IBM App Connectを使用したイベントへの対応
イベント発生のタイミングを捉え、適切な対応を開始できます。
無料デモへのお申し込み 製品資料を見る
App Connect展開フローチャートのハイブリッド/UI図
リアルタイム・イベントに反応するフローの構築

新たなイベントに対して迅速に対応するフォローオン・アクションを編成します。App Connectはイベント駆動型アーキテクチャーを備えたシステムに対応しており、ポーリング機能を使用すれば、イベント駆動型でないアーキテクチャーとも連携できます。タスクを自動化するフローを構成し、条件付きロジックを適用すれば、意思決定が効率化され、顧客要件の変化にも対応できます。

メリット 運用効率の向上

インサイトに基づいて自動化し、手作業を減らします。

よりよい意思決定を実現

インテリジェントな意思決定を可能にするリアルタイムのインサイトを引き出します。

問題解決の迅速化

問題が発生したら、すぐに対処します。

機能
イベント・ベースのフローの構築

複数のバックエンド・システムをつなげて、新しいイベントや何度も発生するイベントを検知し、これに対応します。非対応のシステムをポーリングすることで、イベント・ベースのアプリケーションのネイティブ・サポートが補強されるため、得られるデータのすべてを利用できます。

リアルタイムに対応

データが重要または複雑なバックエンド・システムに存在する場合、ブラウザーベースのApp Connectツールを使用すると、権限のないチームでも特定情報へのアクセスを制御できます。

状況の検知

先を見越してイベントを特定し、タイムリーなコンテキスト駆動型の通知をユーザーに送信します。ユーザーは、あらかじめ構成された一連のオプションから適切なアクションを選択するよう、ユーザーを促すワークフローに参加ができます。

関連ソリューション IBM Event Automation

完全に構成可能なソリューションにより、イベント駆動型の取り組みを、それがどの段階であっても加速させることができます。

IBM iPaaSソリューション

オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのいずれの環境でも、アプリケーション、データ、ビジネス・プロセス、サービスを接続します。

App Connectを使用して、エンドポイントをより安全に接続し、アプリケーションの可能性を最大限に引き出します。
次のステップ

すべてのアプリケーションとデータを接続するiPaaSで、統合イニシアチブを強化しましょう。

無料デモへのお申し込み 無料評価版を試す
その他の参考情報 資料 参考情報 コミュニティー