ハイブリッド・クラウドの保護

現代の企業は、データ処理要求が急増する状況でも堅固なセキュリティーを備えた中断のないデジタル・エクスペリエンスを提供しなければならないという課題を突きつけられています。 最も弾力性に富み、アジャイルでセキュアなエンタープライズ・プラットフォーム、それがIBM Zです。IBM Zを使用して、ハイブリッド・クラウドへのジャーニーを加速する方法をご覧ください。

90%

2020年には、90%を超える企業が複数のクラウド・サービスとプラットフォームを使用するようになります。(1)

2.5倍

ハイブリッド・クラウド戦略が定義されている企業は、2.5倍の粗利益を実現します。

75%

75%の組織が、コア・クラウドAPI戦略を使用して、API主導型のエコノミーを実現します。(2)

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210
識別コード:IBM Z


IBM Zのオファリング

ハイブリッド・クラウドを保護するためのITインフラストラクチャー

比類のないクラウド・セキュリティーにより、機密データの安全性が保たれます。IBM Z は、すべてのアプリケーションおよびクラウド・サービスのデータを完全に暗号化する唯一のプラットフォームです。

IBM z15

安全なクラウド・プラットフォームで、データを保護し、コンプライアンスを簡素化します。

Linux on IBM Z

安全性と信頼性の高いLinuxプラットフォームでできることを説明します。

IBM Secure Service Container

この改ざん防止テクノロジーは、Kubernetesと連携して DevSecOpsを実現します。


クラウド・サービスへのアクセスを容易にするソフトウェア

メインフレームのスキルは必要ありません。IBM Zを使用すれば、共通の言語とオープン・テクノロジーを使用して、エンタープライズ・クラウド・サービスやマイクロサービスを簡単に構築してアクセスできます。このプラットフォームは、アプリケーションの相互依存性と、複数のプラットフォーム、環境、および言語にわたる複雑性や品質を把握できるようにすることで、コラボレーションとアジャイル開発を促進します。

z/OS接続

IBM ZメインフレームをつなぐRESTful APIで、開発者の能力を高めます。

z/OS Cloud Broker

シームレスなクラウド開発のために、クラウド・アプリを使用してz/OSのリソースとサービスを実装します。

IBM Hyper Protectサービス

高い信頼性とデータ分離機能により、クラウド上のデータを保護します。


デジタル変革と最新化のためのソフトウェア

リスクを最小限に抑えながらビジネス価値を獲得するアジャイル・プロセスと機能により、デジタル変革を加速します。

IBMのDevOpsフレームワーク(英語)優れた運用技術(英語)により、安定性を確保しながらイノベーションの速度を上げることができます。

IBM Cloud Private on Z and LinuxONE

クラウド・ネイティブ・アプリケーションを構築、実装、管理します。

Application Discovery and Delivery Intelligence

アプリケーションの洞察を迅速化し、リスクを低減します。

Service Management Suite for z/OS

統合されたインテリジェントなIT運用を実現します。


優れたサーバー仮想化のためのテクノロジー

サーバーの仮想化では、ITインフラストラクチャーを統合することにより、コストを削減して、拡張性を最大化し、効率化をはかります。

堅固な IBM Z 上の仮想化機能(英語)を活用して、業界標準の安全なプラットフォーム上でこれらのメリットを実現します。 

IBM zVM

単一システム上で最大8,000台の仮想サーバーを稼働します。

Linux on IBM Z

信頼できるプラットフォーム上で重要なワークロードを実行することにより簡素化します。


おすすめ関連製品

最善のセキュリティー

サイバー脅威が高まっています。ビジネス・データをインフラストラクチャーからエンドポイントまで保護しましょう。

99.9999%の実行時間

保守と運用の継続的実行を維持します。

DevとOpsの連携

インテリジェントDevOpsは、安定性とセキュリティーを備えた形でより迅速に提供できれば、ビジネスをより変革できます。


IBM Z ハードウェア製品

z15

IBM z15™

最新の IBM Z マルチフレーム・システムは、次世代の回復力とデータ・プライバシーをハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャーで可能にします。

z14

IBM z14®

z14のデュアル・フレームおよびシングル・フレームのシステムは、オープン性、俊敏性、スケーラビリティーに加え、全方位型暗号化を導入しました。

ハイブリッド・クラウドの変革を加速する方法

IBM Z の専門家との1対1のコンサルティングをご予約ください。無料でご利用いただけ、お客様に何らかのご負担が発生することはありません、またセールスの勧誘もございません。30分間のコンサルティングで、お客様のご興味やご不安など何でもお話しください。

参考情報

Forrester社によるビジネス変革の分析

企業がADDIを使用してアプリ開発を変革した方法を説明します。

z14に関するGartner社のレポート

IBMの最新の発表により、I&Oリーダーの選択肢が増えました。

最新化に関するForrester社のガイド

エンタープライズ・データ・サーバーの使用量の増加に備えましょう。

ハイブリッド・クラウドの未来

Ross Mauri氏が、新しい価格設定と機能の影響について説明しています。

データセンターの理想

z14メインフレームがクラウド対応データ・センターの理想である理由を説明します。

IBM Zとハイブリッド・クラウド

両者が最良の形で連携します。

Emid社

信頼が鍵となる業界のクラウドに理想的なインフラストラクチャーを見つけてください。

Datev

税務シーズン中のピーク要求時でも、高いサービス・レベルを確保します。

Rabobank

エンドツーエンドのテストとデプロイメントを自動化します。

Gartner社のイベントに参加する

ハイブリッド・マルチクラウド・インフラストラクチャーの俊敏性に関するIBM Zのディスカッションに参加しましょう。

SHAREに参加する

セキュリティーやクラウドなどに関する500以上のテクニカル・セッションやラボに参加できます。

将来に対応したスキル

常に最新情報を把握しましょう。

z/OS Connect Enterprise Edition

重要なメインフレーム・アプリケーションから拡張性の高いRESTful APIを安全に作成します。

IBM Cloud Provisioning and Management for z/OS

自動化されたプロセスにより、z/OSソフトウェア・サブシステムを迅速にプロビジョニングします。

Java TCO見積りツール

IBM Z上のJavaワークロードでどの程度節約できるかを説明します。

ハイブリッド・クラウド仮想サミット

ハイブリッド・マルチクラウド環境で確実に配信します。

ハイブリッド・クラウド統合

お客様がz/OS ConnectでAPIをどのように活用しているかを説明します。

電話でのお問い合わせ: 0120-550-210 | 識別コード:IBM Z