メリット

活用

新しいストレージは既存のストレージとともにプールされるため、管理が簡素化され、効率が向上します。

強化

仮想化によって統合することで、既存のストレージの機能とデータ・セキュリティーを強化します。また、アクティブなデータをフラッシュ・ストレージに自動的に移動させるEasy Tier機能によって、ストレージ環境全体のパフォーマンスが向上します。

拡張

既存のストレージを拡張して、コンテナやパブリッククラウドにデプロイすることで、ストレージの価値を高め、投資を保護します。

ストレージ仮想化ソフトウェア

パブリッククラウド向けの仮想化

オンプレミスにある異機種混合のストレージ・システムをパブリッククラウドに複製または移行して、一貫性のあるデータ管理戦略や災害復旧戦略の策定、サイバー・レジリエンシーの向上を実現します。

SANストレージの仮想化

優れたストレージ仮想化機能を活用することで、異機種混合のストレージ・システム、階層型ストレージ、ストレージ管理の簡素化を実現します。

オールフラッシュ・ストレージによる仮想化

IBM FlashSystemファミリーが標準搭載するIBM Spectrum Virtualizeを使用することで、異機種混合ストレージを統合および簡素化できます。また、仮想化によって統合した異機種混合ストレージを、IBM FlashSystemが提供する先進機能によって最新化できます。

ストレージ仮想化の導入事例

次のステップ