Continentalの車両安全に関する洞察を加速
より高速で柔軟なデータ・ストレージとAIのための簡素化された管理を備えた自動運転ソリューションの開発
運転席に座り、タブレットを使用する男性

ほとんどの人にとって、運転は日常であり、自動的な決断の連続です。自動運転用にAIをトレーニングするには同じ判断を10分の1秒でも速く行う必要があり、潜在的に運転をより安全にするために、ペタバイト規模のデータが必要です。

世界保健機関(WHO)(ibm.com外部リンク)によると、毎年約135万人が交通事故で死亡し、さらに5,000万人が負傷しています。このリスクを軽減するため、EUは現在、2030年までに自動運転車を利用できるようにすることを義務付けており、完全な自律走行への最良の技術的な道筋を提供するための競争が始まっています。

「先進運転支援システムは、重大な事故が起こった場合、ドライバーよりも早く反応します」とContinentalの先進運転支援システム(ADAS)担当で人工知能責任者のRobert Thiel氏は述べています。「大量のデータを使ってAIを訓練することで、先進運転支援システムは人間よりも安全な運転ができるようになるのです。したがって、スマートなデータ管理は、スマートな車両と、命を守ることにつながります。」

Continentalは、世界中のほぼすべての自動車メーカーに自動車部品を供給する大手サプライヤーであり、自動運転インテリジェンス分野のリーダーです。同社のADAS事業部門は、20年以上前にインテリジェントセンサーとデータ駆動型の交通安全ソリューションの開発に着手し、これまでディープラーニングと人工ニューラルネットワークのトレーニングを用いた開発スピードの向上に取り組んできました。同社のVision Zeroプロジェクトでは、ADASテクノロジーの開発を通じて交通事故による死亡を事実上ゼロにすることを目指しています。

生涯にわたるイノベーション

 

 

Continentalは、150年間、自動車イノベーションの限界を押し広げてきました

トレーニング効率の向上

 

同社は、IBM® Spectrum ScaleとNVIDIA DGXシステムを使用してAIトレーニング時間を70%短縮することができました

強化された機能

 

 

同社には、少なくとも月間で 14倍のディープラーニング実験を同時に実行する能力があります

Continental、IBM Storage、NVIDIAの連携が安全面での保証を確かなものにしています。 Robert Thiel 人工知能責任者 先進運転支援、Continental Automotive AG

自動運転に関する自動車業界の最大の課題の1つは、世界中にあるデータを管理し、そのデータを必要な場所で使用することです。同社のADAS Vision Zeroイニシアチブは、1日あたり15,000kmを走行するセンサーを装備したテスト車両を採用し、100TBを超えるデータを生成・記録しています。これらのデータは、取り込み、処理、選択、評価、注釈が付けられる過程を経て、システムのトレーニングおよび検証に使用されます。

特定のシナリオで何が起こっているかを検出し、車両を安全に制御するための意思決定を可能にするため、チームはトレーニングおよび検証にNVIDIA DGX (ibm.com外部リンク)システムを使用しています。AIの開発をスピードを上げて市場投入までの時間を短縮するため、同社は高性能のAI処理とデータへのアクセス、さらにNVIDIA GPUコンピューティングを使って毎秒数十万枚の画像を分析するための強力なストレージソリューションを求めています。

自動運転向けに最適化されたインフラストラクチャー

ContinentalのADASソリューションは、多くの一般的な運転タスクをサポートし、事故を回避するために車両を制御することもできます。しかし、運転支援システムと車両安全システムの自動化が進むにつれてソフトウェアの複雑さが増し、複数の地域にわたる安全要件の数も増加したことで、同社は、テクノロジーとチームの両方をスケールアップさせ、より世界的でスケーラブルなAIソリューションに進化させる時期に来ていることに気づきました。並列データ・アクセスの必要性は、増大するデータ管理の課題に直面するということです。

ContinentalはAIの高速要求を満たし、機密データを保護するために、強力な並列ファイルシステムを必要としていました。同時に、データを保存するための一元的なアクセス可能な場所を作り、トレーサビリティを向上させ、開発者が安全に接続できる多くの方法を提供する必要がありました。

