概要

IBM Security Guardium Data Risk Managerによるリスクの軽減

把握していない問題が、損失をもたらすことがあります。 ビジネス・プロセス、運用、競争力に影響を及ぼす可能性のある重要なビジネス・データへのリスクを特定して、問題の発生を防ぐ必要があります。 IBM Security® Guardium® Data Risk Managerは、お客様とお客様のチームにビジネスで消費可能なデータ・リスク・コントロール・センターを提供し、データ関連のビジネス・リスクを発見、分析、視覚化して、お客様のビジネスをリスクから保護する措置を取れるようにします。

データ・リスクの評価

データ・リスクの評価(01:56)

Guardiumをお勧めする理由

Guardiumの充実した機能で価値を早期に実感

9項目中、9
項目が、IBM Security Guardiumを「強く勧められる」としており、製品群のリーダーに選出されました。

4.7
兆件/月のセキュリティー事象が、IBMが監視する130以上の国と地域で発生しています。

401%
のROIを達成し、3年間で500万米ドルの利益を得たお客様からの報告です。

メリット

ビジネス上重要なデータの特定

社内外の脅威から危険にさらされている価値の高いビジネスの機密情報資産を特定します。 最重要データに関連するビジネス・メタデータのエンドツーエンド・ビューを提供します。

潜在的リスクの分析

機密性の高いビジネス情報資産、データ、およびプロセスに影響を及ぼす可能性のあるリスクを迅速に視覚化します。

データ漏えいの視覚化

ビジネスで消費可能なデータ・リスク・コントロール・センターを通じて、経営層に重要データの持つ意味と価値を伝えます。 IT部門、セキュリティー部門、基幹業務の各部門との対話を可能にすることで、プロセス改善とリスク軽減を図ります。

機能

IBM Security Guardium Data Risk Managerでセキュリティー・タスクを高速化する方法

料金体系

IBM Security Guardium Data Risk Managerを活用して、お客様の環境で発生するデータ関連のリスクを解明します。

お客様事例

IBM Security Guardiumの関連製品

より高度なデータ保護を実現する他のGuardium製品をご覧ください。

参考情報

ハードウェア要件

仮想アプライアンスとして提供

  • ハイパーバイザーにすぐにインストール可能
  • 最小プロセッサー数:4
  • 必要なメモリー(RAM): 16GB以上
  • ネットワーク要件: デュアル1ギガビット/秒(Gbps)
  • 最小ストレージ: 200GB
     

Data Risk Managerのソフトウェア要件はありません。

Webセミナー

Guardium技術解説: データ・リスク管理のための統合的アプローチ

価値の高いビジネス機密情報を特定し、関連するビジネス・リスクを克服する仕組みを説明します。

リスク管理は万全か。 経営幹部にデータ・セキュリティーを浸透

バラバラになったセキュリティーに関する技術的情報を、エンドツーエンドな視点から把握する方法について説明します。

データ・リスクの隔たりを解消

迅速かつ効果的な意思決定を可能にし、経営幹部とITセキュリティー担当者との隔たりを埋めるのに役立つ、焦点を絞った一連の指標をご覧ください。

分析レポート

2022年版データ侵害のコストに関する調査

データ侵害のコスト増加の主な原因と、セキュリティー侵害のリスクを最小限に抑えるために、企業ができることを説明します。

データ・リスクの重要性

IT担当者がビジネスに関わるセキュリティーの洞察をタイムリーにビジネス・リーダーへ提供することを阻む課題と、データ・セキュリティーを提供する方法について説明します。

コミュニティーと学習

Guardiumユーザー・コミュニティー

IBMのユーザー・コミュニティーは13,000人以上の会員を擁しています。 IBMは、サイバーセキュリティーの難題を共に乗り越えていきます。

IBM Security Learning Academy

Guardiumと全てのIBMセキュリティー製品のための、無料の詳細な技術研修です。

資料

Data Risk Manager 2.0.6

IBM Data Risk Managerの製品概要、インストール法、トラブルシューティング、サポート、およびその他のリソースを含む詳細な資料をご覧ください。

次のステップ

Guardiumのエキスパートによる30分間の無料相談で、お客様に最適なオプションを提案します。