概要

IBM Managed Mobility Servicesは、Bring-Your-Own-Device(BYOD)構想を実現するモバイル・デバイス管理の迅速な展開を行い、全社的なモバイル活用に伴うリスクと複雑性を低減します。社員向けにユーザー中心の環境を構築するとともに、動的なマルチベンダー・デバイス環境に特有の複雑性、リスク、コストを管理します。また、企業のモビリティーおよびデバイス選択のイニシアチブの構築・管理を支援し、セキュリティーと生産性を高めます。

複雑さの管理

デバイスとアプリケーションを中央制御することにより、 IT要員は、パスワード管理ではなくビジネス・ニーズに集中して取り組むことができます。

セキュリティーの強化

e-メールやネットワークのデータやアプリケーションへのアクセスに対して、セキュリティー・コンプライアンスを、ファイル・レベルの暗号化を含めて適用できます。

複数のデバイスをサポート

サブスクリプション・ベースのas a Serviceモデルを採用することにより、一般的なデバイスとオペレーティング・システムを予測的かつ効果的に管理します。

アプリケーション・ストアの提供

企業のモバイル・アプリケーション・ストアを構築・管理します。企業は、ポリシー、ユーザーの役割、グループ許可に基づいて特定のアプリケーションを推奨およびブロックできます。

主要な機能

  • プロビジョニングとコントロールのためのモバイル・デバイス管理
  • さまざまなユーザー・デバイスに対する広範なサポート
  • 安全なアクセスとリスク軽減のためのコンテナー化
  • カスタム・アプリケーション・ストアで選択肢を広げる
  • 安全にコンテンツを閲覧するためのエンタープライズ・ゲートウェイ
  • 安全性の高いコンテンツ管理を実現

購入・お問い合わせ

詳細を表示