消費財テクノロジーの概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大により、消費財メーカーを取り巻く環境は大きく変化し続けており、事業変革の加速が必要となっております。

根本的なライフスタイルの見直しにより、健康や衛生・製品の由来に関する関心が高まり、巣ごもり消費へのシフト、ネット購買やホームデリバリー利用の急拡大等、消費者の嗜好・購買行動は変化し続けることが想定されます。

また小売を始めとする他業種との垣根は一層低くなっており、従来型のビジネスモデルから取引先を含めた共創型バリューチェーンの創出が必要となります。

IBMは、ハイブリッドクラウド、自動化技術、IoT、人工知能等のテクノロジーを活用し、調達、商品開発、生産管理、製品販売、企業間連動等、事業活動全般にわたる環境変化に対応した、よりサステナブルなビジネスモデルやエコシステムへの変革を支援します。

消費財テクノロジーのお客様事例

企業はどのようにDXを推進しているのか

消費者行動の変化を受けてWebサイトの再構築やリアル店舗の再定義、直販 (D2C) 強化やサプライチェーンの変化への対応に迫られています。

アサヒ飲料

アサヒ飲料株式会社は在庫量の適正化のため、AIの活用をしました。人間によるバイアスを排除することで、過剰な生産を防ぐ仕組みを構築。必要な量を生産することで余剰在庫を削減します。

サントリー食品インターナショナル

新設工場での設備保全業務の高度化を実現。保全計画、作業管理、購買管理、在庫管理を支援する統合パッケージを導入し、保全関連データを蓄積します。 

消費財テクノロジー・ソリューション

データドリブン経営を実現するDX

食品製造業の「基幹業務システム」と「SCMと需要予測」に焦点をあてたデジタル変革を紹介します。

スマートファクトリーへの第一歩

次世代のスマートファクトリーでは、現場データを高速で収集して一元化し、全社での最適化を図ります。これまでの一部業務の自動化や最適化とは異なり、データを資源として活用した全社改革です。

サプライチェーンの自動化

これまでのAI活用は単純な業務の自動化が中心でした。今後の「インテリジェント・ワークフロー」では、単体のAIを連続でつなげ、個別最適ではなく、全体の最適化を目指します。

参考情報

Coca-Cola European Partners社

次世代ハイブリッドクラウドによって、象徴的なブランドをさらに輝かしい未来へと導きます。

農場と畑に関するオープンなデータ交換

Yara社とIBMは、持続可能な食料生産を促進するために、農場と畑に関するデータのオープンなコラボレーションを開始しました。

明確な目標を設定した成功するための計画の策定

消費財企業とアグリビジネス企業は継続的に発生する様々な混乱に直面する中で、どの問題を喫緊の課題として解決するかについて優先順位を再検討しています。

お気軽にご相談ください

俊敏性とレジリエンシーによってお客様のビジネスを進化させるのに役立つ、IBMの消費財テクノロジー・ソリューションとサービスをご覧ください。