同社は、高速ネットワークに接続されたスケーラブルなディープラーニング・インフラストラクチャーおよびストレージを利用してパフォーマンスを向上させる時期が来たと認識していました。このソリューションは、高速ランダムアクセスを提供し、Server Message Block(SMB)やAmazon Simple Storage Service(S3)などのプロトコルをサポートし、いくつかの異なるアクセス管理オプションを提供する必要があります。

ContinentalのADAS部門のIT運営責任者であるDavid Enenkel氏は「今日のGPUは非常に高速で、標準的なストレージではコンピュート処理が追いつかないほどです」と語ります。「だからこそ、当社はより高速で、実際に必要な帯域幅とランダムアクセスが可能なものを探していました。」

同社は総合的なテストを行い、上位の各ストレージソリューションがその目標をどの程度達成しているか評価しました。IBM ESSのパフォーマンスを測定するため、ContinentalはIBMビジネス・パートナーであるSVA System Vertrieb Alexander GmbHと協力しました。その結果、NVIDIA DGXソリューションを使用したIBM Spectrum Storage for Data and AIが必要なパフォーマンスを満たすこと、その他にもいくつかのメリットがあることがわかりました。このソリューションの「並列」高性能アーキテクチャーとシンプルなノード配置は、今後、同社が必要とするレジリエンスと拡張性を備えており、同社が求めるAIインフラストラクチャーを提供するものでした。

IBM Storageの柔軟性とKubernetesコンテナとのシームレスな統合により、同社はパフォーマンス、拡張性、簡素化といったインフラストラクチャー要件をあきらめることなく、アプリケーション開発をモダナイズすることができました。IBM Spectrum Scaleソリューションにより、そのインフラストラクチャーは、クラウドかオンプレミスかに関係なく、必要な成長を確実にサポートします。IBMには自動車業界での豊富な経験があったことも同社の決断の一因となりました。

新しいソリューションにより、Continentalはマルチノードトレーニングによるディープラーニングを最適化し、本番までの時間に影響を与えることなくモデルの精度を向上させ、より高いレベルの安全性を実現できました。同社は、雨、雪、日光、雲などの環境条件や、車線変更中に車同士が近づきすぎる、といった過渡現象など、何百万通りもの順列をテストできる機能を持つDGXのクラスターに拡張し、月間で14倍の実験を処理できるようになりました。

進化するAIインフラストラクチャーをサポートする新しいIBMデータ管理ソリューションのパフォーマンス向上、柔軟性、拡張性により、Continentalはモビリティの未来を変える快進撃を続けています。

Continentalは、新しいインフラストラクチャーを使用して、AIインフラストラクチャーの実験数を14倍に増やしました。これにより、市場投入までの時間が短縮されます。 David Enenkel IT運営責任者 先進運転支援システム、Continental Automotive AG
開発サイクルの効率化

「何百万キロ、何十ペタバイトという膨大なデータを定期的に処理、再シミュレーション、収集し、ある種のKPIを生成する能力がなければ、安全性要件に関して、今日販売しているシステムを販売することはできませんでした」とThiel氏は言います。

「新しいインフラストラクチャーの成果として、20、40、80のGPUを同時に実行できるようになった今では、トレーニングを大幅にスピードアップできます」と、ContinentalのADAS@ブダペスト、AIコンピテンスセンター所長のBalazs Lorand博士は述べています。「当社はいくつかの課題を解決できたことを誇りに思っています」と彼は続けます。この新しいインフラストラクチャーにより、Continentalは月間あたり14倍以上のディープラーニング実験を実現し、トレーニング時間を数週間から数日に短縮しました。より多くの実験を実施し、Kubernetes環境をシームレスに接続できるようになったため、開発ライフサイクルの効率が劇的に向上しました。また、このソリューションは、コンテナ化されたハイブリッド・クラウド環境、オンプレミス、複数のデータセンターなど、あらゆる方向への成長に対応できる柔軟性を備えています。

Continentalは、世界的なコロケーション・インフラストラクチャ・プロバイダーであるエクイニクス(ibm.com外部リンク)のドイツのフランクフルトにあるAI対応データセンターに、まったく新しいインフラを構築しました。Continentalは、SVAの支援を受けて、設置、デプロイメント、構成、コミッショニング、運用と管理のトレーニングを含む、クラスター内のストレージソリューションの全体的な統合を行いました。

