ハイブリッドクラウドのストレージ・ソリューション

コンテナ対応のエンタープライズ・ストレージをオンプレミスとクラウド・ストレージ環境全体に簡単かつシームレスに導入します。

Hybrid Cloud Flash Storage Isometric Illustration

概要

現代のIT向けのハイブリッドクラウド・ストレージ

より効率的になり、より優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供するため、企業は急速にハイブリッドクラウド・モデルに移行しています。 この取り組みに対しては、複数のクラウド・プラットフォームからコンテナ化されたワークロードの急速な増加に至るまで、複雑な要因によって既存のアプリケーションやインフラストラクチャーの複雑性が課題となることがあります。

それがIBM Storageがマルチクラウド、マルチアプリ環境を強固にし、現代のデータレイクに合わせて設計された高性能なエンタープライズ・レベルのストレージ機能を提供する理由です。


メリット

ITの複雑性を解決 ESGは、ハイブリッドクラウド・ストレージ革新が多様なIT要件を満たすのをどのように支援できるかを調べます。 ESGレポートを読む(314 KB) 75% ハイブリッドクラウドの簡素化

今日、ITは2年前よりも複雑になっていると考えている、調査回答したIT意思決定者。

38% データ量を統制

膨大なデータ量がITの複雑性を高めていると示す回答者。

28% 既存のストレージの強化

現代のテクノロジーがさらに複雑性を追加する可能性があると述べている調査回答者。

ソリューション

お客様事例

サービス継続性をサポートするためのストレージ・プラットフォームのモダナイゼーション

Citynet社は、IBM FlashSystemを使用してストレージ・プラットフォームをモダナイズし、データ量が爆発的になってもHall AG社が水、電気、接続性と革新を確実に流し続けられるようにしました。

お客様事例を読む
革新を加速し、費用を管理

Blanc und Fischer IT Services GmbH社は、IBMおよびRed Hatと協力してSAPアプリケーションをIBM Power Systems 、IBM Storage、およびRed Hat Enterprise Linuxに標準化し、標準化によってその投資を最適化しています。

お客様事例を読む
常時接続のITでコミュニティをつなぐ

ザルツブルクのローマ・カトリック大司教区は、IBM FlashSystemを使ってコミュニティに常にそのサービスを利用できるようにしながら、同時にスタッフや聖職者が常に接続していられるようにしています。

お客様事例を読む

ファイナンシング

柔軟な利用とファイナンシングのオプション 新登場 - IBM Storage as a Service*

実績あるハイブリッドクラウド・ストレージがサービスとして利用できるようになりました。 クラウドの俊敏性とオンプレミス・ストレージの管理を組み合わせて利用しながらキャッシュ・フローを維持できます。すべてはIBMのエキスパートによってサポートされます。 *一部の地域で利用可能

Storage-as-a-Serviceの詳細はこちら
IBM Storage Utility

ハイブリッドクラウド用フラッシュ・ストレージを必要に応じて購入できます。 使用した容量に対してのみ支払いが発生するため、ストレージに対する需要の変動を効率的に管理できます。

IBM Storage Utilityの詳細はこちら
IBMグローバル・ファイナンシング

柔軟かつ堅固な支払いオプションを提供する、業界を代表するITファイナンシング・ソリューションにより、お客様のハイブリッドクラウド・ストレージ戦略の加速化を支援します。

IBM Global Financingの詳細はこちら

次のステップ

フラッシュ・ストレージ

コスト効率が高く管理の簡単な高性能なオール・フラッシュ・ストレージ・ソリューションでハイブリッドクラウドを簡素化します。

ハイブリッド・フラッシュ・ストレージ

最高の処理速度を持つフラッシュおよびディスク・デバイスにAI主導型の配置を実施することで、パフォーマンスとコスト効率の最高のバランスを達成します。