追加
  • ポリシー認証の顧客使用に関するドキュメントと正式なサポート
  • キャッシュ・トークンの認証情報を受け取るブラウザクライアントが、そのような認証情報の表示をマスクすることを要求するMFA設定オプション
  • RSA セキュリティーID認証のサポート
  • Webベースの ESM パスワードのリセット機能

追加の IBM Z Multi-Factor Authentication の機能 (バージョン 2.2)

  • z/VM オペレーティング・システム間で拡張 (2.1 の新機能)
  • 資格情報が生成されたシスプレックス・クラスターの境界内および境界外でのセキュア資格情報の作成をサポートします (2.1 の新機能)
  • RACF、ACF2、および TopSecret の監査およびプロビジョニングによる拡張機能
  • 集中型 RACF、ACF2、および TopSecret データベースのサポート
  • RADIUSサポート:RSA、Gemalto、ジェネリック
  • IBM ISAM 統合
  • IBM CIV 統合
  • Native Yubicoサポート
  • IBM TouchToken と汎用 TOTP
  • 証明書ベースの認証、PIV、CAC カードのサポート
  • 複合認証
  • フォールト・トレランスとアプリケーションの除外
参考情報 IBM Z セキュリティー・ワークショップ:基本および上級

基本レベルと高度なレベルの評価を提供して、メインフレームのセキュリティー・フレームワークが組織と業種・業務のベスト・プラクティスに従っていることを確認します。

製品ドキュメント

IBMプロダクトの資料で知りたい回答をすばやく見つけることができます。

ソリューション概要

IBM Z Multi-Factor Authentication 2.1の詳細はこちら

次のステップ

IBM Z Multi-Factor Authentication要件について話し合い、料金体系情報は、お問い合わせください。IBM Security® Communityに参加して、ディスカッション、ブログ記事、その他の参考情報にアクセスしてください。

コミュニティーに参加