IBM WebSphere Application Serverとは?

IBM WebSphere® Application Serverは、エンタープライズ・アプリケーション向けの柔軟で安全なJavaサーバー・ランタイム環境です。 時間、場所、デバイスの種類に関係なく、アプリケーションとサービスの導入と管理が可能です。 統合された管理ツールにより、セキュリティーと管理が強化されます。また、マルチクラウド環境をサポートしているため、導入方法を選択できます。 継続的デリバリー機能とサービスにより、変化するビジネス・ニーズに合わせて迅速に対応します。

WebSphere Application Server V9.0.5にはどのような機能が含まれていますか?

バージョン9.0.5は、WebSphere Application Serverとその関連エディション (WebSphere Liberty、WebSphere Application Server Network Deployment、WebSphere Application Server Family Edition)の最新リリースです。 このバージョンは、Kubernetesへのモダナイゼーションを加速するための新しい運用モダナイゼーション・コンポーネントを提供します。 新しいIBM Application Navigatorアプリケーションは、従来の導入とコンテナ・ベースの導入の両方でアプリケーションの可視性を提供します。また、既存のWebSphere環境のロギングとモニタリングを一括管理するKubernetesベースのサービスが利用可能になりました。

WebSphere Application Serverはどのように機能しますか?

WebSphere Application Serverは、柔軟でセキュリティーが充実した、Java EEの認定を受けたランタイム環境を使用して、軽量の実稼働環境から大規模なエンタープライズ導入までを対象に、アプリケーションを構築、導入、実行するのに役立ちます。 このプラットフォームは、アプリケーションが実行される実稼働環境と同じランタイム環境を開発およびテスト用に提供するため、開発者は自信を持ってコーディングし、より少ない労力でテストできます。

WebSphere Application Serverをコンテナに導入できますか?

はい。 IBMは、従来のWebSphere Application ServerとWebSphere Libertyの両方に、認定コンテナを提供しています。 これらの認定コンテナで使用されるコンテナ・イメージはベスト・プラクティスに基づいています。実績がありサポート対象となる、テスト済みかつ十分に文書化されたコンテナ・イメージが、コンテナの構築と使用を簡素化します。 また、コンテナは、アプリケーションをプラットフォームのロギングおよびモニタリング・インフラストラクチャーに自動ワイヤリングするHelmチャートも提供します。

コンテナ導入用のWebSphere Application Serverのライセンス取得のオプションは何ですか?

WebSphereで使用するさまざまな導入環境を最適化するために、永久PVU(Processor Value Units)と月次VPC(Virtual Processor Cores)は、サーバー環境のライセンス交付に適した優れたオプションです。 混合ワークロードを実行するコンテナ化された環境には、コンテナ用の新しいWebSphere毎時オプションが最適の可能性があります。

IBM WebSphere Application Server Network Deploymentにはどのような機能が含まれますか?

IBM WebSphere Application Server Network Deploymentは、オープン・スタンダードと幅広いプログラミング・モデルをサポートしています。 運用とレジリエンシーが向上しているほか、インテリジェントな管理とルーティングを提供します。 統合された管理ツールにより、セキュリティーと管理が強化されます。

Network Deploymentの新しい機能は何ですか?

WebSphere Application Serverに含まれるすべての機能に加えて、Network Deploymentは運用のモダナイゼーション・ジャーニーを加速し、コンテナへのより迅速な移行をサポートするのに役立つ新しい管理ツールを提供します。

WebSphere Application Server Network DeploymentはIBM Cloud Pak for Applicationsに含まれていますか?

はい。 IBM Cloud Pak® for Applicationsには、Network Deploymentを含むWebSphere Application Serverのすべてのエディションと機能が含まれています。 IBM Cloud Pak for Applicationsは、従来のアプリケーション導入とクラウドネイティブのアプリケーション導入の権利を提供する、強力なモダナイゼーション・ソリューションです。お客様のペースでモダナイゼーション・ジャーニーを進める中でこれらを自由に組み合わせられる柔軟性をもたらします。

IBM Websphere Application Family Editionとは何ですか?

IBM WebSphere Application Server Family Editionは、WebSphere Application Serverの3つの製品エディションをバンドルしたものです。 柔軟でセキュリティーが充実したJava EE 8ランタイム環境に対応した、柔軟なライセンス、複数の構成オプション、多様なビジネス・モデルや導入プラットフォーム のサポートを提供します。

IBM WebSphere Application Family Server Editionの実装の構成は?

IBM WebSphere Application Server Family Editionは、お客様のビジネス・ニーズに合わせてWebSphere Application Server製品のエディションをバンドルして導入できる柔軟なライセンスを提供します。 お客様の要件の変化に応じて、エディションの組み合わせの変更が可能です。

IBM WebSphere Libertyの新しい機能は何ですか?

統合されたツール、オープン・スタンダードへの準拠、幅広いプログラミング・モデルのサポートにより、生産性が向上します。 コンピューティング・リソースを効率的に使用することで、コストを削減できます。 カスタム機能とサード・パーティー・コンポーネントが、WebSphere Application Serverの上位エディションへのアプリケーションの移行をサポートします。

IBM WebSphere Libertyのダウンロード方法について教えてください。

ダウンロードは簡単に行うことができ、インストールと導入には数分しかかかりません。 WebSphere Libertyは、オープン・プラットフォームと完全に統合されており、Webアプリケーション、モバイル・アプリケーション、OSGI(Open Service Gateway Initiative)アプリケーション用のJava EE Web Profileをサポートしています。 WebSphere Libertyはまた、マイクロサービスのための理想的なランタイムを提供します。

エキスパートに相談する

モダナイゼーション戦略に関する洞察とアドバイスをご希望の場合は、IBMのエキスパートによる30分間の無料相談をご予約ください。