この新しいソリューションには、マルチモード GPU クラスター、ノンブロッキング InfiniBand ネットワーク インフラストラクチャ、高速不揮発性メモリエクスプレス(NVMe)ドライブを備えた IBM ESS、NVIDIA DGX システム、および NVIDIA V100TensorコアGPUが含まれています。同社はまた、最新のアプリケーション開発のために、Kubernetes環境を備えたIBM Spectrum Scaleソフトウェアを使用しています。

「ユーロNCAPで5つ星を獲得するためには、よりインテリジェントな製品を開発し続ける必要があります。そのため、このようなデータ環境を確立することは非常に重要であり、昨年それが実現できたことを本当に嬉しく思います」とEnenkel氏は述べています。

これらの改善により、Continentalは強力な競争力を獲得し、より安全で新しい自動運転ソリューションの開発をこれまで以上に迅速に進めることができます。

Continental Automotive AGのロゴ
Continental Automotive AGについて

Continental (ibm.com外部リンク)は、人とモノの持続可能でコネクテッドなモビリティのための先駆的なテクノロジーとサービスを開発しています。1871年に設立されたこのテクノロジー企業は、車両、機械、交通、輸送向けに安全、効率的、インテリジェントで手頃な価格のソリューションを提供しています。

自動運転モビリティおよび安全事業領域では、統合されたアクティブおよびパッシブ運転安全技術と、車両のダイナミクスをサポートする製品を開発および生産しています。

SVA System Vertrieb Alexander GmbHについて

IBMビジネス・パートナーであるSVAは、ドイツ全土に23の支社を構えるドイツの大手システム・インテグレーターです。SVAは、データセンターインフラストラクチャ、事業継続性、ビッグデータ、ITセキュリティ、クラウドの分野で最適なソリューションの実現のために、高品質のIT製品とプロジェクトのノウハウおよび柔軟性を組み合わせることに注力しています。

次のステップ

この記事で紹介されているIBMソリューションの詳細については、IBMの担当者またはIBM ビジネス・パートナーにお問い合わせください。

お客様事例はこちら IBMへのお問い合わせ IBM Storage Scale System

AIと企業データのためのグローバルデータプラットフォームで障壁を打ち破る

詳細はこちら
IBM Spectrum Scale CSI Driver for Container Persistent Storage

IBM Spectrum Scaleは、実績のある、スケーラブルで高性能なデータおよびファイル管理ソリューションです。

詳細はこちら
IBM Storage Reference Architecture with NVIDIA DGX A100 Systems

ディープラーニングやその他の計算集約的なワークロードをサポートするには、GPUアクセラレーテッド・コンピューティング・インフラストラクチャーの導入が不可欠になっています。

PDFファイルを読む
法務

© Copyright IBM Corporation 2021.IBM Corporation, IBM Storage, New Orchard Road, Armonk, NY 10504

2021年1月

IBM、IBMロゴ、ibm.com、IBM Elastic StorageおよびIBM SpectrumはInternational Business Machines Corp.の商標であり、世界中の多くの管轄区域で登録されています。その他の製品名・サービス名はIBMまたは他社の商標である可能性があります。IBMの登録商標の最新リストは、Webサイトの「著作権および登録商標情報」(ibm.com/legal/copyright-trademark)でご確認いただけます。

本書は最初の発行日時点における最新情報を記載しており、IBMにより予告なしに変更される場合があります。IBMが事業を展開している国であっても、特定の製品を利用できない場合があります。

記載されている性能データとお客様事例は、例として示す目的でのみ提供されています。実際の結果は特定の構成や稼働条件によって異なります。本資料の情報は「現状のまま」で提供されるものとし、明示または暗示を問わず、商品性、特定目的への適合性、および非侵害の保証または条件を含むいかなる保証もしないものとします。IBM製品は、IBM所定の契約書の条項に基づき保証されます。

実際に利用可能なストレージ容量は、非圧縮データと圧縮データの両方について報告される場合がありますが、変動するため、記載されている容量よりも少なくなる場合があります。