IBM Cloud Pak for Network Automationを最大限に活用

IBM Cloud Pak® for Network Automationは、幅広く多岐にわたるパートナーと協働し、このクラス最高のプラットフォームの機能を強化するカスタマイズされたソリューションを作成します。 この成長するエコシステムのテクノロジー企業やシステム・インテグレーターは、クラウドとAIを活用した自動化により、ゼロタッチのネットワーク運用を実現するためのネットワーク変革に不可欠な役割を果たしています。

​エコシステム・パートナーとソリューション・プロバイダーをユースケース別に表示します。 通信ネットワーク機能、ネットワーク・アクセス、またはエンタープライズ接続性。

通信ネットワーク機能

このカテゴリーのパートナーの詳細については、以下をご覧ください。

通信ネットワーク機能パートナー

Casa Systems社

Casa Systems社は、モバイル、固定、有線、統合サービス・プロバイダー向けの拡張ウルトラ・ブロードバンド5Gソリューションのパイオニアです。 Webスケールで高性能コアおよびアクセス・ソリューションのCasaのsuiteは、5Gに必要なサービスの俊敏性とネットワーク効率を実現するのに役立ちます。

特長とメリット:

  • コア・ネットワーク関数の仮想化(NFV)を最適化
  • 柔軟なNFVの実装を可能にする
  • コアVNFの垂直および水平スケーリングをサポート
  • クラウドネイティブのマイクロサービスを基にしたアーキテクチャーを使用
  • キャリアクラスの信頼性とレジリエンシーを促進


デプロイメントの有効範囲:

  • アクセスおよびモビリティ管理機能(AMF)、セッション管理機能(SMF)、ネットワーク機能リポジトリー機能(NRF)、 ネットワーク・スライス選択機能(NSSF)、Red Hat® OpenShift® Container Platform(RHOCP)上で動作するユーザー・プレーン機能(UPF)4.6
  • IBM Cloud Pak for Network Automation 2.2を介したオンボードおよび配置
  • ​Spirent Landslide UE/gNBエミュレーターを使用した自動化テスト
  • リモートOpenShiftワーカー・ノードに導入された追加UPF
  • UPFワークロード用のOpenShiftリモートワーカー・ノードの導入自動化


認証: IBM Cloud Pak for Network Automationラボ検証済み

その他の参考情報:

Altiostar社

Altiostar社は、オープン・インターフェースをサポートする4Gおよび5GオープンvRANソフトウェアを提供し、無線アクセス・ベースバンド機能を仮想化して、細分化されたマルチベンダー、Webスケール、およびクラウドベースのモバイル・ネットワークを構築します。

特長とメリット:

  • 俊敏性: オープンvRANソリューションでは、ソフトウェアに新機能を導入するためのサイクル ・タイムが短くなり、CI/CDとアジャイル・ソフトウェア開発によって市場投入までの時間が短縮されます。
  • セキュリティー: オープンで標準化されたインターフェースにより、独自の実装に伴う脆弱性やリスクが削除されます。 透明性により、オペレーターは全般的にクラウド環境とネットワーク環境を完全に可視化し、制御できます。
  • プログラマビリティー: 5Gのための新しいオープンvRANアーキテクチャー上の標準化されたアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)が、ほぼリアルタイムのRANインテリジェント・コントローラー(RIC)の導入により実現されます。 オープンAPIにより、無線ネットワークに新たなイノベーションの波が起こります。
  • スケーラビリティー: 標準化されたハードウェアを複数のワークロードで共有できるため、統計的多重化によって利用効率性が向上します。 これにより、CapExが大幅に縮小され、ネットワークのスケールが拡大します。
  • レジリエンシー: オープンvRANでは、単一セル・サイトのアプリケーション負荷を複数のVNFに分散できるため、レジリエンシーが大幅に向上し、単一のCNFで障害が発生した場合の耐障害性が大幅に向上し、インパクトの範囲が小さくなります。
  • 自動化: Red Hat OpenShiftなどのオープンソース・クラウド・プラットフォームをNFVのオープンAPIとともに使用することで、高度な操作自動化が実現し、運用コストが削減されます。 ベースバンド機能はCNFとして導入されるため、新しいセル・サイトの統合(自動コミッショニング)、障害からの検出と自動回復(自己修復)などのさまざまな作動可能タスクを自動化し、OpExをさらに最小限に抑えることができます。


