概要

お客様のビジネスに不可欠なCOBOLアプリケーションが最適な状態で実行されていない可能性があります。最高のパフォーマンスを達成するには、プログラム・モジュールを更新して、最新のIBM Z®メインフレームをサポートする必要があります。しかし、コンパイラーの移行や完全なソースの再コンパイルは困難で時間のかかる作業となるおそれがあります。

IBM® Automatic Binary Optimizer for z/OS®(ABO)は、先進的な最適化テクノロジーを使用して最新のIBM Zメインフレームをサポートするコードを生成することによって、再コンパイルの必要なしにアプリケーションのパフォーマンスを向上させます。ABOは、元のモジュールの互換機能を厳密に維持しながら、お客様のCOBOLアプリケーションによるCPUの使用量を削減して運用コストを削減します。

ABO V2.1によって、Enterprise COBOL 6.3と同レベルのパフォーマンスを達成できます。ABO V2.1では、実行ベースの料金方式が使用されます。つまり、ABO V2.1の料金は、製品が実行されるLPARの容量に基づいて決定されます。これにより、お客様は必要に応じて容量を柔軟に拡張できます。ABO V2.1では、SMF-89レコードが生成されるため、容量の管理に役立ちます。

メリット

高速なプログラムでコストを削減

ABOによって最適化されたモジュールは元のモジュールと同じ量の作業を実行しますが、それよりもCPUリソースの使用量が少ないため、ピーク4HRAが低下し、バッチ・ウィンドウが短縮され、全体的な運用コストが削減されます。

連携: ABOとEnterprise COBOL

最新バージョンのCOBOLを使用して新規開発、モダナイゼーション、保守を行い、ABOを使用して再コンパイルを計画せずにモジュールのパフォーマンスを向上させることにより、COBOLの移行を迅速化できます。

最短時間で価値を創出

ABOでは、コンパイラーの移行や再コンパイルを行う場合に比べて、テスト・リソースを節約できます。ABOに最適化されたアプリケーションを迅速に実装することで、コンパイラーの移行計画に取り組みながら、CPUを節約できます。

最新のソフトウェアで高速化を実現

COBOLアプリケーションは、特定のハードウェア機能を使用してパフォーマンスを発揮する新しいIBM Zハードウェアでは、自動的に高速化されない場合があります。新機能を有効にするために、ABO V2.1とCOBOL V6.3を最新の状態に保ってください。

IBM Automatic Binary Optimizer for z/OSの詳細

  • Enterprise COBOLとABOの連携
  • IBM DevOpsツールでABOを使用する方法
  • ABOから最大限の価値を引き出す
  • ABOの拡張機能の継続的デリバリー

お客様の声

お客様のニーズに合わせた最適なプランをご提案します

無料クラウド評価版

オンプレミスのインストールに必要なリソースを使用せずに、すぐにABOの力を利用できます。

無料オンプレミス評価版

90日間無料ライセンスを使用して、ご使用のサイトにABOをインストールできます。

サポート対象のフルライセンス版

先進のIBMサポートを提供する、実稼働使用向けのフル機能のライセンス製品をご利用できます。