IBMクラウドへの移行

IBM Cloudは、最もオープンかつ安全な企業向けパブリッククラウド、次世代ハイブリッド・マルチクラウド・プラットフォーム、データおよびAIの先進機能、20の業界にわたる深い企業向け専門知識を提供します。

安全なIBM Cloudを介してサーバーとデータ・ストリームに接続しているタッチ・スクリーンの棒グラフをさわっている3人

移行する理由

移行を開始する

お客様のビジネス・ニーズを把握し、IBM Cloud®への移行を成功させるサポートを行います。 安全で、AIに対応したIBM Cloudへの移行を加速することで、お客様が素早く規模を拡大し、市場に出すまでの時間を短縮できるように支援します。 あらゆるタイプのワークロードを、あらゆる環境からIBM Cloudへ移行できます。 IBMは、パートナー企業と連携して、シームレスな移行への道のりを実現するためのセルフサービス・ツールのホストを提供します。


マイグレーション・ソリューション

これらのIBMのソリューションとツールは、シームレスなエクスペリエンスを通して、クラウドへ迅速に、安全に、シームレスに移行する支援を行います。 IBM Cloud® ClassicからClassicへ

ベアメタル・サーバーをIBM Cloud®とデータセンター間で移行します。

詳細はこちら 使ってみる
IBM Cloud® ClassicからIBM Cloudへ

ワークロードをIBM Cloud® Classic からIBM Cloudに移行します。

詳細はこちら 使ってみる
仮想化ワークロードをIBM Cloudへ

VMware、Hyper-V、物理ワークロードをオンプレミスからIBM Cloud VPCに移行します。

詳細はこちら 使ってみる
自社で行う自動化

IBM Cloudにワークロードとデータを移行するために自社で自動化スクリプトを行います。

詳細はこちら 使ってみる

マイグレーション・アプローチ

リフト・アンド・シフト アプリケーションを移行するための比較的高速で安価な方法です。 これにより、クラウドネイティブの主要機能の一部を使用するためにリファクタリング、またはモダナイズに着手する前に、最小限の変更で、お客様がワークロードと関連データをクラウドに移行できるようになります。 IBM Cloud上で選択可能なツールを通して、「リフト・アンド・シフト」戦略により、労働力があまりかからない、より迅速な検証が可能になります。

Modernize アプリケーション・モダナイゼーションは、既存のレガシー・アプリケーションを採用し、プラットフォーム・インフラストラクチャーと内部アーキテクチャーおよび/またはフィーチャーをモダナイゼーションするプロセスで、よって、クラウド・アーキテクチャーの全メリットを活用します。 たとえば、ニーズを満たすコンテナまたはサーバーレス・コンピューティングについて考えてみてください。 複数のアプリケーションは、必要なモダナイゼーションの程度が異なる可能性があります。


マイグレーション・プロセス

マイグレーション・プロセスは、単一の仮想サーバー・インスタンスを移行のと同じくらいにシンプルであり、また、土台となるコンポーネントを全て使用してデータセンターを移行するのと同じくらいに複雑でもあります。 以下のフレーム・ワークは、お客様のマイグレーション・ジャーニー計画を支援するガイドとして機能します。 評価

現在の環境と、目標とする環境をを評価し、移行の複雑性を把握することで、移行戦略を策定できます。

プラン

現在のビジネス環境が中断することを避けるために、移行の計画立案に時間をかけます。 移行に必要な時間と、移行を段階的に実行する必要があるかどうかを把握します。

移行

いくつかのツールとソリューションを使用して、簡単かつ信頼性の高い方法でリソースとコンポーネントを移行します。

承認

環境を検証し、テストして、実働可能状態であることを確認します。 これには、DNS、グローバル・ロード・バランス、およびルートの更新、または古いサービスの廃止が必要になる場合もあります。

移行方法についての詳細はこちら

参考情報

次のステップ

お客様の特定の移行ニーズをサポートするIBM Cloudエキスパートにご相談ください。