デプロイメントの有効範囲:

  • ​サーバー(BIOS、ファームウェア)の自動化
  • vRANの自動化
  • Cephオートメーション
  • Red Hat Advanced Cluster Management for Kubernetes(RHACM)によるvCU/vDUオンボーディングのサポート(LLS-C3のみ、分散セル・サイト・ゲートウェイ(DSCG)スイッチの自動化なし)
  • RHOCP 4.8シングル・ノードOpenShift(SNO)の導入
  • Siteplannerでモデル化された5Gコア
  • Siteplannerでモデル化された5G RAN


認証: IBM Cloud Pak for Network Automationラボ検証済み

​その他の参考情報:

Samsung社

Samsung 5GコアCNFは、Cloud Native Computing Foundation(CNCF)準拠のオープンソース・ツールセットで完全にコンテナ化されています。 これらはステートレスなマイクロサービス・アーキテクチャーに基づいており、インフラストラクチャーにとらわれないアジャイルなクラウドネイティブ・コア・ソリューションを提供します。 Samsung 5Gコアは、自動化プラットフォームを中心にRAN、コア、MECを統合することでエンドツーエンドのネットワーク操作を自動化し、5Gネットワークのあらゆる変化に対応して操作効率を高めます。

特長とメリット:

  • AMFは、5Gコア・システム内の端末のモビリティー管理と、コア・システム内のNFと端末や基地局との間で制御メッセージを通信する機能を実行します。
  • SMFおよび組み込みGW-C機能は、4G/5G PDUセッションの接続の確立・変更・削除を実行し、課金データを収集し、QoS情報をUPF選択およびUPFに転送します。
  • UPFと組み込みのGW-U機能は、4G/5G PDUセッション管理とポリシー適用、パケット処理、転送機能、およびDPI機能を実行します。
  • NRFはサービス・ディスカバリーを処理し、SBAベースの5Gコア・シグナリング・プレーンで利用可能なNFインスタンスとサポートされるサービスを管理します。
  • NSSFは、5G UEに適したネットワーク・スライスの選択を提供します。


デプロイメントの有効範囲:

  • Samsung 5Gモビリティー管理エンティティー(MME)、AMF、SMF、NRF、NSSF、UPF はRHOCP 4.8で動作しています
  • IBM Cloud Pak for Network Automation 2.2を介してオンボードおよび配置
  • ​ネットワーク5Gコアの自動構成
  • RAN CU、RAN DUの自動構成
  • コアCNFのCNFレベルの自動スケーリング
  • 故障時のロールバック自動化
  • 初期導入後のサービス検証テスト・ツール
  • ​ゼロタッチ・プロビジョニング


認証: IBM Cloud Pak for Network Automationラボ検証済み

その他の参考情報:

HPE社

HPE社のオープン・クラウドネイティブ・ソリューションは、エンタープライズ・エッジ、通信ネットワーク、および複数のクラウドにまたがっています。 HPE社はパートナーと共に、通信事業者が運用を自動化し、効率を高め、ビジネスを変革するのを支援します。 HPEを用いて、5Gとエッジを活用して新しい差別化されたサービスを作成し、スケーラブルで最適化されたインフラストラクチャーに基づくオープンなマルチベンダー・ソリューションを通じてネットワークを分離し、消費ベースのモデルを使用して新しい市場に参入するリスクを軽減し、操作の複雑さを管理するためにAI/MLベースの自動化を実現できます。

特長とメリット:

  • 認証サーバー機能(AUSF)は、リクエスター・ネットワーク機能(NF)に対してユーザー機器(UE)を認証します。 リクエスターNFにキーイング材料を提供します。 認証サービス操作により、リクエスターNFは、UE IDとサービス提供ネットワーク名を与えることにより、UEの認証を開始できます。
  • ポリシー制御機能(PCF)は、ビジネス・サポート・システム/オペレーション・サポート ・システム(BSS/OSS)ドメイン、コア・ネットワーク・ドメインおよびコンテンツ・アプリケーション・ドメインのネットワーク・サービス・プロバイダー向けに、収束ポリシー管理およびリアルタイム・ポリシー決定ソリューションを実装するために使用されるキャリア・グレードのソフトウェア・ソリューションです。
  • 統合データ管理(UDM)は、クラウドネイティブになるように特別に設計されており、第3世代パートナーシップ・プロジェクト(3GPP)サービス・ベースのアーキテクチャーに基づいているため、ベンダーによる囲い込みを回避できます。 HPE 5G NFは、自己修復、スケーラブル、モジュール化、および自動化されており、より高速なネットワーク更新を可能にするのに役立ちます。
  • 統合データ・リポジトリー(UDR)は、3GPP標準に従って、5G NFに公開できる構造化データ・ストレージ・サービスを提供します。 オープンで安全なクラウドネイティブになるように特別に設計されており、3GPPサービス・ベースのアーキテクチャーを使用しているため、ベンダーによる囲い込みを回避できます。 HPE 5G UDRはACIDに準拠しており、高可用性、地理的冗長性、ハイブリッド・ストレージ、共通のプロビジョニング・ゲートウェイを提供します。
  • 非構造化データ・ストレージ(UDSF)は、3GPP標準に従って、5GコアNFの非構造化データの保存と取得のためのサービスを提供します。


