業務の災害復旧計画を万全にする

災害復旧は従来から、明確な投資収益率(ROI)のないテクノロジーの安全防護策と見なされてきました。しかし現在はクラウド コンピューティングの利点を活用した、災害復旧(DR)ソリューションの採用が進んでいます。

最近の災害は自然に発生する事象(台風、地震、洪水など)から人為的な脅威(社員のサボタージュ、ハッキング、データ盗難など)まで、多岐にわたります。

ダウンタイムのコストは軽視できません。災害による影響はすべて回避すべきリスクであり、適切な監視と正しい技術的手段によって軽減できます。

Zerto Disaster Recovery on IBM Cloud

Zerto Virtual ReplicationはIBM Cloudにデプロイされ、Cloud Foundation™とvCenter Serverを含むIBM Cloud for VMware Solutionsと統合されたもので、VMware vSphere®環境にシームレスにインストールされデプロイされデプロイも自動化されています。仮想ワークロードはIBM Cloudのプライベート ネットワークにより、すべてのデータセンター間で、距離に関係なく保護されています。

Zerto Virtual Replicationは、RPOを秒単位で、RTOを分単位で設定可能にしてデータ損失を最小限に抑えながら、クラウド アプリケーションを復旧します。Zerto Virtual Protection Group (VPG)は複製の単位で、マルチVMアプリケーションを構成する仮想マシンのグループです。

仮想マシンごとの開始価格45ドル

特長と利点

Icon representing efficiency of cloud for disaster recovery

効率的

事業継続性/災害復旧の監督や管理に必要なスタッフが少なくて済みます。

Icon representing cost effectiveness of cloud solutions for disaster recovery

費用対効果

災害事象から迅速に復旧することで、財政的な損失を最小化します。

Icon representing global availability of data centers for disaster recovery

グローバルで利用可能

世界中のIBMデータセンターのどこでもプロビジョンされ、地域に特有のビジネス要件にも対応します。

災害復旧シナリオ

IBM Cloud の災害復旧ソリューションは、パブリック、プライベート、およびハイブリッドの各クラウドにエンタープライズ・レベルの災害復旧と事業継続性を提供します。

災害復旧に向けてデータをオンプレミスからクラウドに移行するZertoを示した画像

オンプレミスからIBM Cloudへ

災害復旧に向けて1つのIBM Cloudデータ・センターから別のIBM Cloudデータ・センターにデータを移行する画像

IBM CloudからIBM Cloudへ

IBM Cloudへのデータの移行を表す画像

IBM Cloudへの移行

別のクラウド・プロバイダーからIBM Cloudへのデータ移行を表す画像

クラウド・プロバイダーからIBM Cloudへ

関連情報

クラウドによる災害復旧のサポート

先進的な企業はZerto Virtual Replicationを使用してクラウド上でコア・ビジネスを保護しています。その方法をご覧ください。

今すぐIBM Cloudライトアカウントに登録

クレジットカード不要で、期間無制限でWatson含めた多数のAPIとサービスが無料で使える新しいアカウントです。
評価利用だけでなく、本番環境でもご利用いただけます。Webアプリやモバイル・アプリの構築を開始してみましょう。