IBM Cloud Functionsの特長

APIゲートウェイによって公開されるアクション

APIゲートウェイによって、アクションをRESTfulエンドポイントとして簡単に公開できます。特定のエンドポイントにアクションを割り当てることができます。異なるアクションに割り当てられた同じエンドポイントから、動詞(get、put、post、delete)を使用することもできます。

共通タスクのパッケージ

パッケージは、共通の一連のタスクを完了するために必要なアクションとイベント・フィード・トリガーを組み合わせたものです。例えば、IBM Cloudant®パッケージには、読み取りと書き込みの2つのアクションと変更と呼ばれる1つのトリガー・フィードが用意されています。変更フィードを使用すると、特定のCloudantデータベースにドキュメントが追加されるときにトリガーが起動されます。IBM Cloud Functionsとともに自動的に使用可能になるその他のパッケージには、プッシュ通知(モバイル・アプリケーション用)、メッセージ・ハブ、IBM Watson®、The Weather Company®、Slack、GitHubが含まれています。

今すぐIBM Cloud Functionsの使用を開始