概要

データを削除や変更から保護

IBM Cloud®の変更不可能なオブジェクト・ストレージは、消去不能かつ再書き込み不能なWrite-Once-Read-Many(WORM)形式で記録を保存して、データの整合性を維持し、保存期間が終了して法的拘束力がなくなるまで、削除や改変からデータを保護します。

活用事例

保存ポリシーの作成と適用

1. ストレージ・バケットの作成

IBM Cloud Object Storageを使用して、非構造化データ用のストレージ・バケットを作成します。

2. 保存ポリシーの設定

特定の、または継承された保存ポリシーを持つバケットにオブジェクトを書き込みます。

3. リーガル・ホールドの適用

個々のオブジェクトの削除や上書きを防ぎます。

オブジェクト・レベルの保存の使用

1. ストレージ・バケットの作成

IBM Cloud Object Storageを使用して、非構造化データ用のストレージ・バケットを作成します。

2. 保存ポリシーの設定

特定の、または継承された保存ポリシーを持つバケットにオブジェクトを書き込みます。

3. リーガル・ホールドの適用

個々のオブジェクトの削除や上書きを防ぎます。

機能

変更不可能なデータの特長

制御

バケットに保存ポリシーを設定し、保存期間を指定します。

サポート

ユーザー定義の保存期間の変更をサポートします。

オプション

保持ポリシーを持つバケットに書き込まれたオブジェクトは、デフォルトの保存期間を継承するか、ユーザー定義の保存期間を指定できます。

保護

バケット内の個々のオブジェクトにリーガル・ホールドを設定し、オブジェクトの削除や上書きを防止します。

設定

バケットやオブジェクト・レベルでの保存期間の設定や閲覧が可能なAPI拡張機能を利用できます。

UI

拡張したUIにより、保存期間を効率的に設定および管理します。