公共の安全とクラウド

公共安全機関の業務は複雑さが増す一方です。このような業務に対応するためには、公共の安全のための卓越したハイブリッドクラウドが必要です。 人種差別から職員の健康と安全に至るまで、公共安全機関は社会的影響が大きい問題や日常業務に支障をきたす様々な課題に対処しています。特に各種のテクノロジーの変化と押し寄せる大量のデータには苦慮しています。 予算削減により、適切なタイミングで正しいデータを分析し適切な人と共有するための法執行機関の能力は限界を強いられています。

適切に機能し最優先の問題に対処できるようにするには、次の4つの重要分野についての変革技術が必要です。

  • 警察と社会の関係強化
  • 職員の安全と健康の確保
  • 技術の変化への対応
  • 情報の共有と活用

IBM Digital Policing Platformは、ハイブリッドクラウド、人工知能、インテリジェントなワークフローの機能を活用して、市民への奉仕と保護を目的とするミッションを達成します。 

参考情報

コンフィデンシャル・コンピューティング

CPU内でハードウェア・ベースのセキュアなエンクレーブを使用して、処理中のデータを保護し、エンドツーエンドのデータ・セキュリティーを実現します。

警察におけるクラウド・コンピューティング

クラウドを使用して司法機関と公共安全機関の生産性と効率性にプラスの影響をもたらします。

データの可視性の向上

IBM i2 Analyst Notebookを使用して、重要な調査結果と洞察を迅速に明確化します。

データ内に隠されている洞察を発見できるよう、ハイブリッドクラウドとAIに基づいて構築された、公共の安全のためのIBMのクラウドについて詳しく説明します。 IBMの官公庁・自治体向けソリューションのエキスパートにお問い合わせください。