Watson Knowledge Catalogとは

IBM Watson® Knowledge Catalogはデータやモデルなどをセルフサービスでインテリジェントに検出して、人工知能、機械学習、ディープ・ラーニングのためにデータやモデルを活用します。データ、ナレッジ資産、それらの関係性がどこにある場合でも、アクセス、収集、分類、共有できます。

IBM Watson Knowledge Catalogが、「Forrester Wave™:機械学習のデータ・カタログ」でリーダーに選定された理由をご覧ください。

Introducing Watson Knowledge Catalog Standard Plan

主な機能

AIのためにデータを活用

構造化データ、非構造化データ、機械学習モデル、ノートブックなどの分析資産を収集し、加工できます。

インテリジェントなアドバイス

Watsonと社内ユーザーが提供するインテリジェントなアドバイスを通じ、より迅速により関連性の高い情報資産を検出できます。

信頼できるデータとAI

機密性の高いデータ要素の動的なマスキングを自動化することで、データの不正使用を防止し、以前はAIアプリケーションの開発に使用できなかったデータ資産を確実に共有できます。

データの把握

構造化データと非構造化データのプロファイルを自動的に把握して分類するため、ユーザーはデータの内容を把握できます。

データ・サイエンスとAIの統合ツール

Watson Studioとのシームレスな統合により、データ・サイエンティストとナレッジ・ワーカーは本番環境で一連の強力なデータ・サイエンス・ツール、AIツール、MLツール、DLツールでデータを迅速に活用し、モデルの開発、トレーニング、導入を行うことができます。

Data Refinery

インタラクティブなデータの検出、クレンジング、変換を行います。データ・プロファイルの可視化機能、標準のグラフ、統計機能によりデータ品質とデータ分散を把握できます。

製品のスクリーン・ショット

利用を開始する

Watson Knowledge Catalogは一般向けに提供されています。