IBM FIRST Risk Case Studies
運用リスクと企業リスクをプロアクティブに管理するためのリスクイベントデータベース
サーバールームで作業中にラップトップを使用している人

IBM FIRST Risk Case Studies は、外部リスク事例のデータベースで、金融サービス業界全体のリスク事象を分析することができます。コーポレート・ガバナンス、戦略的問題、不正行為、プロセスエラー、市場慣行、ビジネス・リスクに関連するエクスポージャーの多様なケーススタディを提供することで、リスクをより総合的に理解することができます。年間サブスクリプションとして提供されるこのソリューションは、内部データを補完し、複雑なシナリオ・モデリングを可能にすることで、オペレーショナル・リスク管理およびエンタープライズ・リスク管理の改善を支援します。

製品ハイライト
包括的なリスクデータベース

17,000 を超えるリスク損失イベントを業界全体でカバーする調査データベースにアクセスできます。

分析の詳細

潜在的なリスクエクスポージャーのより効果的な特定をサポートすることで、より適切な投資計画を可能にします。

費用対効果の高い Web アクセス

外部リスク事例の包括的で継続的に更新されるデータベースへの使いやすい Web ベースのアクセスを提供します。

主な機能
ベンチマーキング

競合に関する洞察を提供し、内部損失データを同業他社と比較ベンチマークできるようにします。

詳細な分析

各損失イベントを分析して、根本原因、制御の失敗、学んだ教訓、管理者の対応、余波を特定する詳細な説明が含まれています。

定量分析

リスクデータ(イベント発生時の損失額など)を定量的に分析できます。あなたの機関が潜在的にさらされる可能性のあるリスクの規模を理解するのに役立ちます。

分類機能

コンプライアンス違反を分類して、規制の傾向と問題についての洞察を得ることができます。

専門家による成功に役立つ参考情報はこちら
製品ドキュメント

IBMプロダクトの資料で知りたい回答をすばやく見つけることができます。

詳細はこちら
コミュニティー

製品の他の利用者から技術的なヒントや洞察を入手できます。

詳細はこちら