概要

高速データ転送の価値

IBM Cloud Pak® for Integrationは、IBM Aspera®の高速データ転送機能を使用して、理論上の制限なく、利用可能なネットワーク帯域幅を最大限に活用し、速度を最大化し、データ転送の規模を迅速に拡大します。
 
革新的なFASP転送プロトコルが従来のTCPに基づく転送の制限を克服し、他のネットワーク・トラフィックに影響を与えることなく、利用可能な帯域幅の使用量を最適化します。 その結果、非常に優れた転送速度、エンドツーエンドの安全性、信頼性、優秀な帯域幅の制御が実現します。 従来のTCPに基づく転送技術の制限を克服し、素早く安全に予測どおりに、大量のデータを世界中どこにでも転送します。 

ユースケース

データの移行

スタンディング・デスクで作業する人の画像

データの移行

オンプレミスのデータセンターや主要なクラウドの間でデータを移行する際に、高速転送を利用できます。

データの送信

オフィスで働く人々の画像

データの送信

システム、従業員、顧客、パートナー間で、どのようなサイズのデータでも最大速度で配信します。

ワークフローの自動化と管理

ホワイトボードに書く人の画像

ワークフローの自動化と管理

データ転送とワークフローを調整、監視、制御します。

きょう

スタンディング・デスクで作業する人の画像

きょう

オンプレミスのデータセンターや主要なクラウドに保存された大型のファイルやフォルダーを送信して共有します。

データの同期

オフィスで働く人々の画像

データの同期

ビッグデータのバックアップと複製を高速化します。

機能

高速データ転送の機能

信頼性の高い転送

自動再試行と再開機能による、堅固で信頼性の高い転送を実現します。

拡張性

転送の拡張性が高まり、数千の同時転送セッションや複数ギガビット/秒の総スループットが可能になります。

調整可能な優先順位

転送の優先順位を設定し、総計またはフローごとに帯域幅の割り当てを定義したり、 時刻や曜日、ユーザーやグループ、クライアントのIPアドレスやメタデータに基づき、転送設定を変更することが可能です。

リアルタイム監視

全ての送受信をリアルタイムで監視し、 処理中のキュー内の転送をその場でキャンセル、一時停止、再開、並べ替えができます。 クライアントとサーバーにメール通知と配信確認を設定します。

強力な管理

ユーザーを無制限に作成し、各ユーザーにアクセス権や転送設定を定義し、組織の要件に基づいたセキュリティー設定を行います。

同期

あらゆるサイズのデータ・リポジトリーを、最大速度で確実に同期します。