概要

IBM Fault Analyzer for z/OSは、アプリケーションの障害の原因を突き止めるために役立つ堅固な問題判別ツールです。CICS、WebSphere MQ、IMS、Db2の環境のシステムとアプリケーションの障害を開発者が分析して修正できるようにします。アプリケーションが異常終了すると、Fault Analyzerが自動的に開始され、障害発生時のイベントとその環境に関するリアルタイム情報が収集されます。これにより、開発チームがよりタイムリーかつ効率的な方法で原因を識別し、何が正しく動作しなかったかを分析して、問題を解決することができます。Fault Analyzerは、アプリケーションのスケジュールや結果を台無しにしかねないコストのかかる中断を回避します。

多くのさまざまな環境を分析

COBOL、PL/I、アセンブラー、C/C++、UNIX System Services、CICS、IMS、Db2、WebSphere MQ、Javaの障害を分析します。

コストの削減

新規および既存のアプリケーションをより生産的に開発・テストし、アプリケーションの障害のリスクとそれに伴うコストを削減します。開発プロセスの早期の段階で問題に対応することで、時間とコストを節約します。

分析の最適化

対話式の再分析により、障害に適用される拡張エラー・メッセージとコードを取得します。IBMが提供するメッセージやコードを補完するために、アプリケーション固有のメッセージとコードを利用します。

アプリケーションの障害を管理

対話式表示機能で障害履歴ファイルを受け取ると、アプリケーションの障害を追跡および管理できます。