概要

データを削除や変更から保護

IBM Cloud®の変更不可能オブジェクト・ストレージは、クライアントが、消去不能かつ再書き込み不能なWORM(Write-Once-Read-Many)形式でレコードを保存して、データの整合性を維持できるようにします。これにより、保存期間の終了と訴訟ホールドの解除までの、データの削除または改変を防ぎます。

ユースケース

保存ポリシーの作成と適用

1. ストレージ・バケットの作成

IBM Cloud Object Storageを使用して、非構造化データ用のストレージ・バケットを作成します。

2. 保存ポリシーの設定

特定の保存ポリシーを指定するか、継承された保存ポリシーを使用して、オブジェクトをバケットに書き込みます。

3. 訴訟ホールドの適用

個々のオブジェクトが削除されたり上書きされたりしないよう保護します。

オブジェクト・レベルの保存の使用

1. ストレージ・バケットの作成

IBM Cloud Object Storageを使用して、非構造化データ用のストレージ・バケットを作成します。

2. 保存ポリシーの設定

特定の保存ポリシーを指定するか、継承された保存ポリシーを使用して、オブジェクトをバケットに書き込みます。

3. 訴訟ホールドの適用

個々のオブジェクトが削除されたり上書きされたりしないよう保護します。

機能

変更不可能データの特徴

制御

バケットに保存ポリシーを設定し、保存期間を指定できます。

サポート

可変ユーザー定義保存期間をサポートします。

オプション

保存ポリシーを使用してバケットに書き込まれたオブジェクトでは、デフォルトの保存期間を継承するか、ユーザー定義の保存期間を設定できます。

保護

保存ポリシーを備えたバケット内の個々のオブジェクトに訴訟ホールドを適用して、オブジェクトが削除されたり、上書きされたりしないようにできます。

設定

バケット・レベルおよびオブジェクト・レベルで保存期間を設定および表示するためのAPI拡張機能を使用できます。

UI

拡張UIを使用して、保存期間を効率的に設定および管理できます。