クラウドネイティブ - 特別なスキルは不要

クラウドネイティブ機能を使用することにより、新しいデジタルとAIを組み込んだサービスを構築し、クラウド上のどこでも開発して導入できます。

IBM Z®上のRed Hat® OpenShift®およびIBM Cloud Paks®が、任意のアプリケーション、チーム、インフラストラクチャーを受け入れるプラットフォームに加え、ワークロードとデータをどこでも実行できるようにするコンテナ化されたソフトウェア上で、制限なくさらなるイノベーションを実現します。


クラウドのためのモダナイゼーション

相互依存関係の確認

Zアプリケーションを迅速に分析して、変更による影響を確認します。

洞察を獲得して自動化

貴重な洞察を獲得して異常を検出します。

公開と統合

ZをつなぐRESTful APIから既存資産を活用します。


プライベートクラウドのための統合

z/OSとコンテナとの統合

OpenShiftなどのプラットフォーム内でz/OSサービスにアクセスします。

z/OSとLinuxとの統合

Linux on Zアプリケーションを使用してz/OSソフトウェア・エコシステムをモダナイズします。

アプリケーション、データ、およびクラウド・サービスの統合

アプリケーションとデータを、保管されている場所に関わらず接続します。


パブリッククラウド向けサービス

DevSecOps

ハイブリッドクラウド用の基幹業務のアプリケーションを安全に構築、導入、管理します。

データ保護

パブリッククラウドで信頼性とデータ分離を獲得します。

安全なブロックチェーン

データおよびアプリケーションの統合で、分散台帳を安全に実行します。


ビジネス価値とROI

IBM Zのお客様が、1億9000万米ドル以上の収益増大、300万米ドルの運用コストの節約、44%の計画外の停止の削減、新機能の開発における2倍の俊敏性の向上が見込まれる理由について説明します。


お客様の声

Bradesco銀行

「IBM Zは、当行が必要とするレジリエンシー、セキュリティー、俊敏性を実現します。」

Emid社

「盤石なセキュリティー、信頼、レジリエンシー、それがIBM Zを選択した理由です。」

APIS IT社

IBM Z for AIOpsを使用して、同社のハイブリッドクラウド・ワークロードの性能を向上させました。

クラウドネイティブとITインフラストラクチャー

OpenShift、Cloud Paksなどを使用して、ハイブリッドクラウドを高速化し、アプリケーションをモダナイズします。

ハイブリッドクラウドへの道のり

ハイブリッドクラウド環境に対応するようにメインフレームを変革する4つの方法。

IBM ZのためのOpenShift

Red Hat OpenShiftがZで利用可能になりました。

ハイブリッドクラウド統合

API、メッセージング、イベント・ストリームなど、Zと統合するためのオプションについて説明します。

Zが初めての方へ

この基幹業務のプラットフォームで開発者がスキルをどのように構築できるかをご確認ください。

教育リソース

次世代のメインフレーム・スキルを構築するためのプログラム、リソース、研修が見つかります。

z/OS Connect Enterprise Edition

重要なメインフレーム・アプリケーションから拡張性の高いRESTful APIを安全に作成します。

IBM Cloud Provisioning and Management for z/OS

自動化されたプロセスにより、z/OSソフトウェア・サブシステムを迅速にプロビジョニングします。

その他の評価版

最新のIBM Zの機能を無料でお試しください。インストールは不要です。

IBM Z上のクラウドネイティブ

Z上のクラウドネイティブ開発により、より素早くイノベーションを実現し、より効率的にアプリケーションを導入する方法をご確認ください。

安全なハイブリッドクラウド

共有ハイブリッドクラウドの構想を構築するために、経営幹部とコラボレーションする技術を習得できます。

TechUの仮想会議

IBM Systemsの製品とソリューションに関する、優れた技術研修イベントに参加できます。

おすすめ関連製品

DevとOpsの連携

安定性やセキュリティーを犠牲にすることなく、ビジネスを変革します。

エンタープライズ・セキュリティー

オンプレミスまたはクラウドでサイバー脅威からデータを保護します。

サイバー・レジリエンシー

サービスと運用の継続的保護と実行を維持します。