Webセミナー

Aspera on cloudの最新情報をデモを交えながら解りやすく体感!自席からいつでも視聴可能です。

製品の特長

直感的なファイル共有

アップロード、ダウンロードなどのシンプルなインターフェースで、オンプレミス環境やマルチクラウド環境に、ファイルを転送します。

IBM Aspera on Cloudのファイル共有と配信の機能を示す画面キャプチャー

ワークフローの自動化

多数の共通転送ジョブのファイル移動ワークフローを自動化します。カスタム自動化ワークフローでは、多数のIBM Aspera® on Cloudの転送エンドポイント(共有フォルダー、転送ノード、共有受信トレイ、パッケージ配信など)の間でファイルを転送できます。ワークフローは、API呼び出し、オペレーターによる手動操作、ファイル到着イベント、共有受信トレイのファイルの送信など、さまざまな方法によってトリガーされます。この新機能により、Aspera OrchestratorとAspera on Cloudのワークフローを統合できます。

Aspera on Cloudを使用してファイルを変換し、クラウドにアップロードする方法を示す画面キャプチャー

集中管理

クラウドとオンプレミスのストレージに接続し、単一インターフェースを使用して、リモート側で転送ノードを管理します。

ハイブリッド環境を一元管理するための、IBM Aspera on Cloudの機能を示す画面キャプチャー

リアルタイムの可視性

あらゆるコミュニケーションやWeb資産にブランドを組み込むと同時に、転送アクティビティーをリアルタイムでモニターします。

ハイブリッド環境を一元管理するための、IBM Aspera on Cloudの機能を示す画面キャプチャー

FASP®テクノロジー

サイズ、距離、または ネットワークの状態に関係なく、データをFTPやHTTPよりも数百倍速く移動します。

Asperaテクノロジーの詳細はこちら

転送プラットフォームのスケーラビリティーを示すAspera直接からクラウドへのテクノロジーのスクリーン・キャプチャー

使ってみる

パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドのデータを高速に転送、交換、配信します。