IBM UrbanCodeでより優れたソフトウェアをより迅速に提供

新しいデジタル製品とサービスを迅速に市場に投入することは、競争力を維持する上で重要です。アジャイル開発チームは、IBM UrbanCodeのようなビルド管理、導入自動化、リリース管理のソリューションを使用して、ソフトウェア・デリバリーを加速し、最適化します。

UrbanCodeは、オンプレミス・アプリケーション、クラウド・アプリケーション、メインフレーム・アプリケーションのいずれの組み合わせでも、手動でエラーの起こりやすいプロセスを排除することで、継続的デリバリーを可能にします。

UrbanCodeを使用して、品質を犠牲にすることなく複雑なリリースの管理を維持し、ソフトウェアのリリースを迅速化しましょう。

付せんを使用して開発プロセスをストーリーボードにしているアジャイル開発チーム

使用事例

ソニーライフ・エイゴン生命保険社

これまで1時間かかっていたデプロイ作業が10分で完了し、リリース担当者の負担が大きく軽減されました。

事例を読む

ソニーライフ・エイゴン生命保険社

サントリーシステムテクノロジー社

M&Aや法制度改正等の複数同時変化要求に耐えうるソフトウェア保守プロセスを実現されました。

事例を読む

サントリーシステムテクノロジー社

お客様の声

UrbanCodeを使用してできること

アプリケーションを最新のアーキテクチャーに移行

UrbanCode は、モノリシック・アプリケーション、マイクロサービス・ベース・アプリケーション、または両方の混合を、クラウド、オンプレミス、データ・センター内、またはメインフレーム上で、ビルド、デプロイメント、リリースするのを自動化できます。

青い3-Dの背景上にある複数の半透明の球体

Kubernetesを使用してDockerのワークロードを複数のクラウドにデリバリー

UrbanCodeは単一の制御ポイントを提供するため、複数のクラウドにまたがる開発、テスト、実動にわたるDockerワークロードのデリバリーを管理できます。これには、Amazon Web Services(AWS)などの従来のクラウド・プロバイダー、IBM Cloud Privateや仮想マシンなどのコンテナが含まれます。

青い背景上にあるIBM Cloudの形の回路ボード
アプリケーション・リリース・アンド・デプロイメント(For Dummies)のebookの表紙

Ebook: アプリケーション・リリース・アンド・デプロイメント(For Dummies)

デプロイメントの自動化を使用して、市場に出すまでの時間を短縮したいですか?このebookをダウンロード (英語, 要登録)して、評価ガイドおよびベスト・プラクティスにアクセスし、自動化されたアプリケーションのリリースとデプロイメントの背後にあるビジネスと技術的な推進要因を探索してください。

UrbanCodeがお客様に役立つこと

エラーを起こしやすい手動プロセスを自動化

信頼性を持って一貫したソフトウェア・リリースを行います。

制御を簡素化して加速

ガバナンス、セキュリティー、監査の煩わしさを最小限にします。

企業全体へのツールの拡大

パイプライン管理、可視性、自動化を広範囲で行います。

主な機能

パイプライン

異機種混合のリリース・ツールチェーンを(さまざまな継続的統合および継続的デリバリー・ツールにわたっている場合でも)一貫性のあるリリース・パイプラインに変換します。すべてがどこにあるのかを確認して、デリバリーを調整します。

モデル駆動型

複雑なリリースをモデル化し、コンポーネントを識別してモニターすることで、それらを一緒にデプロイして追跡できるようにします。

何百もの統合

テストされた統合を使用してカスタム・スクリプトの必要性を排除して、デプロイメント・プロセスを設計しやすく、よりセキュアにします。

UrbanCode Deployをすぐに始める

Javaマイクロサービス・アプリケーションのStockTraderをIBM Cloud Privateクラスターにデプロイして、UrbanCodeの継続的デリバリー・ツールを実践的に体験しましょう。