IBM Security zSecure Command Verifier
情報リスク管理コマンドを確実に実行
X-Force Threat Intelligence Index 2024を入手する
黒い背景に水玉のテクスチャー
徹底的かつ正確なITリスク評価を確実にします

IBM zSecure Command Verifier は、データに影響を与える可能性のあるコマンドの正確性を確実にします。あなたの組織のデータは、おそらく最も貴重な資産の一つでしょう。そのデータがメインフレーム環境に格納されている場合、情報リスク管理の観点から、アクセスを変更または削除する可能性のある非準拠の管理コマンドを防止してはいかがでしょうか。zSecure Command Verifier は、コマンドが発行されるとすぐに、指定されたポリシーに対してコマンド・キーワードを自動的に認証します。

RACF プロファイルを使用してポリシーを指定し、検証のタイプを決定し、コマンドの実行の防止を含む、非準拠コマンドが検出されたときのアクションを定義します。このツールは、特定のコマンドが発行されるとすぐにアラートを生成し、管理者が間違ったコマンドを発行することによって引き起こされるシステム停止を防ぐのに役立ちます。zSecure Command Verifier は数秒で、プロファイルへの変更を RACF データベースに保管し、プロファイルへの変更がいつ行われたか、およびどの管理者がコマンドを発行したかに関する記録を構築します。

IBM X-Force Threat Intelligenceでサイバーリスクを理解する
ポリシーの適用を監視します

コマンドは入力されるとインターセプトされ、セキュリティー・ポリシーと比較されて、コマンドを実行するかどうかが決定されます。

ITリスク評価の時間を節約

変更に関する情報を数秒で取得して、ログ・ファイルの調査にかかる時間を節約し、特権ユーザーによる偶発的または悪意のあるアクションに関連する IT リスクを軽減します。

セキュリティー管理を強化します

RACF ポリシーを使用して、より焦点を絞ったコマンドを定義および指定します。アラートを生成し、一般的な検証以外のコマンドを付与します。

機能 特権ユーザーポリシーの監視と適用によりデータを保護

スコープ内のすべてのプロファイルを変更または削除できる特権ユーザーによる、準拠していない管理コマンドを防止します。コマンドがバッチ・ジョブから開始されたか、オペレーター・コンソールから開始されたかに関係なく、コマンドが発行されるとすぐに、指定したポリシーに対してコマンド・キーワードを自動的に検証して、ユーザー・エラーの防止に役立ちます。

コマンド情報をすばやく取得

zSecure Command Verifier は、プロファイルへの変更を RACF データベースに保管するため、プロファイルへの変更がいつ行われたか、およびどの管理者がコマンドを発行したかを簡単に検出できます。変更に関する情報を数秒で取得し、工数を節約します。

さまざまなタイプのITリスク評価を定義および決定します

RACF プロファイルを使用してポリシーを指定し、実行する検証のタイプを決定し、コマンドの実行の防止を含む、非準拠コマンドが検出されたときのアクションを定義します。特定のコマンドが発行された場合、即時、ほぼリアルタイムのアラートが生成され、管理者が誤ったコマンドを発行したときに発生するシステム停止を防ぐのに役立ちます。コマンドが変更されたときにメッセージを送信します。特定のコマンドへのアクセス権をユーザーに付与します。

主な機能
  • 特権ユーザーポリシーの監視と適用によりデータを保護
  • コマンド情報をすばやく取得
  • さまざまなタイプのITリスク評価を定義および決定します
  • 一般的なIBMプラットフォームとの統合
技術的な詳細 技術仕様

サポートを受ける資格がある場合、それは zSecure Command Verifier のライセンス契約および/または保守契約に依存することに注意してください。

  • CA ACF2 と CA トップシークレット
  • IBM MQ
  • IBM Integrated Encryption Service Facility (ICSF)
  • Windowsサーバー
  • ペイメントカード業界のデータ・セキュリティー標準 (PCI-DSS)
  • 国防情報システム局セキュリティ技術実施ガイド(DISA STIGs)
ソフトウェア要件

要件: z/OS V2.1 以降をサポートできる、サポートされている IBM z Systems サーバー

  • IBM z/OS V1R12
  • IBM z/OS V1R13
  • IBM z/OS V2R1
ハードウェア要件

z/OS V2.1 以降をサポートできる、サポートされる IBM z Systems サーバー。

  • プロセッサー: Z800 (最小)。 IBM System z9 または z10 エンタープライズ・クラス (EC) (推奨)
  • ディスク容量: 300 MB (最小); 450MB (推奨)
  • メモリ: 1 GB (最小);2 GB (推奨)
参考情報はこちら
サポート

製品サポートのオプションの詳細について学習します。

詳細はこちら
コミュニティー

IBM Security zSecure Command Verifier を使用している他のユーザーから技術的なヒントや洞察を得ることができます。

詳細はこちら
製品ドキュメント

IBMプロダクトの資料で知りたい回答をすばやく見つけることができます。

詳細はこちら