Tekton Pipelineを構築して、OpenShift 4にモバイル・アプリケーションのバックエンドを導入する

このチュートリアルでは、Tektonのいくつかの機能を明らかにするために、サンプルの顧客特典アプリケーションであるLoyaltyのインスタンスを導入します。モバイル・ロイヤルティー・アプリケーションのバックエンドとして一連のマイクロサービスの手動導入をTekton Pipelineに変換する方法を説明します。

チュートリアルを実施する(英語)

OpenShift 4へのモバイル・アプリケーションのバックエンドの導入を示すフローチャート

OpenShiftオペレーターと連携してOpenShift on IBM Cloudにデータベースを導入

このチュートリアルでは、PostgreSQLデータベースのインスタンスを作成できるように、既存のOpenShiftプロジェクトにコミュニティー・オペレーターを導入するプロセスについて説明します。

チュートリアルを実施する(英語)

OpenShift on IBM Cloudでのデータベースの導入を示すフローチャート

OpenShift on IBM Cloudクラスターの作成

このOpenShiftチュートリアルでは、標準クラスターを作成し、OpenShiftコンソールを開き、組込OpenShiftコンポーネントにアクセスする方法について説明します。OpenShiftプロジェクトでIBM Cloudサービスを使用するアプリケーションを導入し、OpenShiftルートでそのアプリケーションを公開し、外部ユーザーがサービスにアクセスできるようにします。

チュートリアルを実施する(英語)

Red Hat OpenShift on IBM Cloudクラスターの作成方法を示すフローチャート

OpenShiftで拡張性の高いWebアプリケーションをスキャフォールドおよび導入

このOpenShiftチュートリアルでは、Webアプリケーションをスキャフォールドし、そのアプリケーションをコンテナ内でローカルに実行し、スキャフォールドされたコードをプライベートGitリポジトリーにプッシュし、OpenShift on IBM Cloudクラスター上に導入する方法を学びます。OpenShiftルートでアプリケーションを公開し、カスタム・ドメインをバインドし、環境の正常性を監視し、アプリケーションをスケーリングします。

チュートリアルを実施する(英語)

OpenShiftでの拡張性の高いWebアプリケーションの導入を示すフローチャート

Webドメインのセキュリティー証明書の自動更新

このOpenShiftチュートリアルでは、OpenShiftエンタープライズKubernetes環境またはサーバーレス・アプローチを使用して、Secure Sockets Layer(SSL)証明書またはTransport Layer Security(TLS)証明書の更新を自動化する方法を示します。

チュートリアルを実施する(英語)

OpenShiftを使用してSecure Sockets Layer証明書またはTransport Layer Security証明書の更新を自動化する方法を示すフローチャート

コード・パターンを活用することで、よりターゲットを絞ったOpenShiftチュートリアル体験がもたらされます。これらは、定期的に発生する特定のソフトウェア設計の問題に対処するテスト済のプロトタイプです。コード・パターンを使用すると、開発のスピードと一貫性を向上させることができます。

Red Hat Universal Base Imageを使用してサンプルの通貨為替アプリケーションをOpenShiftに導入する

PythonアプリケーションをOpenShift on IBM Cloudに導入し、セキュリティー、即応性、レジリエンシーを向上させるためのサンプル・コードです。

PHP、Source-to-Image、OpenShiftを使用してアプリケーションをモダナイズする

このコード・パターンは、OpenShift Source-to-Imageツールキットを使用して、Kubernetesベースのマイクロサービスにより従来のアプリケーションをモダナイズする方法を示すように設計されたPHP Webアプリケーションです。

モバイル・ロイヤルティー・アプリケーションのバックエンドによりデータ・プライバシーに重点を置く

OpenShift on IBM Cloudにマイクロサービス・ベースのバックエンドを構築して導入します。

OpenShiftを使用してJava EEアプリケーションをモダナイズする

このコード・パターンは、Open Libertyで実行されているJava Enterprise Edition(Java EE)アプリケーションをKubernetesベースのマイクロサービスに変換することによりモダナイズする方法を示します。MySQLデータベースに接続されている、エンタープライズKubernetes環境に導入されたシステム用のRESTfulアプリケーションのコンテナ・イメージを作成する方法をご覧ください。

Source-to-ImageとOpenShiftを使用してアプリケーションをモダナイズする

このNode.js Webアプリケーションは、OpenShift Source-to-Imageツールキットを使用して、Kubernetesベースのマイクロサービスにより従来のアプリケーションをモダナイズする方法を示すように設計されています。このコード・パターンでは、カスタム・チャートと即応性の高い設計を実現するオープン・スタンダードのフロントエンド・テクノロジーについても詳しく探っていきます。

IBMのOpenShiftサービスの利用を開始する

Kubernetesクラスターでエンタープライズ・ワークロードを迅速かつ安全にコンテナ化して導入する方法を体験してください。