概要

IBM Security Key Lifecycle Manager for z/OSは、ストレージの暗号鍵を管理します。この製品は、IBM System zメインフレーム環境で保存されたデータの可用性を標準で維持しながら、デプロイメントを簡素化し、機密情報の消失やセキュリティー侵害のリスクを最小化します。このソリューションは、暗号鍵管理プロセスを一元化および自動化し、暗号鍵の数を減らし、暗号鍵管理を統合します。また、Sarbanes-Oxley(SOX)やHealth Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA)などの強力なハードウェア暗号化を必要とする規制基準への準拠を容易にします。

ストレージの暗号鍵管理

デプロイメントを簡素化し、機密情報の消失やセキュリティー侵害のリスクを最小化します。

コストの削減

暗号鍵の数を減らし、暗号鍵管理を統合することで、管理オーバーヘッドを削減します。

規制基準への準拠

Sarbanes-Oxley(SOX)やHealth Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA)などの強力なハードウェア暗号化を必要とする規制基準への準拠を容易にします。

IBM Security Key Lifecycle Manager for z/OSの主要機能

  • ストレージ・デバイスの暗号化との統合
  • 暗号鍵管理の簡素化
  • 暗号鍵データのバックアップとリカバリーの自動化
  • 暗号鍵管理の集中ハブの提供
  • 鍵配信のセキュリティーの向上