IBM FlashSystem 5000の主要な機能

IBM Spectrum Virtualizeで構築

IBM Spectrum Virtualizeは、IBM FlashSystem 5000のデータ・サービス基盤を提供します。IBM Spectrum Virtualizeの先進の機能には、500を超えるIBMおよびIBM以外の異機種混合ストレージ・システムに適用可能な、幅広いデータ・サービスが含まれます。ここには、自動データ移動、オンプレミスまたはパブリッククラウドへの同期/非同期コピー・サービス、高可用性の構成、ストレージの階層化、重複排除などのデータ削減テクノロジーなどが含まれます。

AI主導型管理と予防的サポート

Storage Insightsの詳細はこちら

IBM Storage Insightsにより、ストレージの容量とパフォーマンスの傾向をよりよく理解し、サポートが必要な場合に迅速に問題を解決できます。Storage Insightsは、単一の画面で、IBMのブロック・ストレージと管理対象の外部ストレージの正常性、容量、パフォーマンスを監視します。AIに基づいた予測分析を使用して、潜在的な問題が実際に問題を引き起こす前に特定します。サポート・チケットの発行を簡素化し、ログのアップロードを自動化するため、サポートが必要な場合に迅速に解決できるようにします。

使いやすい管理ツール

ポイント・アンド・クリック方式の管理機能を備えた直観的でシンプルなWebベースのGUIによって、ITの生産性を向上させます。 データ削減プール、Easy Tier、Bridgeworks WANrockITによるIP複製などのIBM Spectrum Virtualizeテクノロジーは、自動的に動作し、カスタマイズはほとんど必要ありません。

全世界的なビジネス・パートナーのネットワーク

IBMのビジネス・パートナーの詳細はこちら

IBMビジネス・パートナーをご利用いただくことで、お客様は実装を成功へと導くテクノロジー、サービス、最善の手法を手にすることができます。これらのパートナーは、データが増加してもパフォーマンス、効率性、管理のしやすさを維持できる、拡張性の高いソリューションの実現を支援します。 お客様の最寄りのビジネス・パートナーについては、IBMのPartnerWorldサイトにアクセスし、データベースを検索してご覧ください。

ハイブリッド・マルチクラウド全体に機能を導入

IBM Spectrum Virtualize for Public Cloudの詳細はこちら

IBM CloudおよびAWSで使用可能なIBM Spectrum Virtualize for Public Cloudは、IBM FlashSystem 5000と連携し、オンプレミス・ストレージとパブリッククラウド間で一貫性のあるデータ管理を提供します。オンプレミスとパブリッククラウド間でのデータとアプリケーションの移動、新しいDevOps戦略の実装、2つ目のデータセンターのコストの不要な障害復旧のためのパブリッククラウドの使用、「エア・ギャップ」クラウド・スナップショットによるサイバー・レジリエンシーの向上が可能です。

コンテナにエンタープライズ・サービスを提供

IBM FlashSystem 5000は、ご使用のコンテナに必要なパフォーマンス、データ効率、保護機能、俊敏性を提供します。実動ワークロードの実行に必要なエンタープライズ・データ・サービスと、お客様のDevOpsチームが必要とするKubernetesのオーケストレーションおよび柔軟性の両方を提供します。IBM Spectrum Virtualize™ファミリーの最重要製品であり、最も要求の厳しいアプリケーション、サービス、マイクロサービスを、マルチクラウド戦略の基礎となる俊敏性で実行できる高性能ソリューションです。

データ削減オプション

ブロックの重複排除と圧縮の機能を備えたデータ削減プールにより、効率性を向上させます。さらに、SCSI UNMAPを採用しているため、無関係なデータを削除した時点でストレージ・スペースを開放できます。 IBM FlashSystem 5000は、データを削減することで、圧縮データに関わる性能を向上させます。これにより、システムの存続期間を通して、取得コストの削減、ラック・スペースの縮小、電力コストと冷却コストの削減などのメリットを得られます。

IBM EasyTier

IBM Easy Tierは、アクセス頻度の高いデータ要素を高性能なフラッシュ・ストレージに自動的に移行します。階層型ストレージ環境で、インフラストラクチャー・コストとパフォーマンス・ニーズのバランスを取れるようにします。

IBM FlashWatchで安心感を確保

IBM FlashWatchの詳細はこちら

すべてのIBM FlashSystem 5000実装環境には、導入と運用のリスクの低減、保守費用の削減、インフラストラクチャーの計画推進などに役立つ、保証、アップグレード・プログラム、拡張サポート・オプションのパッケージが含まれています。「FlashWatch」パッケージには、IBMコントローラー・アップグレード・プログラム、7年分の24時間365日のサポート、耐久性と保守の保証が含まれます。

99.9999%の可用性

データの可用性は、企業にとって極めて重要です。ダウン時間が発生すると、顧客ロイヤルティーの損失や財務コストの増加といった影響をすぐに受けます。最新のソフトウェアが組み込まれたIBM FlashSystem 5000は、シックス・ナイン(99.9999%)のデータ可用性を実現します。これらのシステムには単一障害点がなく、企業が認めた制御ソフトウェア、I/Oによる並行保守実行機能が含まれます。さらに、クラウド・ベースのIBM Storage Insightsが構成エラーを検出し、可用性をさらに向上させます。