ハイブリッド・マルチクラウドの世界向けのインフラストラクチャー・セキュリティー

基幹業務のワークロードをクラウドに移行する中で、データ・プライバシーとセキュリティーをハイブリッド・マルチクラウド環境全体に拡張するエンタープライズ・サーバーやストレージ・プラットフォームを使用して、データ漏えいからの保護を維持します。

サイバー脅威からビジネスを防御

優れたセキュリティーを提供するプラットフォームにより、データがどこに移動しても暗号化を保ち、より効率的に、より安く、より迅速に漏えいを防ぎます。

プラットフォームを超えてデータの保護を維持

システムを離れた後でも、ポリシーによってデータを保護します。データの暗号化、アクセス権の付与と取り消し、データの制御の維持を、データがシステムから離れた後でも行うことができます。

データ保護、バックアップ、およびサイバー回復力

ビジネスとお客様を脅威から十分に保護するには、最新のデータ保護、サイバー回復力、ネットワークの信頼性を提供するテクノロジーとサービスが必要です。


IBMセキュリティー・インフラストラクチャー・ソリューション

次のレベルのプライバシーとセキュリティーをハイブリッド・クラウド・インフラストラクチャーに拡張

新しいIBM ZおよびLinuxONEシステムは、お客様の基幹業務アプリケーションに高レベルのプライバシー、セキュリティー、および回復力を提供し、その保護をハイブリッド・マルチクラウド環境全体に拡張します。

セキュア・ストレージを使用したデータの保護とバックアップ

ビジネスとお客様を十分に保護するには、業界最高レベルの保護、リカバリー、拡張容易性、および効率性を提供するストレージ・ソリューションが必要です。

ビッグデータレイクによるデータ・セキュリティーの最適化

コストを削減し、セルフサービスのデータ探索を提供すると同時に、強化された新しいデータ・セキュリティーとコンプライアンスの洞察を素早く把握します。

インフラストラクチャー・セキュリティーのリソース

マルチクラウドでの保護: ポリシーによるプライバシー

IBM Data Privacy Passportsが、ハイブリッド・マルチクラウド環境でプラットフォームを超えてポリシー・ベースの保護を拡張する方法をご覧ください。

どこでも暗号化: アナリストの見解

ハイブリッド・マルチクラウドのリスクと、プラットフォームを超えて拡張されるデータ暗号化の価値に関するEMAの視点をご覧ください。

データ・セキュリティー: 脅威の一歩先を行く

マルウェアやランサムウェアへの対処、セキュリティーへの攻撃的なアプローチ、そして良好なデータ・バックアップ状態の実践のための、最新の戦略をご覧ください。

お問い合わせはこちら