データの複製
繊細な三角形のパターンを形成する細い青い線を示す図

自動的な非同期コピーによってオブジェクトとそのメタデータ、タグを複製したり、ルールを設定してソースバケットと宛先バケット間で双方向レプリケーションを実行したりできます。データレプリケーションを自動化することで、コンプライアンスやディザスタリカバリのニーズを満たすと同時に、データアクセスの遅延を削減することができます。

機能の詳細 領域バケット

さまざまなクラウド リージョンにわたって宛先バケットを設定することで、災害復旧要件を満たします。

テリトリーレプリカストレージ

許容範囲内のテリトリーの宛先バケットにレプリカを保存することで、データ主権を遵守します。

ローカルレプリカ

低遅延データを必要とするユースケースの効率要件を満たすために、データが消費される場所の近くにデータのレプリカを作成します。

シングルバケットの統合

さまざまなリージョンから単一の処理ソースの 1 つのバケットにデータをレプリケートします。

ライブのクロス環境コピー

開発環境とテスト環境の間でライブ レプリケーションを維持します。

バックアップレプリケーション

レプリケーションを通じてバックアップ コピーを常に保持することで、誤った削除から保護します。

レプリカ ストレージ ポリシー

宛先バケットのレプリカ ストレージ クラスとライフサイクル ポリシーを変更して、ストレージ コストを削減します。 

レプリカアカウント管理

ソース バケットに関係なく、レプリカ アカウントの所有権を変更します。

同一データコピー

宛先バケット内のレプリカがソース データと一致し、メタデータが保持されていることを確認します。

ソースデータのレプリケーション

ソース データを同じまたは異なるクラウド リージョン内の宛先にレプリケートすることで、冗長性を維持します。

双方向レプリケーション

2 つのバケットを一度に同期するように双方向レプリケーション ルールを設定します。

次の一歩を踏み出しましょう

毎月 25 GB のストレージを無料で使い始めるか、ビジネス ニーズに適合する価格オプションを確認してください。

無料のストレージから始める 料金体系を参照
その他の参考情報 資料プログラム ライブラリー サポート コミュニティー