メリット

コンテナ・オーケストレーション

Red Hat® OpenShift®によるアプリケーションの開発と管理を目標とした、オープンなハイブリッドクラウド・コンテナ戦略を展開します。

アプリケーション・モダナイゼーション

最新のクラウドネイティブ・アプリケーションの開発を加速し、これらのアプリケーションをビジネスに不可欠なデータと同じ場所に配置して、素早く洞察にアクセスできるようにします。

コンテナ化されたワークロードの保護

安全で、拡張性とレジリエンシーに優れたIBM®のエンタープライズ・サーバー上にOpenShiftのコンテナ化されたワークロードを実装します。

コンテナ・オーケストレーション・プラットフォーム

IBM Zでのクラウドネイティブ・アプリケーション開発

クラウドネイティブ・アプリケーションの開発を、膨大な数のコンテナを収容可能なIBM Zで行うことで、開発業務を簡素化を実現します。

コンテナを保護するセキュアなサーバー

アプリケーションのライフサイクル全体で、 IBM ZとIBM LinuxONE上のLinuxワークロードをIBM Hyper Protect Virtual Serversは保護します。

IBM LinuxONE上のコンテナとKubernetes

Linux専用サーバーであるIBM LinuxONE IIIは200万個のコンテナを筐体内に収容可能であり、大量のクラウドネイティブ・ワークロードを実行できます。

コンテナ向けスケールアウト・サーバー

コンテナ・アプリケーションをIBM Power Systemsのスケールアウト・サーバー上にデプロイすることで、優れたパフォーマンスと拡張性を享受できます。

Red Hat OpenShift対応コンテナ向け永続ストレージ

Kubernetes環境でのコンテナ使用率を向上させるために、IBMのストレージ製品はRed Hat OpenShiftとContainer Storage Interface(CSI)をサポートしています。

Red Hat OpenShift管理プラットフォーム

ワークロードが実行されている場所を問わず、オンプレミスからエッジまで、一貫性のある可視性、ガバナンス、オートメーションを提供します。

サービス

Kubernetesサービス

IBM Cloud Kubernetes Servicesは既に2万を超える実稼働クラスターを管理しています。このサービスによって提供されるクラスターでは、多様なワークロードを容易に拡張でき、高い安全性やコンプライアンス能力が提供されます。また、IBM Watson®やIBM Blockchainとの統合が可能です。

次のステップ