IBM Cloud Functionsの概要

IBM Cloud Functionsは、多言語対応のFunctions-as-a-Service(FaaS)プログラミング・プラットフォームであり、オンデマンドでスケーラブルに実行される軽量のコード開発を目的としています。

Apache OpenWhiskを使用するIBM Cloud Functionsの紹介

IBM Cloud Functionsの特長

オープン・エンドのエコシステムの探索

IBM Cloud FunctionsはApache OpenWhiskのエコシステムへのアクセスを提供します。このエコシステムでは、誰でもアクション・コードをビルディング・ブロックとして、拡張リポジトリーに提供できます。

開発のスピードとシンプル化

IBM Cloud Functionsは、アプリケーション開発を高速化します。開発者は、幅広いイベントに反応して実行されるアクション・シーケンスを使用して、アプリケーションを短時間で作成できるようになります。

コグニティブ・サービスの利点を活用

IBM Cloud Functionsは、イベント・トリガー・アクションのワークフロー内でIBM Watson® APIに簡単にアクセスできるようにすることで、ワークフローに固有のアプリケーション・データをコグニティブ分析します。

実際に使用した分のみの支払

使用料の計算はとてもシンプルです。事前に割り振られた容量ではなく、実際に使用した容量に対して支払います。例外的に費用が増えるのは、集中型ソリューションを構成する場合、またはより大きな負荷をサポートするよう既存のソリューションを拡張する場合のみです。

お客様による活用法

サーバーレスWebアプリケーションとAPI

このチュートリアルでは、GitHubページで静的Webサイト・コンテンツをホスティングし、IBM Cloud Functionsを使用してアプリケーション・バックエンドを実装することで、サーバーレスWebアプリケーションを作成します。

チュートリアルに進む (英語)

サーバーレスWebアプリケーションとAPIの図

サーバーレス・バックエンドを持つモバイル・アプリケーション

セキュリティー・リスクや保護オプションについて明確に理解していないと、アプリケーション・アーキテクチャーは完全なものになりません。このチュートリアルでは、IBM Cloudカタログで使用できる主要なセキュリティー・サービスと、それらを一緒に使用する方法について説明します。

チュートリアルに進む (英語)

サーバーレス・バックエンドを持つモバイル・アプリケーションを示す図

ビデオを検索可能にする

IBM Cloud FunctionsをIBM Cloudant®およびWatson Visual Recognitionと組み合わせて使用することで、ビデオ・コンテンツを検索するための効率的なサーバーレス・アーキテクチャーを作成できます。

ビデオを検索可能にする

お客様事例 (英語)

今すぐIBM Cloud Functionsの利用を開始