概要

コンテンツ・サービスとは

コンテンツ・サービスは、エンタープライズ・コンテンツの収集、ガバナンス、管理、拡張を実施することにより、あらゆるクラウドとアプリケーション内で、コンテンツの効率的な導入を実現します。

活用事例

Technology Showcase オンライン・デモ相談会

ご利用上のメリット

コンテンツ・サービス機能

コンテンツのシームレスな管理とコラボレーションに必要なすべてがここに

拡張性

基幹業務ワークロードで、数十億件の文書への拡張を行い、拡張性のテスト・シナリオを使用して機能性を確認します。

クラウドネイティブ・デプロイメント

最適化されたクラウドネイティブな管理とデプロイメントにより、コンテンツ・アプリケーションをあらゆるクラウド上に迅速にデプロイできます。

ノーコード・セットアップ

アプリケーション構築に対する視覚的なクリックスルーのアプローチで、文書処理フローを作成します。

セキュリティーの充実した共有作業

セキュリティー・ポリシーを守りながら、文書、フォルダー、チーム・スペースを外部の関係者に送信し、コラボレーションします。

役割ベースの編集

要求者の役割に基づいて文書が自動的に編集されるため、コンプライアンスを確保しながらセキュリティーを簡素化します。

ローコードの開発者ツール

ローコード・ツールとGraphQL APIを使用することで、プログラマーでなくても、コンテンツ・サービスを組み込むアプリケーションを素早く試作・構築することができます。

AIを活用した洞察

AIを活用して重要なデータを正確に分類・抽出して、そのデータから洞察を獲得することで、高品質のデータを下流のアプリケーションに送信します。

クロスリポジトリー統合

複数のリポジトリーを単一の統合リポジトリーとして提供する統合サービスを使用して、コンテンツがどこにあっても管理・検索できるようにします。

構成可能なユーザー・エクスペリエンス

高度にカスタマイズ可能なUIは、さまざまな部門の個別ニーズに対応しており、デスクトップ・カスタマイズも利用できます。

きめ細かいセキュリティー

オブジェクトとフォルダーのレベル、関係性、コンテンツ属性に基づくセキュリティーにより、適切なアクセスが確保されます。

全ライフサイクルでのガバナンス

アーカイブから保存、処理にいたるまで、ガバナンス・ポリシーを自動的または手動で適用すること、およびポリシーをイベント・ドリブンに設定することができます。

コンテンツをアクティブ化するツール

APIには、WebServices、Java、.NET、JavaScript、CMISが含まれます。また、イベント通知を使用して、コンテンツを人気アプリケーションと連携させます。

拡張性テストのシナリオ

機能テストと拡張性テストのシナリオ・セットにより、ミッション・クリティカルなワークロードでの膨大な数の文書に拡張可能です。

完全な管理

文書タイプとメタデータを定義し、監査およびレポート作成を構成することで、コンテンツのライフサイクル全体を管理します。

柔軟なストレージ

コンテンツ管理を中断することなく、ストレージ・デバイス間でコンテンツを移動し、あらゆるクラウド上でコンテンツ・サービスをシームレスに実行します。

モバイル互換性

デスクトップとブラウザー用のアプリケーションに加えて、モバイル上でもコンテンツを簡単にブラウズ、検索、視聴、コラボレーションすることができます。

柔軟なアーカイブ

SAP、Microsoft SharePoint、Microsoft Exchange、Lotus Notes、およびファイル・システムからコンテンツをアーカイブして、長期的な管理を実現します。

エンタープライズ動画ストリーミング

動画コンテンツのライフサイクルを他の資産とともに管理します。IBM Enterprise Video Streamingを使用してオンデマンド再生を実行します。

人気アプリケーションとの統合

お客様の声

顧客からの全幅の信頼

TD Ameritrade社のロゴ
CDG Prevoyance社のロゴ
テネシー州のロゴ
Sol Caribbean社のロゴ
Allianz社のロゴ
BBVA社のロゴ
Molina Healthcare社のロゴ
Ferservizi社のロゴ
Banco Galicia社ロゴ
Union Bankのロゴ