デプロイメントの有効範囲:

  • HPE 5G UDM/UDR/AUSF/PCF/UDSF/統合ホーム・サブスクライバー・サーバー(iHSS)/IgniteがRHOCP 4.8上で稼働
  • IBM Cloud Pak for Network Automation 2.2
  • を介してオンボードおよび配置
  • ​自動化されたネットワーク5Gコア構成
  • RAN CU、RAN DUの自動構成
  • コアCNFのCNFレベルの自動スケーリング
  • 故障時のロールバック自動化
  • 初期導入後のサービス検証テスト・ツール
  • ゼロタッチ・プロビジョニング


認証: IBM Cloud Pak for Network Automationラボ 検証済み

​その他の参考情報:

Enea社

Enea社の5G MicroCoreは、独自のプライベート5Gソリューションであり、完全で展開の準備が整っています。 これには、商品化までの時間を短縮するためのサブスクライバー統合、サブスクリプション・プロビジョニング、およびSIMカードの有効化が含まれます。 簡単に言えば、プライベート5Gを考慮したすべての業種向けのすぐに使えるビジネス・データ管理ソリューションです。 5G MicroCoreには、UDR、UDM、AUSF、ミニホーム・サブスクライバー・サーバー(HSS)が含まれます。 Enea社の5G MicroCoreは、すべての5Gコアおよびエッジ機能にわたってデータを保存および管理し、4G/5G相互作用をサポートし、世界中の複数の商用導入で実証されたテクノロジーに基づいています。

特長とメリット:

  • ビジネス指向: 製品は自己管理機能を使用したゼロタッチ操作を備えているため、ビジネス・ロジックを迅速に適応させることができます。
  • コンテナ化とクラウドネイティブ: 5G MicroCoreは、エンタープライズ・エッジ・アーキテクチャーにシームレスに統合するように設計された、コンテナ化およびモジュール化されたアーキテクチャーを使用します。 
  • SaaS価格モデル: このソリューションは、Industry 4.0のすべてのユースケースに対応するように設計および開発されており、ネットワークの経済性を改善することで、実行可能なエッジ5Gエンティティーを作成します。
  • 高い相互運用性
  • 導入の自動化
  • 包括的な俊敏性: 企業は、Enea社のデータおよびトラフィック管理機能を活用する完全なソリューションから利点を得ることができます。


デプロイメントの有効範囲:

  • RHOCP 4.6で動作する UDM、AUSF、PCF
  • Cloud Pak for Network Automation 2.2
  • Casa Systems 5Gコアと統合され、フル5Gコア・コンポーネントを備えています


​認証:  IBM Cloud Pak for Network Automationラボ検証済み

その他の参考情報:

ネットワーク・アクセス

このカテゴリーのパートナーの詳細については、以下をご覧ください。

ネットワーク・アクセス・パートナー

F5社

F5 BIG-IPローカル・トラフィック・マネージャー (LTM) は、 あなたの アプリケーションを信頼性が高く、安全で最適化された方法でユーザーに配信します。 クラウド、仮想、および物理インフラストラクチャーを管理するために必要な プログラマビリティーを備えたアプリケーション・サービスの拡張性と柔軟性を手に入れることができます。 BIG-IP LTMを使用すると、アプリケーション・サービスをより迅速 かつ予測どおりにスケーリング、自動化、カスタマイズすることができます。 BIG-IP DNS は、大量のクエリーやDNS DDoS攻撃時にハイパースケールとセキュリティーを提供します。

