IBM Cloud Functionsの概要

IBM Cloud Functionsは、Apache OpenWhiskに基づく多言語対応のFunctions-as-a-Service(FaaS)プログラミング・プラットフォームであり、オンデマンドでスケーラブルに実行される軽量のコード開発を目的としています。

Apache OpenWhiskを使用するIBM Cloud Functionsの紹介

IBM Cloud Functionsの特長

オープン・エンドのエコシステムの探索

IBM Cloud FunctionsはApache OpenWhiskのエコシステムへのアクセスを提供します。このエコシステムでは、誰でもアクション・コードをビルディング・ブロックとして、拡張リポジトリーに提供できます。

開発のスピードとシンプル化

IBM Cloud Functionsは、アプリケーション開発を高速化します。開発者は、幅広いイベントに反応して実行されるアクション・シーケンスを使用して、アプリケーションを短時間で作成できるようになります。

コグニティブ・サービスの利点を活用

IBM Cloud Functionsは、イベント・トリガー・アクションのワークフロー内でIBM Watson APIに簡単にアクセスできるようにすることで、ワークフローに固有のアプリケーション・データをコグニティブ分析します。

実際に使用した分のみの支払

使用料の計算はとてもシンプルです。事前に割り振られた容量ではなく、実際に使用した容量に対して支払います。例外的に費用が増えるのは、集中型ソリューションを構成する場合、またはより大きな負荷をサポートするよう既存のソリューションを拡張する場合のみです。

お客様による導入事例

サーバーレスWebアプリケーションとAPI

このチュートリアルでは、GitHubページで静的Webサイト・コンテンツをホスティングし、IBM Cloud Functionsを使用してアプリケーション・バックエンドを実装することで、サーバーレスWebアプリケーションを作成します。

チュートリアルに進む

サーバーレスWebアプリケーションとAPIの図, IBM Cloud Functions使用例

サーバーレス・バックエンドを備えたモバイル・アプリケーション

このチュートリアルでは、モバイル・アプリケーションのためのサーバーレス・バックエンドを構築するために、IBM Cloud Functionsやコグニティブ・サービス、データ・サービスを使用する方法について説明します。

サーバーレスのチュートリアルに進む

サーバーレス・バックエンドを持つモバイル・アプリケーションを示す図, IBM Cloud Functions使用例

ビデオを検索可能にする

IBM Cloud FunctionsをIBM CloudantおよびWatson Visual Recognitionと組み合わせて使用することで、ビデオ・コンテンツを検索するための効率的なサーバーレス・アーキテクチャーを作成できます。

ビデオ・コンテンツを検索するためのアーキテクチャー, IBM Cloud Functions使用例

お客様事例

テクノロジーの詳細を見る

写真が飛び出してくるタブレットの画面

サーバーレス

サーバーレス・プログラミング・モデルが、クラウドでアプリケーションを構築して運用するための、よりシンプルでコスト効率の良い方法をどのように提供するかをご覧ください。

Function-as-a-Serviceロゴ

Function-as-a-Service(FaaS)

FaaSの概要と、クラウド・アプリケーションの開発者がマイクロサービス・アプリケーションの実行および管理を簡単に行う方法を説明します。

曇りの空に差す明るい光の点

IBM Cloudでのコンピューティング・サービス

セキュアなコンピューティングの選択肢が最も幅広いポートフォリオです。ベアメタル、仮想プライベートクラウド、仮想サーバー、コンテナ、およびサーバーレス・リソースがあります。

今すぐIBM Cloud Functionsの使用を開始