概要

ハイブリッドクラウド環境のインフラストラクチャー・セキュリティー

インフラストラクチャーの刷新の遅れは、脅威に対する脆弱性の発生につながります。 Forrester Consulting社が毎年実施している調査(PDF、381 KB)によると、意思決定者の38 %が、インフラストラクチャーの刷新の遅れにより災害復旧テストが失敗したことがあると回答しています。

メリット

ハイブリッドクラウド・インフラストラクチャーに、セキュリティー・ファーストのアプローチを適用します。

ハイブリッドクラウドのためのセキュアなIT

信頼できるプラットフォームを使用したエンタープライズ・ハイブリッドクラウド戦略を策定します。

大規模なデータの暗号化

データ漏えいが発生した場合でも、データを大規模に保護します。

使用中のデータの保護

ハードウェア・ベースのTrusted Execution Environment(TEE)でデータを処理します。

インフラストラクチャー・セキュリティーのソリューション

データ保護のためのストレージ

ワークロード保護とサイバー・レジリエンスを備えた、データのバックアップとリカバリー以上のことを提供するストレージです。

セキュリティーのためのメインフレーム

IBM Zとエンタープライズ・セキュリティーによって、ハイブリッドクラウド全体で、データの暗号化と機密性を維持します。

安全なスケールアウト型サーバー

IBM Power Systemsを使用すると、セキュリティーを損なわずに、データ集約型のワークロードを実行できます。

ビジネスを保護するためのサービス

IBMがサイバーセキュリティー・サービスにおける市場リーダーに選出された理由をご覧ください。

次の
ステップ