特長とメリット:

1) F5 BIG-IP IP LTM: 

  • アプリケーションを迅速かつ確実に拡張します。
  • プログラマブルな インフラストラクチャーで自動化とカスタマイズを実現します。
  • 仮想環境、クラウド環境への移行。
  • アプリケーションの導入と管理の簡素化。
  • 重大なアプリケーションの保護。


2) F5 BIG-IP IP DNS: 

  • ​ハイパースケールDNSは、 フルロード・シャーシで最大1億RPSを実現します。
  • DNS攻撃から保護し、 可用性を確保します。
  • グローバル・アプリケーションのパフォーマンスを改善する。
  • 柔軟な導入、成長に合わせた拡張、 効率的な管理。


デプロイメントの有効範囲:

  • ​BIGIP-15.1.0.1-0.0.4
  • TNC v1.2, ALM 2.2
  • Red Hat OpenStack 4.0.0/Nova 13.1.4


認証: IBM Cloud Pak for Network Automationラボ検証済み

​その他の参考情報:

Juniper Networks社

Juniper vSRXは、仮想化されたプライベートクラウドまたはパブリッククラウド環境の境界またはエッジでセキュリティーおよびネットワーク・サービスを提供する仮想セキュリティー・アプライアンスです。vSRXは、標準のx86サーバー上で仮想マシン(VM)として実行されます。vSRXはJunosオペレーティング・システム(Junos OS)上に構築されており、SRXシリーズ・サービス・ゲートウェイのソフトウェア・リリースで利用できるものと同様のネットワークおよびセキュリティー機能を提供します。標準x86サーバー上のvSRXを使用すると、新しいサービスを迅速に導入し、カスタマイズされたサービスを顧客に提供し、動的なニーズに基づいてセキュリティー・サービスを拡張できます。vSRXは、パブリック、プライベート、およびハイブリッドクラウド環境に最適です。

特長とメリット:

  • テナント・エッジでのステートフル・ファイアウォール保護
  • 新しいサイトへの仮想ファイアウォールの迅速な導入
  • さまざまなハイパーバイザーおよびパブリッククラウド・インフラストラクチャー上で稼働する機能
  • 完全なルーティング、VPN、コア・セキュリティー、およびネットワーク機能
  • アプリケーション ・セキュリティー機能(IPSおよびApp-Secureを含む)
  • コンテンツ・セキュリティー機能(ウイルス対策、Webフィルタリング、スパム対策、コンテンツ・フィルタリングを含む)
  • Junos Space Security Directorによる集中管理とJ-Web Interfaceによるローカル管理
  • Juniper Networks Sky Advanced Threat Prevention(Sky ATP)の統合


デプロイメントの有効範囲:

  • Juniper-vSRX-3.19
  • ALM 2.2 /TNC 1.2
  • LMCTL 2.6.3
  • OpenStack 4.0.0 /Nova 13.1.4


​認証: IBM Cloud Pak for Network Automationラボ検証済み

その他の参考情報:

エンタープライズ接続性

このカテゴリーのパートナーの詳細については、以下をご覧ください。

エンタープライズ接続パートナー

Turnium SD-WAN

Turnium社は認定されたCNFワークロードであり、サービス・プロバイダーがuCPE、エッジ・コンピューティング・デバイス、IoTアプライアンス、フリート車両、およびオフィスへの存続可能なソフトウェア定義ネットワーク接続を導入および管理できるようにします。

特長とメリット:

  • 地理的に多様なSD-WANアーキテクチャーを使用可能にする
  • 複数の接続をサポート — Turnium SD-WANは、ブロードバンド、専用インターネット・アクセス(DIA)、イーサネット、MPLS、固定ワイヤレスおよびLTE、4G および5G接続などを使用して独自のSD-WANトンネルを構築できます。
  • ハイブリッド・ネットワークの作成とサポート
  • サービスの品質(QoS)を提供して、ネットワーク上で優先帯域幅を必要とする音声またはその他のアプリケーションに優先順位を付けます 
  • WatchGuardが提供するクラウド・セキュリティー機能をバンドル・オプションとして提供


デプロイメントの有効範囲:

  • Turnium SD-WAN
  • IBM Cloud Pak for Network Automation 2.2
  • RHOCP 4.6 リモートワーカー・ノード


認証: IBM Cloud Pak for Network Automationラボ検証済み

その他の参考情報: